ニーシャープール鉄道事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ニーシャープール鉄道事故(ニーシャープールてつどうじこ)とは2004年2月18日イランニーシャープール付近のハイヤーム英語版という村で発生した鉄道事故である。真夜中、暴走した貨車が村に衝突・爆発し300人以上が死亡し村全体が破壊された。

事故の経過[編集]

脱線[編集]

事故の発端はアブー・ムスリム駅の側線に停車中のニーシャープールで硫黄や肥料、石油、原綿を積載した51両の貨車が暴走したことであった。貨車は線路を約20km下って脱線し、ハイヤームの町へ向かって築堤から転落した。衝突時、貨車に誰か乗っているかどうかはわからなかったが、近隣の町すべてから地元のレスキュー隊が中に閉じ込められたかもしれない人の救助や残骸の中で発生した小規模な火災の消火のために現場へ到着した。

化学物質の漏出[編集]

貨車の積荷はすべて非常に爆発しやすいかまたは非常に燃えやすい物質であり(しかしイランの鉄道当局は事故発生以前にそれらのうちどれも「危険」と分類していなかった)、それらは事故後漏出していた。小規模な火災が延焼するなか数人の地元の政治家や鉄道の上級職員を含む地元の人々の大群衆が救助作業を見ようと集まった。

爆発[編集]

片付け作業の最中、貨車の積荷が爆発した。伝えられるところによればとTNT180トンと同等の威力であった。爆発によりハイヤームは壊滅し近くの町のエイシャーバード英語版デフノウ英語版タギーアーバード英語版も大きな被害を受けた。爆発は70km離れたマシュハドの町で感じることができた。爆発により村全体が破壊され地元のレスキュー隊や政府職員全員が死傷した。こごえるほど寒い天候にもかかわらず列車の残骸や村は数日間燃焼・爆発し続けた。

死者数[編集]

総死者数は知られていない。政府当局は182人の救助隊員や政府職員を含む、295人の死亡が確認され460人以上が負傷したと確認した。

イスラム革命防衛隊[編集]

爆発の後、多くの救助隊員が負傷者、閉じ込められた人、行方不明者、死者を手伝うために集まるなか、イスラム革命防衛隊の軍隊は召集され治安維持を維持できるようにした[要出典]。4つの村は後に「完全に破壊された」と言われた[要出典]

原因[編集]

初期のレポートは「微震 ("earth tremors")」により貨車が暴走を始めたとしたが、既に信頼できないものとされている。また徹底的な調査は今までどのように正確に貨車がニーシャープールからハイヤームまで自走することができたのかやなぜ大量の非常に可燃性の高い積荷が貯蔵され一緒に運搬されたのか、なぜもっと早く事故の詳細が発見されなかったか(発見されていれば避難の時間が確保できた)などの発見に失敗している。イランの運輸大臣のアフマド・ホッラム英語版の陳述によると事故直後に自然要因は災害の原因ではなく、停車中の車両を操作できる鉄道職員の無能力によるものか悪意によるものかを決定するため調査は進行中であると報告があったとされた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]