ノート:秋奈

ナビゲーションに移動 検索に移動

アプリ版ユーザーへの対応について[編集]

一昨年よりウィキペディアの公式アプリ・ウィキペディアモバイル[1]に編集機能が追加されてアプリからの編集が可能になりましたが、アプリ版ユーザーによる短期間での連続投稿・要約欄に記入を行わない編集、明確な理由の無い出典付き記述の除去編集などが行われています。例:[2]

現在のアプリ版にはユーザーへの通知・項目の編集履歴の確認・ウォッチリストや最近の更新の表示などの機能が無いため、会話ページや要約欄での呼びかけが通じず、アプリ版のみを使用しているユーザーとの直接対話は事実上不可能となっています。(参照:Wikipedia:井戸端/subj/アプリ版ユーザーへの対応について) また、アプリ版ではテンプレートが一部表記されない、気付きにくい仕様となっているためアプリ版ユーザーの側からも問題点が認識しずらい状態となっています。

このため暫定的な対処ではありますが、問題のある編集が行われている個所にコメントアウトにて警告文を入れました

編集者の皆様におかれましては公式アプリ側にて対処が行われるまで警告文の除去を行わないようにお願いいたします。--Datemasa会話) 2015年5月11日 (月) 23:38 (UTC)


2016年1月25日以前の出典の一部を無効とするローカルルールの提案[編集]

解決済み以下の3つの出典における本人の発言は虚偽である恐れがあるため出典として使用できません。 --Datemasa会話) 2016年2月22日 (月) 22:13 (UTC)

2015年4月21日に出典に基づき大幅な加筆[3]を行ったDatemasaと申します。先日、秋奈さんの長年のファンであると称するFancb0000氏より、「(秋奈さん)本人が自身のインスタグラムにて、wikipediaの記事は事実ではないと述べている」との連絡を当方のノートページに頂き[4](アーカイブ)、秋奈さん本人が「本心」だとしている「声優図鑑」を基にした内容[5](アーカイブ)に変更してはどうか?との提案を頂きました。 確認したところ、秋奈さん本人は「来歴と人物ほとんど事実じゃない盛った話」「本人の意思じゃない」「ほとんどデタラメ」としております、しかしながらそれらの記述は本人のインタビュー記事等の出典を基に記述されたものであり、Wikipediaの検証可能性に沿ったものです。このためサンミュージック所属時を含む以前のプロフィール、インタビューにおける回答は(本人の弁によると「ただただ目立ちたくて必死だった」)虚偽の内容であると考えられます。

秋奈さん本人が事実上「虚偽である」と認めている以上、過去の出典に基づいた記述を残す意思は当方にもありません。そのため、私が加筆した出典付きの記述の除去を行い、全保護明けに提案のあった「来歴」「人物節」の形に変更しようと考えています。ただ、現在所属しているスターダストプロモーションのプロフィール、および「声優図鑑」を基にしたプロフィール変更、および「人物節」の変更は容易ではありますが、過去の出典がある以上、他のユーザーによってそれらを基にした加筆が再度行われないとも限りません。そのため、以下のローカルルールを提案させていただきます。

  1. 2016年1月26日に配信された「声優図鑑」インタビュー記事(ダ・ヴィンチニュース/株式会社KADOKAWA)より前の出典については本人の発言・人物内容について虚実の判別が不可能であり、また虚偽の内容である恐れが高いため出典として使用しない。
  2. 以前在籍したサンミュージックのプロフィールについても同様に出典として使用しない。
  3. 来歴・発言・人物内容について使用することが出来ない出典を明確にし、注意喚起を行う。
  4. 出演作品など虚偽である恐れが低い内容のものについては2016年1月25日以前のものでも出典として使用することは可能とする。

来歴・発言・人物内容について使用できない出典(虚偽の内容であることが疑われる出典)

以上のほか、注意喚起として2月17日の全保護明けに告知テンプレートの貼付けを行いたいと思います。ご意見がありましたらお寄せいただけたら幸いです。--Datemasa会話) 2016年2月15日 (月) 14:34 (UTC)

1週間が経過しましたが、特に反対意見等がありませんでしたので、上記の3つの出典について、表題の人物に係る内容の記述の出典には使用できないものとします。--Datemasa会話) 2016年2月22日 (月) 22:13 (UTC)