ノート:動物看護師

Jump to navigation Jump to search

観点についての議論[編集]

人間の看護師については、看護婦・看護士から看護師への統一が為されましたが、動物では、未だ統一された表記はなされていないように思います。

過去には、動物看護士という表記もされていた。

の一文の削除を提案します。

--Tactactac 2009年11月27日 (金) 06:20 (UTC)

(コメント)まず中立的な観点のテンプレートの使用としては疑問がありましたので、議論テンプレートに変更させていただきました。もし意図するようなものではない場合は、編集をお願い致します。御提案のことについてですが、賛成です。法令や学会(一部そういった動きはあるようですが)での統一が図られているわけではないため、削除したうえで「動物看護士とも。」といった感じで、呼称には複数あるといったようにすべきではないかと思います。--Baldanders 2009年11月27日 (金) 12:54 (UTC)

「諸問題」節について[編集]

誰がそのような問題を指摘しているのか。特定個人の見解ではなく一般に(多くの人から)指摘されている事柄なのか。出典を示すようにお願いします。新聞記事や雑誌記事、公的機関・学会等での検討内容などが有用でしょう。--左大文字会話) 2015年9月19日 (土) 07:55 (UTC)

AHT[編集]

Animal Hospital Technicianの略だと思っていた。また「師」と「士」とを比べると「士」の方が軽い感じで、何の法的決まりもない今だと「師」を使われると強い違和感を感じるのは私だけだろうか?正しくは「獣医師」である人々が多くのメディアで「師」をすっ飛ばしてただ「獣医」と呼びならわされている現状だと余計に。 -Ypacaraí会話) 2016年11月28日 (月) 06:11 (UTC)