ノーザンテリトリーの地方自治体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2008年7月に改編された新しい地方自治体
改編前の地方自治体

本項では、オーストリア北部の準州ノーザンテリトリー地方自治体Local Government)、およびその行政区画(Local Government Areas, LGA)について解説する。

概要[編集]

ノーザンテリトリーは複数の地方自治体(基礎自治体)によって運営されており、主として都市部をカバーする市および町Municipality)、非都市部をカバーするShireに分類される。また、これら地方自治体が存在しない未編入地域Unincorporated Area)も存在する。

2008年7月の改編以前は地方自治体の数は61を数えたが、現在では統廃合により17の地方自治体(未編入地域は全体で1つとみなす)が存在する。

市および町[編集]

[編集]

未編入地域[編集]

  • ヌランベイ地域 (Nhulunbuy)
    ノーザンテリトリーの北東端、ゴヴ半島の先端に位置する人口5000人程度の町。未編入地域ながら、ノーザンテリトリー内ではかなりの規模の町である。
  • アリャングラ地域 (Alyangula)
    準州の東部に位置するグルートアイランド島北西端の、鉱山会社の保有する町。
  • トップエンド未編入地域 (Unincorporated Top End Region)
    準州最北部のトップエンドに位置し、ダーウィンを中心とした都市圏を取り囲むように存在する、19263.22 km²に及ぶ広大な面積を有する未編入地域。
  • イースト・アーム地域 (Darwin Rates Act Area)
    ダーウィン市街地より南東に位置する。
  • ユーララ (Yulara)
    準州南部にある唯一の未編入地域で、世界的に有名な観光地であるウルルに最も近い集落。