ノート:ウルトラセブンの登場怪獣

ナビゲーションに移動 検索に移動


このページは一度版指定削除されています。削除に関する議論は「Wikipedia:削除依頼/ウルトラマンゼロ」をご覧ください。

  • ゴース星人の記述についてなんですが、『親分~』のやり取りは無いと思いますけど。--221.119.122.80 2005年12月14日 (水) 11:26 (UTC)[返信]

記事統合及び分割の提案[編集]

本項目が80キロバイト超と大きくなってきましたので、分割を提案します。帯番組ながら複数の作品に登場しているゴーロン星人、フック星人、ゴース星人をそれぞれ独立。ナースをウルトラセブン誕生35周年“EVOLUTION”5部作#円盤竜と統合し「ナース (ウルトラ怪獣)」に。スペル星人をウルトラセブン#第12話の欠番についてと統合して独立したいと思います。

ナースについては微妙ですが、全く関連性がないとは言い切れないので一箇所で説明したほうがいいのではないかと考えます。スペル星人について、ウルトラセブンの記述が大分大きくなっていますし、第12話の欠番は本来の『ウルトラセブン』の評価とは関係がないものなので、スペル星人の項にあってしかるべきではないでしょうか。以上、よろしくお願いします。--shikai shaw 2007年11月7日 (水) 08:18 (UTC)[返信]

ひとまず分割を完了しましたが、まだ77キロバイトとあまり状況は変わっていません。機会を見て改めて分割を提案します。--shikai shaw 2007年11月20日 (火) 09:00 (UTC)[返信]

ワイルド星人の生命カメラ[編集]

『生命カメラは生命を奪われた肉体に再度照射すると今度は肉体をフィルムに定着させ、生命と肉体はフィルムの現像によって一体化して復活するという構造になっており、ダンたちは偶然からマウスでの実験を経てこれを理解したアマギたち技術者陣によって救出される。』とありますが、マウスではなくてモルモットです。劇中でもモルモットと言及しています。--240D:1:7903:1300:A52F:F1C1:F664:904 2020年11月11日 (水) 09:41 (UTC)[返信]