ノースフィールド・マナー・ハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノースフィールド・マナー・ハウス
Northfield Manor House
概要
自治体 バーミンガム
イングランド
座標 北緯52度25分42秒 西経1度57分34秒 / 北緯52.42827度 西経1.959311度 / 52.42827; -1.959311座標: 北緯52度25分42秒 西経1度57分34秒 / 北緯52.42827度 西経1.959311度 / 52.42827; -1.959311
建設関係者
所有者 バーミンガム大学

ノースフィールド・マナー・ハウス(Northfield Manor House)は、イングランド中部バーミンガム郊外のノースフィールド(Northfield)にあるマナー・ハウス。かつて、ジョージ・キャドバリーとその妻エリザベスの邸宅であった。その後、キャドバリー家はこの邸宅をバーミンガム大学に寄贈したため、近年まで大学の施設として使用されていた。現在も同大学が所有している。

このマナー・ハウスの場所には、もともとジャーヴォワーズ(Jervoise)家が所有するノースフィールドの荘園(マナー)の一部として、1750年ころには農場の建物があったことが記録されている[1]1809年にロンドンの商人であったダニエル・レッザム(Daniel Ledsam)がこの屋敷を購入した[1]。このレッザムが、既に存在していた建物に様々な増改築を加え、現在の主屋の形態を作り上げたと考えられている[1]

ジョージ・キャドバリーは1890年にこの邸宅を購入し[1]1894年には、バーミンガム郊外のセリー・オーク(Selly Oak)にあったウッドブルック(Woodbrooke)の邸宅(後のウッドブルック・クエーカー・スタディ・センター)から当地へ移り住んだ。キャドバリー夫妻は、ジョージが没した1922年まで当地でともに暮らし、未亡人となったエリザベスもそのまま1951年に93歳で死去するまでここに住んでいた。

建物はその後、ホランド・W・ホビス(Holland W. Hobbiss)の手で学寮に改装され、さらに増棟された。

建築様式としては、チューダー様式の石と煉瓦を中心にしつつ、木材によるフレーミング工法を取り入れており、突き出したポーチ(車寄せ)と湾曲した出窓は、初期のキャドバリー社の工場建築を設計したジョージ・ガッド(George Gadd)の設計による可能性が高い。内装は、羽目板や彫刻装飾類を多用したジャコビアン様式によっている。

この建物は、地元ではグレードAの保存建築とされており、重要文化財建築物(listed building)としての登録申請が行なわれたこともあったが、2010年イングリッシュ・ヘリテッジによってこの申請は却下された[1]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e English Heritage advice report (PDF)”. English Heritage (2010年12月6日). 2012年2月17日閲覧。

外部リンク[編集]