ノート:イオン

    ”マイナスイオン”という用語は、最近特に見聞きするようになりました。検索してみると確かにまことしやかな定義や説明の記事がありますが、非常に”胡散臭い”部分もあり、また学問用語(学術用語)として存在するか(してきたのか)非常に疑問があります。もし、実はこの用語が、学問用語として定義、利用されている分野がある場合(或いは携わっている方がいる場合)は、本記事の修正を望みます。43.244.12.154 19:51 2003年5月4日 (UTC)

    曖昧さ回避の体裁について[編集]

    日本においてIonに匹敵するメジャーな用法であるAEONを曖昧さ回避ページに隔離してクリックの二度手間を強いるのは閲覧の利便性の点でかなり問題があると思われますが。AEONを意図してこのページに誤リンクしているリンク元の数も参考までに考慮して下さい。冒頭のanotheruselistが鬱陶しいという理由であれば平等な曖昧さ回避への改変も視野に入れるべきでしょう。--Yoriyori 2006年10月17日 (火) 10:05 (UTC)返信[返信]

    平等な曖昧さ切り替えも含めて同感です。この程度の量の説明書きに対して感ずる「鬱陶しい」というような感情は、主観的に生ずるものというほかないでしょう。曖昧さ回避が別ページ立てになるのは許容できるとして、「会社のイオン」にまつわる記述自体を極端に省略しようとする一部編集には、直しを入れて然るべきだと思います。--222.2.112.226 2006年12月7日 (木) 12:37 (UTC)返信[返信]

    初学者への対応[編集]

    Wiki全般の話にもなってしまいますが、 「イオン」が何かと知りたくて引いた人(例えば中学生)には失望する内容になっていると思います。世界大百科事典的でない内容がWikiには望まれると思います。  私自身教諭経験がないのでどういうイオンの導入的、概念的説明が初学者のために良いのか分からないので編集できないのですが、正確性を期した節に加えて初めてイオンを調べる人のための節の増設を望みます。--以上の署名のないコメントは、24.167.74.145会話)さんが 2007年7月13日 (金) 19:43 (UTC) に投稿したものです(Zimanによる付記)。返信[返信]

    僕もそう思います。複雑な内容が多い上にリンクされているページに進んでもまた複雑な内容、という状態で全く調べれません。知識のある方に改善を望みます。--aty1247 2007年12月16日 (日) 04:59 (UTC)署名修正--Ziman 2008年4月16日 (水) 09:14 (UTC)返信[返信]

    僕は、初学者向けのページを作ればよいと思います。たしかに、高校生でも難しいです--おきまんちゃん 2008年1月13日 (日) 16:13 (UTC)返信[返信]

    私自身もせいぜい高校生レベルの知識を有していないですが、初学者のためにこそウィキブックスがあるのだと思います。一度のぞいてみたらいかがでしょうか。--Ziman 2008年4月16日 (水) 09:14 (UTC)返信[返信]

    質問:「アニオン」と「カチオン」について 一般に「アニオン」≡ 陰イオン,「カチオン」≡ 陽イオンと説明されていますが,以前に教えられたこととして, 「アニオン」は陽極(アノード)に集まるイオンで,「カチオン」は陰極(カソード)に集まるイオンであって,それぞれが陰イオン,陽イオンを意味するのではないと説明されました。すなわち,電気分解や電池の放電ではこの対応が正しいのですが,電池の充電の時には逆になると聞いています。

    配位化合物の名称について[編集]

    IUPAC無機化学命名法(2005)において、配位子の名称の変更が勧告されています。

    今後の編集の際には御留意ください。--Y Asam2014/2/14(金)12:10(UTC)

    リダイレクト「イオン式」について[編集]

    別の記事の他者編集を見て気になったのですが、イオン式はこのページ(イオン)へのリダイレクトというよりは、化学式へのリダイレクトの方がより適切に思います。イオン式はイオンと無関係ではありませんが、イオン式は化学式の一種ですから、転送するなら転送先は化学式のほうがより適切に思いますが、どうなのでしょうか。数週間様子を見て異論がなければ転送先を変更したいと思っています。--郊外生活会話) 2019年2月13日 (水) 06:44 (UTC)返信[返信]