ノート:パシュトゥーンワーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

改名提案[編集]

  • 宮田律の新書『イスラム潮流と日本』は、「パシュトゥンワーリー」と記載しています。
  • 2018年8月時点のウィキペディア、パシュトー語版は下記1のつづりとしており、ペルシア語版やウルドゥー語版等は下記2のつづりとしています。
  1. پښتونولي
  2. پشتونوالی
  • つづりに従って機械的にカナ転写すると、1はパシュトゥーンワリー、2はパシュトゥーンワーリーになります。
  • 私はパシュトー語にまったく詳しくありませんが、2018年現在の dewp には "dem Partizip Präsens wal (وال, „habend“, gleichbedeutend mit dem persischen dar) und dem Suffix -i (ی, ähnlich wie -keit, -heit oder -tum im Deutschen), sodass er etwa mit Paschtunentum übersetzt werden kann. " という記載があり、وال の記載の方が本来のつづりであるようです。
  • イラン系言語は単語末に強勢が来るので(少なくともペルシア語はそう)、最後を長母音にしないカナ転写は奇妙です。
  • 以上に勘案して、パシュトゥーンワーリーか、パシュトゥンワーリーに改名することを提案します。--ねをなふみそね会話) 2018年8月14日 (火) 09:45 (UTC)
チェック 改名しました。--ねをなふみそね会話) 2018年8月27日 (月) 10:03 (UTC)