ノート:横峯良郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

テレビ番組暴言問題について[編集]

まとめ http://yokominemondai.blog22.fc2.com/

動画 http://jp.youtube.com/watch?v=adN4Zeed-L0

探偵ファイル http://www.tanteifile.com/newswatch/2007/12/26_01/index.html

——以上の署名の無いコメントは、モラチムノート履歴)さんが 2007年12月27日 (木) 15:30 に投稿したものです。

ネット上で流布している横峯議員のテレビ番組暴言問題ですけれども、これは節単独で設ける必要があるのでしょうか? 経歴の一部分にさらりと書けば十分だと思います。反論がなければ、節「テレビ番組暴言問題」を節「経歴」の中に内包したいと思います。--経済準学士 2007年12月27日 (木) 17:54 (UTC)
「経歴」の中に内包するのではなく、「発言」という節を作り、その中に当該発言をその一つとして記述すべきと思います。--218.33.211.57 2007年12月28日 (金) 17:11 (UTC)

保護[編集]

保護したのなら 保護テンプレート を貼り付けてください。分かりにくいです。-- 2008年1月14日 (月) 08:39 (UTC)

{{保護S}}を貼付しました。--赤井彗星 2008年1月14日 (月) 09:04 (UTC)

不祥事[編集]

個々の記事について厳密に出典を記してください。国民が選んだ国会議員に対する敬意も忘れないようにお願いします。--人権 2010年7月21日 (水) 09:26 (UTC)

ci.nii.ac.jpを検索してみました。
  1. 「横峯良郎「議員宿舎」を「おかまバー店員」に又貸し--民主党はまだこの男を放置するのか」、『週刊文春』第50巻第22号、文芸春秋、東京、2008年6月5日、 169-171頁、 NAID 40016046918
  2. 「国会議員の資質はゼロ! 検察審査会が「恐喝犯」と認定した「横峯良郎参議院議員」」、『週刊新潮』第55巻第30号、週刊新潮、東京、2010年8月5日、 47-49頁、 ISSN 04887484NAID 40017209128
  3. 「「横峯良郎参議院議員」と「代々木警察署」--無名プロレスラーが豚シャブ屋から30万円を恐喝。ちんけな事件は意外な展開を見せた」、『週刊新潮』第54巻第29号、新潮社、東京、2009年7月30日、 132-134頁、 ISSN 04887484NAID 40016646095
当方では内容までは確認しておりません。ご参考までに。--202.213.150.108 2010年10月1日 (金) 08:01 (UTC)
執筆の際にはWikipedia:検証可能性#信頼性に乏しい情報源についても参考にするとよい様です。:--202.213.150.108 2010年10月4日 (月) 07:48 (UTC)

終了“人権”氏は無期限ブロックにより、単なる難癖付けである事が確認されました。--220.100.117.69 2011年9月1日 (木) 11:51 (UTC)

転載[編集]

2011年10月17日 (月) 09:54時点における版[1]は、http://mainichi.jp/select/today/news/20111017k0000e040077000c.html(現在はリンク切れ)の転載でしょうか?ATHOMEのIP氏が転載しまくっているような感じがしますが。--fromm会話) 2012年10月2日 (火) 02:05 (UTC)