ノート:舟を編む

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

映画のあらすじが長すぎる[編集]

もう少し要点を絞って、簡潔に書くようにお願いします。おそらく半分くらいのボリュームにできるかと思います。--202.165.119.163 2016年10月15日 (土) 13:04 (UTC)

Wikipediaの日本語版の世界では、百科事典とか辞書というものに基本的な原理に欠けています。ですから「要点を絞る」という百科事典とか辞書の基本原理には、元来反する事情が実質上原理として機能していると感じます。そもそも、項目を編集する(編む)統括者が不在なのですから。
項目ごとの編集が不可能なのですから、全体として何を取り上げるか、何を省くのかという、辞書編集に特有の心苦しい判断にも、心労を払う必要はなく、メモリーは増大するばかり。という事になります。Wikipedia日本語版の基本的な欠陥だと思います。この「舟を編む」を参照して相対化して思索していただきたいと思います。

  1. 編集することができないということ

1.一つの項目に「責任編集」を行うリーダーがいない。
2.従って、執筆者相互の批判が忌諱される。お互い自分のテリトリーを侵さなければ、相互に実質上容認(不問に付す)という形で、記載内容は増える。
3.このようにして、項の全体を俯瞰したとき、つり合いが取れず、肥大化した、醜悪な項目を出現させる。
4.日本版固有の問題として、サブカル、アニメ等の項目の「ガン細胞のような増大」という視点で、問題視される場合も多いと思うが、もうひとつ日本語版への参加に関してはシルバー世代の参加が大きな弊害となっていると思われる。彼らは、自尊が強く、占有権を(実質的に)主張する。他者を排除したがる。例えば町内会長がその町内で君臨しているような勢いで、Wikipedia日本語版に自分だけのコロニーを作る行為を続ける。老後の楽しみというわけだ。老後の楽しみは結構だが、そんなことでネットの中で生き残れるのか?と深刻に考える。