半保護されたページ

ノート:エジプト

ナビゲーションに移動 検索に移動

ウィキプロジェクト イスラーム (記事品質: スタートクラス、重要度・最高に指定されています。)
Kaaba mirror edit jj.jpg この記事「エジプト」は、イスラームを対象としたウィキプロジェクトであるウィキプロジェクト イスラームの関連記事です。
スタートクラス記事 スタート  プロジェクト:イスラーム/執筆支援/第5回によって、この記事はスタートクラスに分類されています。
 最高  この記事は、プロジェクト:イスラーム/執筆支援/第5回によって、 重要度・最高とされています。



右上のinfobox(基本情報表)の最上部にある国名のラテン文字転写を、そのまま残しておきました。履歴を見ると「IPA的にしてみる」とあり、このIPAがいったい何のことなのかちょっと興味があったというのもあります。ネットで検索してもヒットしませんし、紙媒体の資料でも見たことないので、果たしてこういうものが本当にあるのか、あるとしてどれだけの普及度があるのかちょっと確認していただけると助かります。oxhop 11:41 2004年6月16日 (UTC)

IPA表記として不完全なものであり、転写・翻字としてもおかしいので削除しました--Yoyo182 2011年6月16日 (木) 08:50 (UTC)[返信]

エジプトの名の由来

英語を通じて日本語に入った「エジプト」の名は古代ギリシア語で「暗い」を意味するアイギュプトス (Αιγυπτος Aigyptos) に由来している

とのことですが、Webで検索したところ、以下のようなサイトがありました。

手持ちの「平凡社 国民百科事典-エジプト」によれば「Egypt:エジプトの名はギリシア語のアイギプトス(暗いの意)に由来する。」とあることから私の方で「暗い」と付け加えました。--赤井彗星 2006年9月7日 (木) 14:33 (UTC)[返信]

{{要出典}}を貼り付けたRedattoreです。英語版を読んだときにこの部分を覚えていたので、疑問を感じました。英語版には2つの説が紹介されています。
The English name "Egypt" came via the Latin word Aegyptus derived from the ancient Greek word Αίγυπτος (Aigyptos). According to Strabo, Αίγυπτος (Aigyptos), in ancient Greek meant "below the Aegean" (Aἰγαίου ὑπτίως, "Aegaeou uptiōs"), and was formed by the combination of the two words. It has also been suggested that the word is a corruption of the ancient Egyptian phrase hwt-k3-pth meaning "home of the Ka (Soul) of Ptah", the name of a temple of the god Ptah at Memphis. とあります。出典は、[ttp://www.touregypt.net/featurestories/kmt.htm The Origin of the word Egypt]となっております。
below the Aegean説だと、「エーゲ海の下」でしょうし、もう一つの節だと、「プタハ神殿にある魂の家」という意味になります。
エジプトに関して手持ちの書籍はほとんどありませんが、「アフリカを知る事典」、平凡社1989年、を見ると、p.49に国名の由来があります。ここには、古都メンフィスの別名フウト・カ・プタハ Hut-ka-Ptah (hの下に小さな黒丸が付きます) に語源があると考えられているギリシャ名アイギュプトスが転訛したものとあります。
最後に、平凡社の国民百科事典の記述(第一巻のp.411c)を確認しました。確かに、「アイギプトス(暗いの意)に由来する」とありますね。
結局、私の方には3つ(もしくは2つ半)の説があります。したがって、「暗い」と言い切るにはもう少し資料を集めなければならないと考えます。他の編集者に心当たりがありますので話をしてみます。---Redattore 2006年9月7日 (木) 15:13 (UTC)[返信]
TENさんから、語源について説明をいただきました。ご参考まで。---Redattore 2006年9月9日 (土) 18:52 (UTC)[返信]
なかなか調べる機会が無かったのですが、ネットで百科のエジプトの頁においても「古都メンフィスの別名フウト・カ・プタハに由来するとみられるギリシア名アイギュプトスの転訛」とあり、さらに「古代エジプト人は自国のことをケメト(〈赤い〉砂漠に対する〈黒い〉土の国の意)、タ・ウイ(上エジプトと下エジプトの〈二つの国〉の意)などと呼んだ。」とあることから、先に私が参照した平凡社国民百科事典の記述が誤りではないかと思われます。--赤井彗星 2006年10月2日 (月) 14:38 (UTC)[返信]
私の方もTENさんに教えていただいた「大英博物館 古代エジプト百科事典」を入手したばかりで、あまり調べものが進んでおりません。同書によると、ケメトとはナイルの黒い氾濫泥に覆われた自らの国土を指すそうです(表現は変えてあります)。タ・ウイについては言及がありませんでした。---Redattore 2006年10月2日 (月) 15:31 (UTC)[返信]

国境線について

エジプトの国境がなぜ真っ直ぐなラインなのかを調べたくてこちらを見ましたが、書かれておりません。同様の疑問を持つ方もいらっしゃると思いますので、俗説などでもかまわないので(俗説である旨は書き添える必要があるでしょうが)掲載して頂けないでしょうか?

正確なことは知らないので本文には書きませんが、イギリスの誰かが定規か何かで国境線を引いたのではないでしょうか? (本文によれば「1882年 - 1922年 (イギリス領)」。植民地だった国では国境は直線の場合が多い。それが後世問題になることも多い?)--Syrotyna 2008年11月19日 (水) 11:06 (UTC)[返信]

アラビア語名مصرの由来について

軍営都市をمصرというのは正しいですが、これがアラブ征服後にエジプトの総称になったという説には疑問を感じます。これではコーランにمصرと出てくる事実を説明できません。(コーランがフスタート建設以後に作られたものだと主張するのなら話は別ですが)--Mocuxuge 2007年3月31日 (土) 01:46 (UTC)[返信]

他国語版でもمصرはヘブライ語のמצריםなどと同源の古いセム語に由来するという説しか見られませんし、半年たってもどなたも出典を明示してくださらないので、段落ごと削除いたします。--Mocuxuge 2007年9月23日 (日) 16:04 (UTC)[返信]

軍営都市とエジプトが共にمصرであるのは、偶然の一致なのでしょうか? それとも後者が前者の由来なのでしょうか?--Syrotyna 2008年11月19日 (水) 10:47 (UTC)[返信]