ノート:ベガ

    Vega の語源のアラビア語について[編集]

    コメント 2022年7月時点の版では、「固有名のベガ (Vega) は、アラビア語で『急降下するワシ(ハゲワシ)』を意味する」(出典1:近藤二郎『星の名前のはじまり』(誠文堂新光社、2012年);出典2:Kunitzch, Smart (2006), A Dictionary of Modern Star Names)と記載されていますが、内容が正しくないと思われます。根拠は、出典3:"NASR", Viré, F., in Encyclopaedia Islamica, 2nd edition, vol. 7, pp.1012l-1015l, 特に p1014r です。出典2は確認できていませんが、出典1は確かに、ベガの語源がアラビア語で「急降下するワシ(ハゲワシ)」を意味する、と書かれています。この記載を検証して、ウィキペディアに載せる価値があるか否かについて議論する必要があると思われます。--ねをなふみそね会話) 2022年7月12日 (火) 10:09 (UTC)Reply[返信]

    コメント 出典3には、「アラブの天文学者は、ハゲワシには飛翔と休息という2つの姿勢があると考えた。このことは2つの有名な星の名前に見ることができる。すなわち、(a) 北の星座の17番目、わし座のアルタイル。これは、al-Nasr al-ṭāʾir 「飛翔するハゲワシ」に由来する。(b) 北の星座の19番目、こと座のベガ。これは、al-Nasr al-wāqiʿ 「(枝などに)止まっているハゲワシ」に由来する。」という記載があります。al-Nasr al-wāqiʿ の意味を、アラビア語の辞書を引いて確認しても、出典1が書いている「急降下するワシ(ハゲワシ)」という意味は引き出せず、出典3が書いている「止まっているハゲワシ」こそが正しいと思われます。--ねをなふみそね会話) 2022年7月13日 (水) 10:32 (UTC)Reply[返信]
    返信 によるこの項目の2007年11月18日 (日) 20:11時点における版 (UTC) をご覧になってください(差分)。この編集では「ソースを出せ!」とのレスポンスを期待して意図的に出典を秘匿したのですが、その後どなたからもツッコミを頂けなかったので出せずじまいでした。さて、当該箇所の出典は、鈴木孝典(東洋大学教養教育センター)「スーフィーの『星座の書』」『科学史の散歩道』[1](2007年9月25日閲覧、現在はリンク切れのよう)です。ねをなふみそね さんが参照された『イスラム事典』も、おそらく、この「アラブの天文学者」であるところのアッ・スーフィーの記述に基づいているものと思われます。--Bay Flam会話) 2022年7月16日 (土) 08:05 (UTC)Reply[返信]
    返信 10世紀のアブドゥッラフマーン・スーフィー以前にも、9世紀のフナイン・イブン・イスハークがプトレマイオスの『アルマゲスト』を翻訳しており、出典3(Encyclopaedia Islamica)はそれら「アラブの天文学者」の著作を総合的に参照していますね。「北の星座の何番目」という表現は『アルマゲスト』第7巻,第8巻の「星のカタログ」を下敷きにしています。ところで、al-wāqiʿ という語には「(獲物を狙って)急降下する」という意味合いは含まれず、al-Nasr は「ワシ」を意味しません。これは文献3によっても一般的に手に入るアラビア語辞書によっても確認できます(さらに言えば、意図的に秘匿された出典によっても確認できるようです)。出典1には記載のある「固有名のベガ (Vega) は、アラビア語で『急降下するワシ(ハゲワシ)』を意味する」という記述を取り除いて、Bay Flam さんの2007年11月18日ごろの記載に近づけようと思うのですが、大丈夫ですかね。文献に記載のないことを除去するのなら議論する必要もないのですが、文献1にばっちり書いてあることを除去するので、一応、ノートページで不特定多数に検証を呼び掛けています。--ねをなふみそね会話) 2022年8月2日 (火) 05:50 (UTC)Reply[返信]