ノート:ウィレムスタット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

改名提案[編集]

記事名をウィレムスタットにすることを提案します。今、私が調べている範囲で認識している表記揺れは以下のとおりです。

  • ウィレムスタット
    • コンサイス外国地名事典(第3版)
    • 百科事典マイペディア電子辞書版
    • 今がわかる時代がわかる地図帳2009年版
    • なるほど知図帳世界2013
    • 世界遺産アカデミー監修の各種関連書
    • 『新訂版 世界遺産なるほど地図帳』(講談社、2012年)
    • 布野修司編著 『近代世界システムと植民都市』京都大学学術出版会
    • コトバンク
  • ヴィレムスタット
    • 世界遺産年報(日本ユネスコ協会連盟)
  • ウィレムスタト
    • ブリタニカ国際大百科事典小項目電子辞書版
    • 古田陽久監修の各種世界遺産本

以上、細かい揺れはあるものの、「-スタッド」と表記している例は見当たりません(布野氏の著書に関与した松本玲子氏の過去の論説にそういう例を1つ見出していますが、一番新しい上記文献でその表記が採られていない以上、放棄されたと考えるべきでしょう)。

もちろん、「-スタッド」としている文献もあるでしょうが、(おそらくこの都市に触れる頻度が高いであろう)各種世界遺産本で見当たらないとなると、どの程度広く用いられているか不鮮明です。地名事典、市販の地図帳、建築学者の文献でも「ウィレムスタット」となっている以上、そちらを優先すべきではないかと考えます。--Sumaru会話) 2013年7月21日 (日) 04:25 (UTC)

報告移動しました。--Sumaru会話) 2013年7月28日 (日) 03:54 (UTC)