ノート:宇宙航空研究開発機構

ページのコンテンツが他言語でサポートされていません。
半保護されたページ

ジェット推進研究所(JPL・アメリカ)との関係に関して

JAXAが扱う宇宙座標や天体の情報に関して、JPLの開示資料に依存している傾向がやたらと強いという実態があります。国内参考資料の提示だけでは説明がしきれない部分に関してJAXAの資料上でJPLの管理資料が参照情報として提示されている事が多いわけです。座標情報や天体の情報を国内組織で管轄し例えばコピー情報を開示したり、その資料を日本語翻訳した状態で添付したりという扱いをしていない以上、国内外に関係なく提携先として記載をするべきです。本来はJPL>国内組織による情報という二段重ねで資料を扱うべきでしょうね。それができない背景は自前で翻訳を行わないために翻訳情報が無駄な追加情報を伴った有償資料となってしまい、情報ソースとして提示している場合、その情報ソースのさらに情報元となるJPL開示の情報などを参照にした方が、より分かりやすいなどという問題点です。

以下、各項目で見出しを書いてください

誰が主導的に執筆しているのか非常に分かりづらい解説であり、普遍的な事典の体を成しているとは思えない。こちらのノート欄の奇怪な文言も一般人には理解が困難であろう。ヲタでっちあげ事典と蔑まれないように、沿革あたりの記述から大幅に見直すべきである。--49.252.240.171 2012年8月16日 (木) 10:44 (UTC)返信[返信]


3機関の改組の記事ですが、「宇宙基幹システム本部」が、H-IIAとM-Vの両方を扱っているようなので、「航空宇宙技術研究所 → 総合技術研究本部」とは単純にいえないと思うのですが。

どうもそのようですね。当初isas.ac.jpとnal.go.jpのWebが殆どそのままjaxa.jpドメイン内に移行したように見えましたが、業務内容は各本部の業務内容に従って再編成しているようです。NASDAにも技術研究本部がありましたし。スラドの関係者コメントでも今一良く分からなかったです。

とりあえず、現状組織の一覧だけ示すほうが良さそうですね。sphl 10:05 2003年10月30日 (UTC)

JAXAは、ヤクザではない!」 などと言わざるを得ない状況をいったいどうするのでしょうか?

それと、編集中に差し戻しをされたようですが、JAXAの拠点のあるつくばに研究所を持っているKEKに関しての情報を記載しようとしたら介入されたようですね。 KEKに何か恨みでもあるのでしょうか?

Wikipediaにおいて何らかの編集を行った際に、毎回同じパターンで動く再編集人が多く、ふと「システムバグの類なのだろうか?」「仕様バグなんだろうか?」などと疑問に思う次第である。およそ人間的ではないその動きこそ、「神の、み業である!」などと嘯く次第である。 ?以上の署名の無いコメントは、114.173.75.111会話/Whois)さんが 2012年1月11日 (水) 19:36‎(UTC)、2012年1月11日 (水) 19:40‎(UTC)、および2012年1月11日 (水) 19:47(UTC)‎ に投稿したものです(ひとむらによる付記)。

私が言いたいのはただ一つ、「ウィキペディアに執筆するならば検証可能信頼できる情報源に基づいて執筆してください」です。--ひとむら 2012年1月11日 (水) 19:49 (UTC)返信[返信]

サーバキャッシュ制御が可能なようですね。初回に一連の編集を差し戻した状態が表示され、次回以降に編集を差し戻していない状態で表示されるようです。サーバキャッシュバグでなければ仕様となるようですから、仕様として明記されてはいかがでしょうか?このような不可解な状態がWikipediaでは散見されることがあります。しかし残念ながら「そんなシステムですから記載内容を信用するべきではありません」という問題提起にしかならないのでしょうね。 「いくらでも自由に改変してくれて結構ですけれども、けっして性善説の人ばかりではありません」とWikipediaは自己主張をするわけですね。なにしろキリスト教原理主義者とイスラム教原理主義者の争いがなくならないのは、お互いに唯一神教であると押し付けるように明示されているからかもしれないわけですから。宗教をシステムと考えると難しい側面がオカルトのようにあるわけですが、宗教で宇宙開発が進むことがけっしてありえないとWikipediaの宗教はWikipediaを用いて説くわけですね。支配ができないシステムでありながら、情報の読み物性があるという点において、辞書や百科事典であるという説明は語弊があると言わざるを得ないのかもしれません。なにしろ「何のために情報を開示しているのか?」と問われたとき、「理解しにくい技術情報を、理解しやすいように、しかも手軽に多言語で扱われているかのように扱える」という理想論での考え方に対し、「そんなものは何の役にも立たない」と軍事優遇者の多いWikipediaはWikipediaの本質を説くわけです。「自己主張の手段としてこのシステムがある。」と、ときおり出てくる人物写真を用いて個人資金調達方法の説明をされても、JAXAでさえ資金欲しさにこのようなところで難癖を続ける上に不毛な落書きの記載ばかりを続けさせるわけですね。なにしろ「理想論で飯が食えるか!」とJAXAの項でさえ人間の作業を使って説明を続け、結果的に脅す手段としての科学技術情報のみ優遇され保持され開示が続くわけです。脅し合いにおいて、引いたら負けである。このシステムは不毛な作業を繰り返す自動化システムの開発優遇を暗喩する。と醸しだすに過ぎないわけですね。あまりに無駄の多いシステムであると言わざるを得ず、しかも説明もあまり行われないそのような裏側の仕様が、このシステムの本質であるとの説明すらさせたがらないわけですね。「これがあなたがたの実態である。自動化可能な作業をなぜ手動で続けるのか?」といくら説明しても、介入者は繰り返し介入を続けるわけです。なにしろJAXAの説明など「時間の無駄」の表現でしかないというわけで、見る必要もないわけですね。 JAXAが世の中の何の役にも立っていないということを、ここで知っただけです。

「近年においてでさえ、無人宇宙船の操縦すらA.I.化と言われて怖気づく事があったというのはなぜか?」などと疑問に思う次第である。なぜA.I.と言わなくてはいけないのか?単純に自動操縦でいいのではないか?自動操縦だと低レベルな既存の軌道制御が露見する危険性があり、A.I.と言わなくてはいけないのか?などと疑問に思う次第である。ロジックで扱われる宇宙船に、なぜ神や人を見出す必要があるのか?製作者ではない機材になぜ神や人を見出す必要があるのか?道具にすぎないではないか?運用者や搭乗者がシステムを理解すべきものであり、それは全分野を網羅せよと言っているし言われているに過ぎないわけである。それは安全管理のためである。それがなぜ神を見出す必要があるのか?システムの解析や製作に過ぎない。などと言っても、ブラックボックス化した自動制御はありきたりであり、完成度が高い自動制御は敬意を持たれるべきシステムであり、反発を恐れ、畏怖させるために恐怖や狂気を封入したがる傾向があることすら直接軍事的な介入の前には愚かしいと言わざるを得ない。さっさと作るべきである。組織名称の説明など不毛であり、組織など集金期待集団でしかない、と組織の意義を問われるわけである。宇宙開発側面において、宇宙開発管理機関が欲しいものは自動翻訳自動操縦でしかない。宇宙船製造技術や天文学情報は、自動化システムに封入される。何のために巨大組織が存在するのか?宗教に問うてみたら分かるとおり、できないものはできないと答えるだけであるが、人はそんなに愚かではないと信じている。--以上の署名のないコメントは、114.173.75.111会話/Whois)さんが 2012年1月11日 (水) 20:39(UTC) および 2012年1月11日 (水) 21:11‎(UTC) に投稿したものです(CalendrierChienによる付記)。

外部リンク修正

編集者の皆さんこんにちは、

宇宙航空研究開発機構」上の1個の外部リンクを修正しました。今回の編集の確認にご協力お願いします。もし何か疑問点がある場合、もしくはリンクや記事をボットの処理対象から外す必要がある場合は、こちらのFAQをご覧ください。以下の通り編集しました。

編集の確認が終わりましたら、下記のテンプレートの指示にしたがってURLの問題を修正してください。

ありがとうございました。—InternetArchiveBot (バグを報告する) 2017年10月1日 (日) 13:31 (UTC)返信[返信]