ネザーランド・ドワーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ネザーランド・ドワーフの成獣(ブルー)
ネザーランド・ドワーフの幼獣(ヒマラヤン)
同個体の腹側

ネザーランド・ドワーフNetherland Dwarf rabbit)は、オランダに起源を持つカイウサギの一品種である。生物学上の分類ではウサギ科アナウサギ

名称のネザーランドNetherland)はオランダオランダ語:Nederland、ネーデルランド)のことで、「オランダの小型種(ドワーフ)」を意味する。


概要[編集]

カイウサギの中では小型のウサギで、体重は約0.8 - 1.2kgである[1]。生物学上の分類となるアナウサギの中では、極端に耳が短く体も小型で、仔ウサギのような外見が特徴。ネザーランド・ドワーフは、ペットやラビットショー出展目的で飼われている。

アメリカのウサギのブリーダー・クラブの『スタンダード・パーフェクション』(プロポーションの規定)によると、理想体重は907g、最大1134gまでとされる。しかし、これに当てはまらなくともウサギとしては何ら問題はない[2]

この種類のウサギは小さいため、一般的に毛皮や食肉用途に用いられることはない。

小型な体格から、中~大型ウサギに比べ小スペース、小型ケージで飼育できると思われ、人気は高いようである。他の品種より小さいが、ネザーランド・ドワーフはとても活発で、全てのウサギ同様、運動したり動き回ったりするのに十分なスペースと広さを必要とする。小型種だから、小さなスペースしか必要ないと思うのは大きな間違いである。


歴史[編集]

ネザーランド・ドワーフは20世紀初頭にオランダで作成された品種である。イギリス原産の小型で小耳のポーリッシュ(ポリッシュ)(Polish rabbit)種(体重 0.45–0.91 kg)と小型の野生アナウサギ[1]種で交配され、数世代を経て多様な色のカイウサギとなった。イギリスには1948年に初めて輸入され、アメリカには1960年-1970年に初めて輸入された[3]

日本では、商業目的でなぜか事実に反しピーターラビットモデルとして販売や紹介されたりもするが、生態モデルはイギリス人の絵本作者ポター(1866-1943年)が家で飼っていたペットで、耳の長いアナウサギがモデル。ピーターラビットが創られた時期(1893年~)にネザーランド・ドワーフ自体存在せず、ポターの死後、1948年にイギリスに初めて輸入された品種である。

この品種は1969年、アメリカン・ラビット・ブリーダーズ・アソシエーションARBA[4]に認定された[1]。このARBAの認定は、英国基準を一部変更して使用している[5]

初期(1970年-1980年代)のドワーフ種は凶暴で、しばしば攻撃的性格をも持ち合わせた。これは、小型化のために野生品種動物を交配に用いた結果でもある。そのため初期のドワーフ種はカイウサギより野生ウサギのような行動形態を持ち、ペットとしては不向きであった。しかし、数世代にわたる選択的な育種により、現在のネザーランド・ドワーフに見られるような、温和で、友好的なペットとして変化した。だが、大型のウサギよりもっとエネルギッシュな性質を維持している。

ネザーランド・ドワーフは、驚きやすく、野生的で、人に懐きにくい場合もある。これは初期の品種改良による典型的な痕跡である。しかし、他の生物と同様、性質は固体によりけりになる。

外観[編集]

ネザーランド・ドワーフの頭と目は、体のプロポーションに反し大きく(小人症遺伝のため)、耳は小さく立ち耳、頭頂部に位置する。そして、顔は丸く短い。コンパクトで丸い身体をしている。これらの特徴は、小人症によるものであり、ネオテニー(幼形成熟)は大人になっても幼く見えるからである。

ドワーフの交雑品種は、しばしばこれらの特徴を持つが、交配した品種による。しかし、交配種の場合は、純血種の様な幼っぽさはなく、大概いくらか大きくなる。 

純血品種には、様々な色が存在する。 ヒマラヤン、ブラック、ブルー、チョコレート、リラック、スモールパール、セーブルポイント、亀甲、チェストナット、シャムセーブル、オパール、リンクス、リス、チンチラ、カワウソ、褐色、シルバー テン、セーブル テン、スモークパール テン、オレンジ、鹿、鉄、碧眼ホワイト、ルビー眼ホワイトなど。

交雑品種[編集]

ペットショップでは、ネザーランド・ドワーフなどの品種と交配した雑種や派生種などをピーターラビットやミニウサギとして販売している。血統書付きの純血種より安価である。ネザーランド・ドワーフ純血種の容姿より、一般的なアナウサギ種の顔型である面長になったり、大きくなったりする。 ネザーランド・ドワーフ純血種の特徴とかけ離れた、耳が長く体が大きめの個体が「ネザーランド・ラビット」と表記し販売されることもある。

ドワーフ種[編集]

ネザーランド・ドワーフ種と交配した小型「ドワーフ種」の品種。 ネザーランド・ドワーフ種と大型種のフレンチ・ロップを掛け合わせ派生した、垂れ耳のホーランド・ロップのホーランド(Holland、ホラント)も、オランダを意味する語(日本語の「オランダ」の語源。オランダ#国名を参照)で「オランダの垂れ耳種」を意味している。 その他に、ミニレッキス、ジャージー・ウーリーなどがいる。


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c ウサギ 改訂2』(p51)より。
  2. ^ ザ・ウサギ』(p8)より。
  3. ^ American Rabbit Breeders Association (2000). Official Guide Book: Raising Better Rabbits & Cavies. Bloomington, IL: American Rabbit Breeders Association, Inc. p. 65.
  4. ^ ARBA(American Rabbit Breeders Association, Inc.)は、アメリカにある団体で、ウサギの公認品種を決定し、その品種の基準を作成し、管理している -- 『うさぎの時間 no.1』(p24)より。
  5. ^ American Rabbit Breeders Association (2000). Official Guide Book: Raising Better Rabbits & Cavies. Bloomington, IL: American Rabbit Breeders Association, Inc. p. 65.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]