ノート:坂田銀時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

「愛読書」の項目ですが、作中では『ギン肉マン』であるように、『聖侍星矢』(技の名前も、これに対応している模様で「拳」が「斬」となっている)です。明らかに『キン肉マン』および『聖闘士星矢』がモデルと思われますが、あくまで架空の劇中作品です。『聖侍星矢』へ修正が必要なのはもちろんですが、それぞれの元ネタが各実在作品である旨を記載した上で、そちらのタイトルからリンクを貼るべきではないでしょうか。

蛇足ながら、『ギン肉マン』は現在も連載されているようですが、『聖侍星矢』は古い作品である記述があります。——以上の署名の無いコメントは、61.198.25.9ノート/Whois IPv4IPv6)さんが 2007年5月11日(金)21:03(JST) に投稿したものです(special rapid(会話/履歴/メール/en/zh/commons)による付記)。

真剣の使用時について[編集]

7.注の6番目についてなのですが、銀さんは2巻の最初・14訓でも真剣を使ってなかったでしょうか? 陀絡戦の時です。--125.3.231.232 2008年8月15日 (金) 21:46 (UTC)

年齢に関して[編集]

年齢に関して脚注で長々と書かれていたので最低限の記述のみといたしました。--ヘチコマ 2009年7月8日 (水) 07:18 (UTC)


年齢に関する公式設定がないようなので年齢不詳とさせていただきました。史実の桂は近藤の1才上ですから個人的にはいろいろな憶測が可能かと。--青いベール 2009年7月17日 (金) 14:15 (UTC)

「20代後半」と書かれていましたが、原作では「20代」となっている為「後半」を削除させて頂きました。 --Rizaxrize会話) 2016年12月26日 (月) 01:17 (UTC)

血液型について[編集]

「O型」と書かれていましたが現在、血液型は明かされていません。 誤解を招く為、削除させて頂きました。--Rizaxrize会話) 2016年12月26日 (月) 01:19 (UTC)