ノート:母親

Jump to navigation Jump to search

定義の相違[編集]

WHO(世界保健機構)が母性を「母になり得る人、母である人、母だった人」というような感じで定義していたと思うのですが、正確な定義が見つかりませんでした。もしわかる人がいましたら、よろしくお願いします。--Tsk 2003年12月6日 (土) 07:11 (UTC)

修正の必要性[編集]

関連書籍が、あきらかにフェミニズム側に偏っていると思われます。署名に「母性」が無くとも、母性を扱っている物もあるので、その点のふくめて修正が必要かと存じます。--61.203.80.87 2004年11月30日 (火) 22:01 (UTC) 署名追加 --ミランブラジル (会話 | 投稿記録) 2016年9月7日 (水) 05:28 (UTC)

統合提案[編集]

既にがあり、こちらはかなり淋しいことになってるので、どちらかに纏めませんか?nnh 2005年2月26日 (土) 12:23 (UTC)

個人差について[編集]

「個体差」は人間や動物に関しての項目において「何にでもあるもの」ですが、わざわざとりたてて「母性の個人差」を語るのは社会学(フェミニズム)観点ではないですか?「個人差」を独立して語る、というのは社会学・女性学・フェミニズム的視点だと思いますけれども。。。--Album 2007年3月12日 (月) 14:09 (UTC)

  • 社会学の観点のみにとどまらないという出典を示しました[1]のでご参照ください。--Seducer 2007年3月13日 (火) 03:57 (UTC)
    • 確認しました。記載内容まで確認したわけではないですが、戻す権利取得、という感がいたします。--Album 2007年3月13日 (火) 04:03 (UTC)

河合隼雄について[編集]

参考文献に『母性社会日本の病理』が二つでてます、もし基本的に同じ本であれば、内容が同じだったら古い方で、変更されてるなら新しい方にすべきかと思いますが、ご存じの方はいらっしゃいませんか?--Ks 2007年4月24日 (火) 07:51 (UTC)

統合提案[編集]

他の言語版では、(上記Tskさんらの言われるような)政治的中立性の問題も背景にあり、母性に当たる項目は全くないか、母親に統合されています。統合を提案します。Tangmo 2016年7月25日 (月) 20:57 (UTC)

  • 賛成 賛成です。 さわしお会話) 2016年8月4日 (木) 08:40 (UTC)
  • 賛成 ほとんど参考文献ばかりの記事で内容的に貧困でもありますので、統合に賛成いたします。なお、父性はさらに貧弱な状態でしかも他言語リンクが間違っているようなのですが、こちらも統合してはどうでしょうか。--さえぼー会話) 2016年8月30日 (火) 08:50 (UTC)
    • 報告 賛成多数で、統合処理を行います。なお、個人的には「父性」についても統合すべきだと考えていますので、今後、統合提案を提出するつもりです。--ミランブラジル会話) 2016年9月1日 (木) 16:19 (UTC)