ノート:ブラックフェイス

ページのコンテンツが他言語でサポートされていません。

外部リンク修正[編集]

編集者の皆さんこんにちは、

ブラックフェイス」上の8個の外部リンクを修正しました。今回の編集の確認にご協力お願いします。もし何か疑問点がある場合、もしくはリンクや記事をボットの処理対象から外す必要がある場合は、こちらのFAQをご覧ください。以下の通り編集しました。

編集の確認が終わりましたら、下記のテンプレートの指示にしたがってURLの問題を修正してください。

ありがとうございました。—InternetArchiveBot (バグを報告する) 2017年9月18日 (月) 06:47 (UTC)返信[返信]

外部リンク修正[編集]

編集者の皆さんこんにちは、

ブラックフェイス」上の6個の外部リンクを修正しました。今回の編集の確認にご協力お願いします。もし何か疑問点がある場合、もしくはリンクや記事をボットの処理対象から外す必要がある場合は、こちらのFAQをご覧ください。以下の通り編集しました。

編集の確認が終わりましたら、下記のテンプレートの指示にしたがってURLの問題を修正してください。

ありがとうございました。—InternetArchiveBot (バグを報告する) 2019年2月19日 (火) 15:02 (UTC)返信[返信]

ヒップホップについて部分[編集]

こんにちは。まだ日本語を学習中のアメリカ人だから少しわかりにくい日本語をお話ししてすみません。

この項目には日本ヒップホップにつきまして部分があるけど、日本ラップの大ファンとしましては、その部分の主張は本当に大事なことですけど、ソースをお調べしたらソースの大半は日本ラップに全く関係ありません。

日本のヒップホップでは、ブラックフェイスは「黒塗り」などと呼ばれ、ヒップホッパーのサブカルチャーは「ブラパン」スタイルとされている。」

その文のソースは脚注129だけど、このソースはアメリカの昔前のミンストレルショーにつきまして。ソースは日本のことまたはいかねるラップのことが全然触れません。同様に、脚注131は日本ゲームにつきまして消しましたKotaku項目だからやはりラップのことが触れません。脚注132は本だからそれを調べることは難しいけど、Google Booksにこの本の中「Japan」をお調べしたらブラックフェイスは触れませんでした。

「文化的に差別的流れになっているにもかかわらず、日本ではブラックフェイスはヒップホップの流行の証となった。」

この文のソース、脚注130だけは日本のヒップホップカルチャーの中ブラックフェイスを触れました。この論文誌には写真証拠もインタビューがあるから、きっと信頼性と思いますけど、25年以上前にお書きましたので文の現在形な感じはまだ不正確ですと思います。さらに、ほかの関係ありませんソースまだ説明しません。

これがなぜなのかどなたかご存じますか?誠にありがとうございます。

~アナベル--Myforce2001会話) 2023年1月25日 (水) 05:27 (UTC)返信[返信]