ノート:乃木坂工事中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松井玲奈の出演[編集]

松井玲奈 - ※第1回のみ出演 と書いてありますが第2回放送にも出てます。2本撮りだとしても今後出る可能性があるのでこれは編集除去すべきです。--61.154.127.136 2015年4月26日 (日) 15:19 (UTC)

コーナータイトル[編集]

「あのメンバーに聞きたい」が第2回にして「あのメンバーに聞きたい5こくらいのこと」と10から5に変わってます。正式タイトルではないので数字は止めるべきです。--61.154.127.136 2015年4月26日 (日) 15:24 (UTC)

節名「主なコーナー」を「コーナー」へ変更[編集]

「主なコーナー」という節名は独自研究的中立的な観点に反しているため、節名を「コーナー」に変更することを提案します。理由は、何をもって「主」とするのかに関して出典がないことから「主なコーナー」という節名は独自研究的だからです。これでは「記載されていないコーナーは主ではない」というニュアンスを含意してしまいます。何をもって「主」とするかに関しての判断が編集者個人の独自研究に依るならば、「主なコーナー」という表現は中立的な表現ではないと考えられ、「コーナー」という無難な表現に改めるべきです。--MShared会話) 2015年8月4日 (火) 05:07 (UTC)

終了 議論の当事者である利用者:新宿池袋さんから異論がなかった為、終了します。--MShared会話) 2015年11月5日 (木) 11:29 (UTC)
チェック 完了。--MShared会話) 2015年11月5日 (木) 11:29 (UTC)

収録場所[編集]

  • 『乃木坂って、どこ?』と同じく、東京メディアシティで番組収録が行われているので、追加をよろしくお願いします。

罰ポイントについて[編集]

2018/3配信の乃木坂46時間TVにおいても罰ポイントの変動がありましたので反映をお願いしたいです。 --匿名利用者00001会話) 2018年4月6日 (金) 08:01 (UTC)

  • 返信 (匿名利用者00001さん宛) 「お願いしたい」ではなく自分で記事を編集してみて下さい。また、これだけの内容ではわかりかねます。どこでどういう罰ポイントがあったのか、「乃木中」と「46時時間TV」との「罰ポイントの関連性」は証明されるのか?「事実かどうか」ではなく「検証できるのか」(出典はあるのか?)など詳しい記述をしていただかないと反映できません(Wikipedia:検証可能性)。(この記事を書きました私からの報告です。)
  • なお「設楽統の罰ポイントについて」ですが、齋藤飛鳥から「お互い罰ポイントでいいですか?」との確認はありましたが、罰ポイントがついた事実はありません。(出典:[[1]])--McKey-0627会話) 2018年4月6日 (金) 10:58 (UTC)

罰ポイントの表記について[編集]

罰ポイントの表についてですが、大変わかりにくくなっているため下の表のようにしたほうが良いと思いますがどうでしょうか?(下に示したものは仮に作ったものなので「罰ポイント付与の基準」の列の表現は手直しする予定です) また、2月19放送分の齋藤飛鳥に対する罰ポイントの注釈(2018/07/19 23:51現在の「注29」)に「設楽には隠れ2Ptがついている。」と表記されていますが、この表記もわかりにくいので、表に反映させるか、注釈内の記述を削除すべきかと思います。--スイカのにゃー会話) 2018年7月19日 (木) 15:10 (UTC)

放送日 企画名 罰ポイント付与の基準 付与されたメンバー 加算Pt
2018年
2月5日
好きです先輩乃木坂46バレンタイン2018 企画開始前に3期生に目配せをしたため 秋元真夏 1
「自分がプレゼントをもらえる」と思った3期生から立候補せずに告白されたら罰ポイント。 高山一実 1
衛藤美彩 1
2月12日 「山下美月が怯えた」 白石麻衣 1
「自分がプレゼントをもらえる」と思った3期生から立候補せずに告白されたら罰ポイント。 桜井玲香 1
2月19日 「意味の無い手拍子をした」として 松村沙友理 1
「自分がプレゼントをもらえる」と思った3期生から立候補せずに告白されたら罰ポイント。 齋藤飛鳥 1
向井葉月からの告白を設楽より勧められた件に関して、設楽と連帯責任として自ら罰ポイントを受け入れた 1
3月26日
4月2日
嘘つきは誰だ!?乃木坂46 エイプリルフールバトル 「乃木チーム」「坂チーム」の2チームに分かれて対決。敗れたチーム全員に2罰ポイント。 坂チームメンバー 2
最終ゲームで「一発で見破られたらさらに2Pt追加」という特別ルールに対して敗戦 2
7月9日
7月16日
猛暑を吹っ飛ばせ! 運動能力ゲーム大会 不用意な発言をしたため 秋元真夏 1
「乃木チーム」「坂チーム」の2チームに分かれて対決。敗れたチーム全員に2罰ポイント、勝ったチームは2ポイント減免。 乃木チームメンバー -2
坂チームメンバー 2

誤字訂正・追記--スイカのにゃー会話) 2018年7月19日 (木) 22:06 (UTC)一部訂正--スイカのにゃー会話) 2018年7月24日 (火) 15:31 (UTC)誤字訂正--スイカのにゃー会話) 2018年7月24日 (火) 15:32 (UTC)

  • 1週間経っても反論が出なければ合意形成とします。--スイカのにゃー会話) 2018年7月19日 (木) 22:17 (UTC)

コメント 各企画内での罰ポイントの基準はそれぞれ、『「自分がプレゼントをもらえる」と思った3期生から立候補せずに告白されたら罰ポイント。 」』、『「乃木チーム」「坂チーム」の2チームに分かれて対決。敗れたチーム全員に2罰ポイント。』、『「乃木チーム」「坂チーム」の2チームに分かれて対決。敗れたチーム全員に2罰ポイント、勝ったチームは2ポイント減免。』ということになっており、秋元、白石、松村、齋藤飛鳥はそれぞれ「罰ポイント付与の基準」以外で個人的に独自で「企画開始前に3期生に目配せをしたため」などの理由で罰ポイントを受けています。ですので、基準内を表記し、基準外を注釈表記でいいのではないかと考えます。なんでもかんでも目に見える表記をすればいいのではありません。基準に沿ったものを表記、基準外を注釈表記するのが筋だと考えます。(なお設楽に関しては対象外なので削除しました。)--McKey-0627会話) 2018年7月19日 (木) 23:54 (UTC)

  • コメント 設楽さんの件については承知しました。確かに、企画内でのメインの条件はMcKey-0627さんが挙げられたものですが、「ページのみやすさ」や「わかりやすさ」というものを考えた場合、注釈での表記よりも前述の表のように全て羅列したほうが見やすいと思います。(注釈だといちいちタップしないと内容が見れませんし、注釈まではいちいち見ないという人もいると思います。)また、全てを羅列してもそこまで大きい表にはなりませんし、見る際にも支障は出ないと思われます。なので、私としては前述したような表にすべきかなと思います。--スイカのにゃー会話) 2018年7月20日 (金) 02:01 (UTC)
  • Symbol comment vote.svg 追記ただ、メインの条件を太字にするというのは行ってもいいかもしれません。--スイカのにゃー会話) 2018年7月20日 (金) 02:05 (UTC)
  • コメントいろいろな方の意見を聞きたいので、 もしMcKey-0627さん以外にもこのページをご覧になられている方がいたら、是非意見を出してください。--スイカのにゃー会話) 2018年7月20日 (金) 02:01 (UTC)
    • 返信 (McKey-0627さん宛) 「基準内を表記し、基準外を注釈表記でいいのではないかと考えます。なんでもかんでも目に見える表記をすればいいのではありません。基準に沿ったものを表記、基準外を注釈表記するのが筋だと考えます。」とのことですが、その根拠を教えていただけますか?全部を記載しても表が大きくなりすぎないと思いますし、デメリットはないと思いますが…--スイカのにゃー会話) 2018年7月24日 (火) 15:26 (UTC)
    • 情報記事内に告知テンプレを貼りました。--スイカのにゃー会話) 2018年7月24日 (火) 15:26 (UTC)
      • コメント スイカのにゃーさんの解釈ですと、上記の表では全てが「罰ポイントの付与の基準」となり誤解を招くおそれがあります。前述でもしたとおり、あくまでも基準は『「自分がプレゼントをもらえる」と思った3期生から立候補せずに告白されたら罰ポイント。 」』、『「乃木チーム」「坂チーム」の2チームに分かれて対決。敗れたチーム全員に2罰ポイント。』、『「乃木チーム」「坂チーム」の2チームに分かれて対決。敗れたチーム全員に2罰ポイント、勝ったチームは2ポイント減免。』ということになっていて、秋元、白石、松村、齋藤飛鳥は基準外の罰ポイントです。基準に受けた罰の内容を記述すると表の解釈が誤ったものになります。しかしながらこの4名は実際に罰ポイントを受けていますが、これだけですと受けた理由が明らかになっていません。よって注釈表記で記述をせざるを得なくなるのです。表の大きさ云々ではなく、内容も考慮に入れなければならないと言うのが私の意見です。(なお、パソコンで閲覧するとタップしなくともカーソルを合わせるだけで内容を見ることができます。)--McKey-0627会話) 2018年7月24日 (火) 16:00 (UTC)(インデントを追加させていただきました)--スイカのにゃー会話) 2018年7月24日 (火) 16:07 (UTC)
        • コメントでは、表の一行目を「罰ポイント付与の理由」と改めればいいと思いますがどうですか?--スイカのにゃー会話) 2018年7月24日 (火) 16:07 (UTC)
          • コメントあなたには重要なものが欠落しているように感じられます。「Wikipedia:検証可能性」です。そこでは「事実かどうか」ではなく「検証可能かどうか」と書かれています。ただ単に事実を記述すればいいのではありません。例を挙げますと「ワイヤーアクション」です(例:2018年2月19日「乃木坂工事中」[2])。ここでは「罰ポイントの基準」や齋藤飛鳥の「立候補しなかったので罰ポイント」が書かれています。しかし、松村の「余計は拍手をしたとして罰ポイントが与えられた。」の記述はありますが、齋藤飛鳥の「向井葉月からの告白を設楽より勧められた件に関して、設楽と連帯責任として自ら罰ポイントを受け入れた」の記述はありません。つまり松村は検証可能ですが、飛鳥については検証不可能です。「だったら松村は記述して飛鳥は記述しなくてもいいじゃないか」と言う考えもあるかもしれませんが、それでは公平性に欠けます。罰ポイントの計算にも影響します。このことから「基準外の事は注釈表記に統一すればいい」と私は考えているのです。--McKey-0627会話) 2018年7月25日 (水) 00:24 (UTC)(インデントを追加させていただきました)--スイカのにゃー会話) 2018年7月25日 (水) 18:33 (UTC)
            • 返信 (McKey-0627さん宛)Wikipedia:検証可能性」については拝読しました。そこで質問なのですが、表に直接記載するのは「Wikipedia:検証可能性」に引っかかるため問題があるにも関わらず、注釈による表記は許されるのはなぜでしょうか?注釈として記載する際は出典を示さなくてもいいという規定はないですよね?(検証不能なポイント推移を削除するということは考えていないのでその点は議論の対象から外します。)--スイカのにゃー会話) 2018年7月25日 (水) 18:33 (UTC)
              • 返信 (スイカのにゃーさん宛) 注釈#種類項目の4.によると、「本文に入れると叙述の流れを妨げるが、本文の事項の理解に役立つ補足情報ないしコメント。」とあります。「補足情報」ということですので「出典を示してもいいし示さなくてもいい」と考えられます。--McKey-0627会話) 2018年7月26日 (木) 00:08 (UTC)(インデントを追加させていただきました)--スイカのにゃー会話) 2018年7月26日 (木) 15:31 (UTC)
                • 返信 (McKey-0627さん宛) 注釈#種類項目の4.を拝見しました。そこには「本文に入れると叙述の流れを妨げる」という条件が示されていますが、本件はこの条件に当てはまりません。また、もし仮に本件がこの条件に当てはまると仮定しても「補足情報」だからといって出典等を示さなくてもいいという理由にはならないのではないでしょうか?--スイカのにゃー会話) 2018年7月26日 (木) 15:31 (UTC)
                  • 情報 H:EXPLNOTEに「注釈は記事本文と同じく検証可能性の対象となり、自分自身の参照が必要な場合があります。」とあり、注釈文章に出典が付けられるなら付けた方が良い感じです。必須という表現はされてないので各個議論の余地が多分にあるモノですが、本文に書きたいけど出典がないから注釈に無出典で記述する、という逃げ道のための余地ではない気がします。--やなぎ0会話) 2018年7月31日 (火) 11:24 (UTC)
                  • コメント その上で、出典がある・ないが混在しているけど罰ポイント合算上何らかの理由で加算Ptが入っているハズであれば、スイカのにゃーさん案の特別:差分/69341946「表の一行目を「罰ポイント付与の理由」と改める」に加えて、該当理由の末尾に{{要出典}}を付与してはどうでしょう。注釈に追い出しても結局{{要出典}}が付くなら本文に書いてしまって、読者は要出典だけど情報が得られる、編集者は出典を探す必要性を知る機会を得る、とそこまでヒドくはないと思います。良質・秀逸な記事品質ならダメだな記述でしょうが、成長途中の記事品質なら良いんじゃないかと思います。--やなぎ0会話) 2018年7月31日 (火) 11:24 (UTC)

(インデントを戻します)私の意見、スイカのにゃーさん、やなぎ0さんの意見をすべて踏まえた上でまとめてみました(本文の出典も一部修正します)。


罰ポイントとは2018年に新設された制度である[1]。一定ポイントたまると番組内で罰ゲームが執行される[1]

放送日 企画 罰ポイント付与の基準[1](太字)、および基準外での付与理由[要出典] 付与されたメンバー
(太字は基準での付与)
加算Pt
1 2018年
2月5日[1]
好きです先輩
乃木坂46バレンタイン2018
「自分がプレゼントをもらえる」と思った3期生から立候補せずに告白されたら罰ポイント[1] 高山一実 1
衛藤美彩 1
企画開始前に「3期生に目配せをした」として罰ポイント[要出典] 秋元真夏 1
2月12日[2] 「自分がプレゼントをもらえる」と思った3期生から立候補せずに告白されたら罰ポイント[2] 桜井玲香 1
「山下美月が怯えた」として罰ポイント[要出典] 白石麻衣 1
2月19日[3] 「自分がプレゼントをもらえる」と思った3期生から立候補せずに告白されたら罰ポイント[3] 齋藤飛鳥 1
向井葉月からの告白を設楽より勧められた件に関して、設楽と連帯責任として自ら罰ポイントを受け入れ[要出典] 齋藤飛鳥 1
「意味の無い手拍子をした」として罰ポイント[3] 松村沙友理 1
2 3月26日[4]
4月2日[5]
嘘つきは誰だ!?
乃木坂46 エイプリルフールバトル
「乃木チーム[注 1]」「坂チーム[注 2]」の2チームに分かれて対決。敗れたチーム全員に2罰ポイント[4][5] 坂チームメンバー 2
最終ゲーム前に敗戦が確定したが、さらに最終ゲームで「一発で見破られたらさらに2Pt追加」という特別ルールに対して敗戦[要出典] 坂チームメンバー 2
3 7月9日[6]
7月16日[7]
猛暑を吹っ飛ばせ! 運動能力ゲーム大会 「乃木チーム[注 3]」「坂チーム[注 4]」の2チームに分かれて対決。敗れたチーム全員に2罰ポイント、勝ったチームは2ポイント減免[6][7] 乃木チームメンバー -2
坂チームメンバー 2
企画開始前に「不用意な発言」として罰ポイント[要出典] 秋元真夏 1

という感じになりますがいかがでしょうか?また出典に関しては、この罰ポイントを最初に記述した私、そしてこの提案をしたスイカのにゃーさんの2名で探す努力をする、ということにしたいと考えています(スイカのにゃーさんの同意が必要だとおもいますが)。--McKey-0627会話) 2018年7月31日 (火) 14:03 (UTC)(文言追加--McKey-0627会話) 2018年7月31日 (火) 14:44 (UTC))

  • 返信 (McKey-0627さん宛) ご理解・代案の提示ありがとうございます。私としては今回McKey-0627さんが提案されたものが最適かと思います。また、もちろん出典は見つけ次第追記していきたいと思います。
では、他の利用者からの意見募集期間として1週間程度の猶予の後、反論がなければ記事内の表をMcKey-0627さんが提示されたものと差し替えようと思いますがよろしいですか?--スイカのにゃー会話) 2018年7月31日 (火) 18:07 (UTC)
  • コメント 意見の考慮配慮、ありがとうございます。まとめに異論ありません。コメント依頼から流れてきて無出典の注釈が気になっただけで深く見てなかったんですが、存外に基準外(で要出典)の加算ptが多いんですね。無出典記述は除去、記述した人だけの責任で出典を探す、という方針準拠絶対派ではないので私含め他の編集者の協力で追々改善出来ればと考えています。--やなぎ0会話) 2018年8月1日 (水) 04:21 (UTC)日本語の訂正--やなぎ0会話) 2018年8月1日 (水) 10:34 (UTC)
  • コメント まとめ 最新提案者やなぎ0さんの異論無き意見がありましたので、この投稿時間をもって「解決」としたいと思います。今後異論無き場合、1週間後の同時刻2018年8月8日 (水) 10:34 (UTC)(19:34(JST))以降にこの表記に変更することといたします。(変更後、当項目に{{解決済み}}テンプレートを貼り付けて下さい。)--McKey-0627会話) 2018年8月1日 (水) 11:08 (UTC)
  • 対処 合意から1週間経過したため本文の表記を変更いたしました。--McKey-0627会話) 2018年8月8日 (水) 12:53 (UTC)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ チームメンバー:伊藤純奈、梅澤美波、衛藤美彩、久保史緒里、齋藤飛鳥、桜井玲香、白石麻衣、鈴木絢音、高山一実、中田花奈、星野みなみ、松村沙友理、山下美月、渡辺みり愛、和田まあや。
  2. ^ チームメンバー:秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、伊藤理々杏、井上小百合、斉藤優里、新内眞衣、寺田蘭世、西野七瀬、能條愛未、樋口日奈、堀未央奈、向井葉月、与田祐希、若月佑美。
  3. ^ チームメンバー:秋元真夏、大園桃子、白石麻衣、新内眞衣、鈴木絢音、星野みなみ、松村沙友理、向井葉月、山下美月、和田まあや。
  4. ^ チームメンバー:生田絵梨花、岩本蓮加、衛藤美彩、斉藤優里、阪口珠美、高山一実、西野七瀬、樋口日奈、堀未央奈、与田祐希。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e ワイヤーアクション (2018年2月5日). “乃木坂工事中|2018/02/05(月)放送”. TVでた蔵. 富士ソフト. 2018年2月7日閲覧。
  2. ^ a b ワイヤーアクション (2018年2月12日). “乃木坂工事中|2018/02/12(月)放送”. TVでた蔵. 富士ソフト. 2018年2月14日閲覧。
  3. ^ a b c ワイヤーアクション (2018年2月19日). “乃木坂工事中|2018/02/19(月)放送”. TVでた蔵. 富士ソフト. 2018年2月21日閲覧。
  4. ^ a b ワイヤーアクション (2018年3月26日). “乃木坂工事中|2018/03/26(月)放送”. TVでた蔵. 富士ソフト. 2018年3月28日閲覧。
  5. ^ a b ワイヤーアクション (2018年4月2日). “乃木坂工事中|2018/04/02(月)放送”. TVでた蔵. 富士ソフト. 2018年4月4日閲覧。
  6. ^ a b ワイヤーアクション (2018年7月9日). “乃木坂工事中|2018/07/09(月)放送”. TVでた蔵. 富士ソフト. 2018年7月11日閲覧。
  7. ^ a b ワイヤーアクション (2018年7月16日). “乃木坂工事中|2018/07/16(月)放送”. TVでた蔵. 富士ソフト. 2018年7月18日閲覧。