ノート:結婚指輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

「日本のように婚約指輪と結婚指輪を別々に贈る習慣が無い国では主流になりつつある。」という表記について、日本はどちらなのでしょうか。

出典文献の正確性につき疑問[編集]

プロテスタントの英国国教会の成立したとき、ヘンリー8世の寵愛を受けたトマス・クランマー大司教により、左手になった。についてですが、『謎山トキオの謎解き分析-右と左の50の謎』丸山健夫に書いてある事なのでしょうか?左手・右手に関する情報につき全否定は出来かねますが、「大司教」(ローマカトリック用語。聖公会では訳語は「大主教」)「プロテスタント英国国教会」(英国国教会・聖公会は、カトリックとプロテスタントの中道と位置付ける自己認識および他者からの評価が主流)といった、基本知識の欠如が疑われる記述がもし当該書籍になされているのだとすれば、百科事典の出典に使うのには危ういものと考えざるを得ません。出来ればより信頼のおける出典をつかって記述するのが望ましいと思いますが…--Kinno Angel 2011年1月10日 (月) 16:20 (UTC)

「結婚指輪」への改名(移動)提案 [編集]

「ウェディングリング」という呼び方より、「結婚指輪」の方が広く使われていることに気が付きました。グーグルで「"ウェディングリング"」と検索したところ、「約 1,440,000 件」のヒットが出てきます。「"結婚指輪"」で検索すると、「約 2,310,000 件」です。ウィキペディア内でも、「ウェディングリング」は8件で、「結婚指輪」は298件です。「ウェディングリング」はファッション界に限られている名称だと考えられる一方で、「結婚指輪」は分野を問わず様々な文脈で使用されている最も一般的な呼び方だと思われます。したがってこの記事のタイトルを「結婚指輪」に改名(移動)する提案を申し上げます。--UkainoADX 2018年5月9日 (水) 11:20 (UTC)

  • 賛成 国語辞書の見出しでも「結婚指輪」が優勢。--Sibazyun会話) 2018年5月10日 (木) 15:48 (UTC)
  • 賛成 より一般的な日本語表現が存在する場合は、そちらを優先するべきであると思います。--Okritre会話) 2018年5月11日 (金) 08:01 (UTC)
  • コメント ご意見ありがとうございます。反対意見がない限り、明日(水曜日)以降に記事を改名するつもりです。--UkainoADX会話) 2018年5月15日 (火) 10:22 (UTC)