ノート:阿寒バス

    高速バス統合について[編集]

    WP:BUS#路線(系統)または停留所の記事を作成できる条件によると、バス路線記事の単独化の要件が定められています。プロジェクト記載事項に強制力こそありませんが、本項目はプロジェクトの現状単独化の要件を満たしていないと考えられます。路線(系統)または停留所の記事を作成できる条件に定められるとおり、阿寒バスへ統合したいと考えます。統合すると不都合な点やその他ご意見がありましたらお願いいたします。明確な異論がない場合、一定期間をもって統合作業に入ります。--220.220.152.14 2008年11月10日 (月) 13:57 (UTC)返信[返信]

    画像の活用依頼[編集]

    Akan bus Hokkaido,JAPAN.jpg

    首記、当社の過去の状況を説明を補足し、理解に資するため有用かと思いアップロードしましたが、バスの型式など詳細が解りません。もしご存じの方がおられれば、適切な形で本文にて利用していただけましたら幸いです。(本文に反映のさいは、当ノートの画像リンクは(リソースの無駄なので)除去してください。なお、本文中に必要ではない画像であれば、その旨をご指摘いただければ削除します。)--しいたけ 2010年1月25日 (月) 19:16 (UTC)返信[返信]

    おお、これは…。えらく懐かしい画像ですね。確か、形式はK-RC321Pだったような気がします。貸切路線併用車で、主にパノラマコース(美幌 - 美幌峠 - 和琴半島 - 砂湯 - 川湯温泉 - 摩周湖 - 弟子屈温泉 - 阿寒湖畔間の定期観光バス)に運用されていた記憶があります。弟子屈営業所にも居た事がありますよ。何とか生かす手段を考えたいと思っています。貴重な画像ありがとうございます。--Chatama 2010年1月26日 (火) 10:30 (UTC)返信[返信]
    早速生かしてみました。本当にありがとうございます。--Chatama 2010年1月26日 (火) 10:45 (UTC)返信[返信]
    • (コメント)こちらこそ、素早い対応ありがとうございました! 旅行記録を確認したところ、パノラマコース(美幌から阿寒湖畔までの全線)に乗車した記録がありましたので、その時に撮影したものだと思います。引き続き、もし詳細がわかる方がおられましたら画像ファイルのほうにも加筆をよろしくお願いします。--しいたけ 2010年1月26日 (火) 14:37 (UTC)返信[返信]