ノート:ホンダ・ジャズ (オートバイ)

ナビゲーションに移動 検索に移動

「一見すると大柄に見えるが(略)意外にもコンパクト」について[編集]

2015年4月16日から17日における版において、 Kamosita yasukoさんとしまあじさん、そして私Platinum-phantomの編集で記述内容が行き来していましたので、経緯は省略しつつ編集の趣旨についてコメントしておきます。

独自研究範囲として指定された対象は「スタイリングは一見すると大柄に見えるが、ホイールサイズがフロント16インチ、リヤが12インチと小さく、燃料タンクは6リッター、全長は1910mm、シート高は600mm、と意外にもコンパクトな仕上がりとなっている。」が全文となります。なんとなく納得しそうですが、これを分解すると以下の通り。

  • (1) スタイリングは一見すると大柄に見える(が、)
  • (2) ホイールサイズがフロント16インチ、リヤが12インチと小さく、燃料タンクは6リッター、全長は1910mm、シート高は600mm(、と)
  • (3) 意外にもコンパクトな仕上がり(となっている。)

このうち(2)に関しては仕様諸元なので客観的事実であるわけですが、それを(1)と(3)の間に挟むとなると違和感がありますね。大雑把には、後発のマグナ50(前16後12インチ)とほぼ同格、前後17インチ車のCD50と比べても(車高を除けば)やや大きく、前後12インチ車のエイプ50と比べれば確実に大きい、という感じでしょうか。「(1)と(3)を言わんがための(2)が変」なのか「(2)から導き出された(1)と(3)が変」なのか、ちょっと判断しづらいですけどね。個人的には50ccクラスとしてはズバリ大きいという認識ですが、先に挙げたのが50/90ないし50/100で共用フレームの車種なので、125ccクラスの車体を基準にするとまた変わってくると思いますが(もっとも125ccと同車格の50ccはデカイと言わざるを得ないかと)。このサイズを大きいと取るか小さいと取るかは、人それぞれ基準が違うでしょう。

単なるレビューとしてはありがちな文章とは思いますが、数値を例示して感想を述べるという手法は百科事典的にかなり不自然であり、その観点から現状の最新版では記述の全消去が行われているのではないかと推測します。如何にもありがちな文脈である為、同じパターンで繰り返しがないようにと、ノートへ寄稿した次第です。--Platinum-phantom会話) 2015年4月17日 (金) 05:34 (UTC)