ノート:安部公房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

出身学校の議論に関して―整理―[編集]

安部公房の出身学校に関する議論

安部公房の出身学校に関する議論を整理し、過去の履歴へのリンクとさせていただきました。

安部公房の出身学校に関しては、議論が戦わされましたが、合意にいたりませんでした。そこでノート:安部公房/投票にて、文面に関する投票を行った結果、下記の点について合意をえました。

投票の結果、「幼少期を満州で過ごす。1940年に満州の旧制奉天第二中学校を卒業。帰国して旧制成城高等学校理乙に入学し、戦時下のため繰上げ卒業、1943年東京帝国大学医学部医学科に入学。在学中の1947年に、後年安部の作品の装丁や舞台美術を手掛ける事になる真知夫人と結婚。1948年に卒業するも医師試験に失敗。1950年には勅使河原宏瀬木慎一らと共に「世紀の会」を結成。」と決定。
今回の投票した文案に関しては、不再議とし、今後、同様の論点での編集は原則として行わない。
ただし、
  1. 今回、投票の発端となった論点以外で
  2. かつ新たに直接的な資料が発見され
  3. かつ、その内容について、ノートページで合意を取れた場合
はそのかぎりではない。

以上。

以下に、今後の議論に必要であると思われる部分を残しておきます。また、必要に応じて、発言の位置を変えさせていただきました。発言の原位置は、上記の過去ログを参照していただければと思います。ごまふあざ 2006年3月11日 (土) 05:16 (UTC)

いくつかの論点[編集]

以上、全部投票で結論がついた同一の論点をめぐるものですから、すべて(あるいは投票の報告以外を)サブページ化したほうがいいんじゃないでしょうか。可読性が非常に落ちていますし。なお、ほとんど同一か類似の論点に関してはSeijo氏関係が大量に存在していて、いくつか保護になっています。Seijo氏はかなり編集行為自体していないのですが、ブロックになっておらず、同一人物かどうかの確認も取れていません。いちおう、別人です、という証言はあるわけですが。なお、成城高等学校と成城学園の関係については図書館で調査したものをノート:成城大学に載せておきました。今後の判断に役立ててください。Clinamen 2006年3月10日 (金) 16:25 (UTC)

大岡昇平のページも Ddr226さん と思われる人物の「いたずら」により保護になっています。 このページも投票で編集しなおすべきではないでしょうか?--Complain 11 2006年3月10日 (金) 09:33 (UTC)

その点は、大岡昇平のノートで議論を行えばよいのではないかと。今回の一件と、某氏の投稿ブロックにより、状況が変化している可能性もあります。それぞれのノートページで議論し、合意がとれるのであれば、煩雑な手続きを行うより、幸せなのではないかと思いますが…いかがでしょう?もちろん、どうしても合意がとれないのであれば、必要な手続きはとるべきだと思いますが。ごまふあざ 2006年3月10日 (金) 15:49 (UTC)

死因について[編集]

性交死・腹上死の項に安部公房が載っていたのですが、 真偽はいかに?2006年3月14日 (火) 09:38 219.53.160.72

履歴より署名追加しました。署名をつけることが推奨されています。ごまふあざ 2006年3月14日 (火) 15:24 (UTC)
「腹上死」の定義にもよりますが、以下のソースを参照する限りでは、少なくとも房事中の死亡ではありません。[1]--カスガ 2006年6月30日 (金) 09:26 (UTC)

該当ページの訂正をお願いいたしますとんちゃん2

投稿ブロック案件[編集]

旧制成城高等学校卒業者はそもそも帝大にも無試験で入った出来損ないの巣窟なんだから、史実を勝手に塗り替えるのはやめるべき。今になっても馬鹿な人が多いんですね。 安部公房が評価されるのは作品であって、同じ旧制高校に通ったからって単なる卒業者は出来損ないのデブには変わりませんよ。 --フラたんす 2006年3月22日 (水) 04:13 (UTC)

フラたんすさん、とりあえず、一度だけお願いしておきます。上記の投票による決定事項は、wikipediaコミュニティの合意事項です。この合意事項を無視し、編集を強行する場合は、コミュニティの方針に反しますので、投稿ブロック依頼を提出せざるをえません。今後、上記の合意事項に関して、変更を加える場合は、必要な手続きをふんでください。また、無意味な罵詈雑言も投稿ブロックの対象になります。成城学校であれ、成城学園であれ、いかなる学校といえど、故なく「出来損ないの巣窟」などといわれる筋合いはないはずです。さらに言っておくと、コミュニティの合意事項をふみにじるために、アカウント取得を繰り返される場合は、Check User依頼後、広域ブロックや、プロバイダ通報依頼のような事態にも発展しかねません。良識ある行動をお願いします。ごまふあざ 2006年3月22日 (水) 11:53 (UTC)

ノート:大岡昇平での暴言もあり、成城高等学校を保護に追いやったのも同一人物である公算が高いことから、ブロック依頼しました。 wikipedia:投稿ブロック依頼/成城関連 Clinamen 2006年3月22日 (水) 12:22 (UTC)

なるほど。悪質ですね。ただ、少し気にかかるのが、上記人物と、Ddr226氏が同一人物、多重アカウントなのか、ということです。IPによる投稿の傾向で判断すると、投稿ブロックで指摘されたIPはDdr226氏と異なるプロバイダ(と推測されうる)なので。一応、この場で指摘しておきます。あと、節をわけておきました。節の題が適切でないかもしれませんが…ごまふあざ 2006年3月22日 (水) 13:17 (UTC)

ここも便所の落書き程度ということですね。 ごまふあざのような暇人知的障害者が張り付いているところで、まったく信用性ありません。 ゴミ掲示板の亜流でしょう。 --フラたんす 2006年3月23日 (木) 09:12 (UTC)

2012.9.19[編集]

大幅に移動したので変更箇所をざっと記しておきます。
導入部の生誕地は東京府とだけ記し、詳細は「来歴」へ移動。
「滝野川町」は現在の「北区滝野川」ではないのでとりあえず北区南部としておきました。
「来歴」と「略歴」があったので、「略歴」を「略歴(時系列)」に変更。
「来歴」内部に小見出しをつけ分割。
『無名詩集』に妻への作品が含まれていたことを追加。
「「粘土塀」の内容を理解できなかった」を抹消。安部公房の発言は一種の謙遜を含めた軽口と思われるため。本当に評価していなかったら埴谷雄高のような巨匠に送るはずがありません。
「評価」の項目を作り、文章を移動しました。
「来歴」から「評価」へ移動したもの:埴谷雄高が書評に書いた言、国際的な名声、三島由紀夫による評価、大江健三郎の言とノーベル賞の候補だったこと等。
「来歴」から「人物」への移動:カネッティに関する段落
「人物」から「来歴」への移動:晩年の文壇づきあい、発明賞の記述(コピー)
右上のボックスから主な受賞歴をコピー