ノート:みどり台駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国際日本文化研究センターの所蔵地図データベースに登録されている千葉市新地圖(昭和12年) http://tois.nichibun.ac.jp/chizu/santoshi_2366.html によれば、浜海岸駅は現在のみどり台駅よりもかなり稲毛寄りにあったようです。 おそらく今の番地で言うと、黒砂二丁目1番地の辺りだと思うのですが、その点について情報お持ちの方はいらっしゃいませんか?--Masasuke 2009年7月10日 (金) 08:04 (UTC)

直接お役に立てる情報は持たないのですが、非常に興味深い位置ですね。というのもみどり台駅の西側に並んだ京成稲毛駅、検見川駅、京成幕張駅、京成津田沼駅、谷津駅のいずれもが古くからの集落の地理的な基礎になっている谷津田地形をまたぐ直前(谷津駅と津田沼駅は西側、稲毛駅~幕張駅は東側)に建設されているのに対し、みどり台駅と黒砂の谷津田の距離が少々離れすぎていることに以前から疑念を持っていたからです。この古地図の浜海岸駅は、まさに黒砂の谷津田を東からまたぐ直前の台地上にあります。あるいは東京帝國大學第二工学部建設にあわせて大学からの利便性のよい位置に駅の移設を行ったのかもしれません。第二工学部関係の文献を調査すれば検証できるかもしれません。--ウミユスリカ 2009年7月10日 (金) 18:19 (UTC)