ノート:せんげん台駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

停車駅を巡って地元自治体間(当駅の場合、越谷市と春日部市)に軋轢が発生するのを避けた為と言われる。 と書かれていますが、

現地で定説となっているのは、 当時準急(現在の急行に相当)停車駅には大手のスーパーが進出してくるのというのが、当時の商店街の認識であり、 東武鉄道が、当時大袋駅に準急を停車させることを検討した際に、大袋の商店街が反対したため、 という理由です。

準急を停車させるための設備として、大袋駅には引込み線が設けられ、 その引込み線があまり使われなかったのは、そういう事情からだ、と言われています。——以上の署名の無いコメントは、220.147.251.158ノート/Whois IPv4IPv6)さんが 2006年11月5日 (日) 16:14 (UTC) に投稿したものです。

事実、せんげん台駅開業後、しばらくしてイトーヨーカドーが出店しています(2005年閉店)。——以上の署名の無いコメントは、220.147.251.158ノート/Whois IPv4IPv6)さんが 2006年11月5日 (日) 16:16 (UTC) に投稿したものです。

駅周辺の記述について[編集]

本項は度重なるLTA:HATによる恣意的商業施設記述により、2009年11月23日 (月) 08:06 (UTC)より無期限の半保護となっております。この状況下で当該荒らしのソックパペットと推察される利用者:小林香代子会話 / 投稿記録 / 記録により、当該荒らしの特色である、ノジマの携帯ショップを殊更に強調する(セブンタウンせんげん台店には、ノジマグループのテレマッックスの携帯ショップが出店しております)向きの編集がなされましたので、差し戻しを実施しました。

つきましては、2011年5月6日 (金) 15:53 (UTC) 版の内容を基準に、掲載範囲の選別について議論を賜りたく存じます。なお、私としては、当該版を基準にしてもセブンタウンの記述はセブンタウンせんげん台ザ・プライスのみに留められるものと考えます。--七之輔/e56-129 2011年5月6日 (金) 22:45 (UTC)一部修正--七之輔/e56-129 2011年5月10日 (火) 12:33 (UTC)

なお、イオンの旧サティ表記のみは、利用ガイド的事象と判断し、除去いたしました。--七之輔/e56-129 2011年5月10日 (火) 12:33 (UTC)
セブンタウンだけ画像を出す理由を説明して下さい。これだけ掲載するのは中立的な観点に反していますし、セブンタウンだけを宣伝しているとしか思えません。--かわしましょうご 2011年5月11日 (水) 07:03 (UTC)
コメント 上記発言者はLTA:HATソックパペットとし無期限ブロックされていること、ご報告いたします。なお、ノートの発言には;見出しを使用せず、:箇条書きをご使用くださいますようお願いいたします(投票等、*を使う方が望ましい場合を除きます)。--七之輔/e56-129 2011年5月11日 (水) 13:30 (UTC)