ノート:滷肉飯

    魯肉飯と滷肉飯の論争[編集]

    「魯肉飯というのは最初が訛字であり、今書かけらばよい。」後半部が意味不明のような気がします。もしかして私だけ?(笑)どなたか意味するところが類推できる方、訂正というか、改善とういか、お願いできますか?

    『台湾の人がもともと中国語の漢字を「滷」と「魯」間違えて使ってしまった』って事だろうと思うんですが、そもそも長年台湾での料理名が「魯肉飯」なんだから日本版だけ勝手に変えるのはよくないですね。日本語の堪能な台湾の投稿者Koikaさんが移動しされたようです。しかしノートでの議論も、理由の告知も無しに移動されたようなのでいったん「魯肉飯」に戻させていただきました。題名を変えるのであれば、協議の上中国語版との整合性を考え、中日語版同時に変える必要があると思います。蛇足ながら日本国内で「滷肉飯」の記述は日本語ウィキペディア以外で(少なくても私は私は)見たことが無いので、あまり一般的に使わないかもしれないですね--Takora D 2006年10月7日 (土) 20:41 (UTC)[返信]
    台湾の友人に確認したところ、「滷肉飯」と「魯肉飯」どちらも使うそうです。料理法からすると「滷肉飯」が正解らしいですが、「魯肉飯」が間違ってるから使わないようにしようとかそういう動きは台湾でもまったく無いそうで、好きな方を使えばいいとのことでした。また台北以外の地方では肉燥飯という呼び方の方が良く使われるそうなので、その両方の解説をつけて題名は日本で定着している魯肉飯にとどめると良いと思います。中国語版は10月7日付けでこれまた議論なく移動されていましたが、日本語版がそうなることの無いよう祈っています。--Takora D 2006年10月9日 (月) 16:59 (UTC)[返信]
    中国語版のウィキでは「《米其林指南》曾誤指台灣滷肉飯發源自中國山東的「魯肉飯」(山東簡稱「魯」)。[1][2]書中還描述其食材是切塊豬肉再加上「洋蔥」(實為紅蔥頭)等調味做成的食品,令台灣滷肉飯業者大感不解。經查證,可能是翻譯過程出錯,造成撰文的美食家誤會。」と書きましたが。
    出典は「[1][2]」だそうです。ウィキの方針は知らないですけど、その出典はいいだとしたら、本来の名前の「滷肉飯」に書き換えしてほうがいいと思います。そもそも「滷」は「醬油で肉を味付ける」の意味、「魯」は山東省の略称。しかし、滷肉飯は台湾料理ですよね。明らかに、「滷」のほうが元の意味に近いだと思います。--世界の平和をお祈り会話) 2018年2月21日 (水) 14:49 (UTC)[返信]

    写真について[編集]

    掲載中の写真は日本のレストランの日本風にアレンジされた魯肉飯のようです。単品で丼物を食べる習慣のある日本人向きに、本来の数倍の大きさのサイズへ増量されているようです。本来、スープを飲む際に使用するレンゲが添えられているなど、台湾の標準的な魯肉飯とは異なる点が見られました。中国語版Wikipediaには台湾の魯肉飯の写真が載っていますが、これはあまり綺麗に撮れていません。現在のOpenBoxさんが撮影された日本の魯肉飯が綺麗に撮れているので、これより良い写真が掲載されるまで、現状維持が宜しいでしょうか。--Takora D 2008年6月25日 (水) 03:32 (UTC)[返信]

    魯肉飯から滷肉飯に移動してもいいですが?[編集]

    私は台湾人ですが、台湾で滷肉飯のほうが正しいです。--会話) 2017年12月15日 (金) 14:17 (UTC)[返信]

    • 私も台湾人です。それを賛成します。中国語版のウィキでは「魯肉飯は間違った書き方、滷肉飯こそ本物」と書いたが、出典もちゃんとあるし、滷肉飯で十分と思います。--世界の平和をお祈り会話) 2018年2月21日 (水) 14:35 (UTC)[返信]

    滷肉飯のほうが正しいと思います。[編集]

    --Schuromaikomi会話) 2022年4月13日 (水) 02:32 (UTC)[返信]

    1. ^ 孫承武 (2011年6月19日). “滷肉飯正名 此滷非彼魯”. 中央社. http://www.cna.com.tw/SearchNews/doDetail.aspx?id=201106190095 2011年6月28日閲覧。 
    2. ^ 羅苑韶 (2011年6月21日). “米其林:指南不聚焦美食”. 中央社. http://www.cna.com.tw/SearchNews/doDetail.aspx?id=201106210274 2011年6月28日閲覧。