ノート:高齢者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

「しかし、近年、身体、精神を飛躍的に改良する、薬物や、遺伝子工学が社会主義圏及びアメリカで多用され、若い科学者がすぐに過去知を記憶できたり、老人が若い科学者の論文を理解出来なくなった結果、老人はその一族の学会内部の権益を代表して学会内部政治活動は行っていても、直接的に学問に干渉することはなくなった。」 なんですかこれは?どこのSFのはなしでしょうか?--71.234.165.68 2008年4月26日 (土) 03:34 (UTC)

高齢者#科学と老人辺りなんかグジュグジュ風味ですね。元々、過去の版で記述の移動を大胆に行った利用者のせいで説明の内容が分断されている(結果として参加意欲を失った)んですが、学会がどうのとかの辺りからして文章が異様です。医学や医療技術の向上が延命・寿命の延長に繋がっているとか、神経生理学分野の研究が進んで脳代謝賦活剤なんかにより加齢に伴う認知症治療で投薬治療の手法が確立されているなどの事情はあるが、遺伝子工学がどーのとかっていうのは脳内ソースの疑いが濃さげで…一か月ほどTemplate:要出典範囲で出典を呼び掛けて、変化がなければコメントアウトないし除去したほうがいいかも。--夜飛/ 2008年4月26日 (土) 11:25 (UTC)