ニーシャ・アグルワール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニーシャ・アグルワール
Nisha Aggarwal
生年月日 (1989-10-18) 1989年10月18日(32歳)
出生地 インドの旗 インド マハーラーシュトラ州ムンバイ[1]
職業 女優モデル
活動期間 2010年 -
配偶者 カラン・ヴァレチャ(2013年 - )[2]
著名な家族 カージャル・アグルワール(姉)
テンプレートを表示

ニーシャ・アグルワール(Nisha Aggarwal、1989年10月18日[1] - )は、インドテルグ語映画タミル語映画マラヤーラム語映画で活動する女優モデル。姉は同じく女優のカージャル・アグルワール[3][4]

キャリア[編集]

2010年後半、カージャルは妹ニーシャがテルグ語映画で女優デビューすることを公表した[5]。女優デビューのきっかけは、映画監督のサンパティ・ナンディ英語版がニーシャの写真が載っている雑誌を見たことであり[6]、デビュー作『Yemaindi Ee Vela』は興行的な成功を収めた[7]。ニーシャの演技も批評家から高い評価を得ている[8]。2011年公開の『Solo』では医学部生を演じ、「ニーシャの演技の才能は映画の後半、特にクライマックスで証明されている」と評価された[9]

2012年公開の『Ishtam』でタミル語映画デビューしたが、同作は興行的に失敗している[10][11]。2013年に『Sukumarudu』でアーディ英語版バヴナ・ルパレル英語版と共演した[12]。同年6月には『Saradaga Ammayitho』に出演し、『Yemaindi Ee Vela』で共演したヴァルン・サンデーシュ英語版と再び共演している。2014年には『Bhaiyya Bhaiyya』に出演してマラヤーラム語映画デビューした[6][13]。同年12月に『Cousins』に出演している[14]

フィルモグラフィ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Nisha Agarwal Biography Age, Height, Weight, Family, Husband Baby & Wiki”. cinevoly (2018年6月2日). 2019年3月18日閲覧。
  2. ^ “Nisha Aggarwal on TeluguFilmnagar.com”. https://www.thetelugufilmnagar.com/celebs/nisha-aggarwal/ 2017年9月28日閲覧。 
  3. ^ Kajal Agarwal's sis to make entry”. IndiaGlitz (2009年12月12日). 2017年9月28日閲覧。
  4. ^ Deepa Soman (2014年5月16日). “Being Kajal's sister helped me: Nisha Aggarwal”. The Times of India. TNN. http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/malayalam/movies/news-and-interviews/Being-Kajals-sister-helped-me-Nisha-Aggarwal/articleshow/35199892.cms 2017年9月28日閲覧。 
  5. ^ Kajal Agarwal Introduces her younger sister Nisha Agarwal”. Telugu.way2movies.com. 2017年9月28日閲覧。
  6. ^ a b Shruti Karthikeyan (2014年6月9日). “You can’t fool the Malayali audience, says Nisha Agarwal”. The Times of India. TNN. http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/malayalam/movies/news/You-cant-fool-the-Malayali-audience-says-Nisha-Agarwal/articleshow/36252761.cms 2017年9月28日閲覧。 
  7. ^ Sunita Chowdhary (2012年7月15日). “High calibre - Hyderabad”. The Hindu. http://www.thehindu.com/todays-paper/tp-features/tp-cinemaplus/high-calibre/article3640957.ece 2017年9月28日閲覧。 
  8. ^ Yemaindi Ee Vela film review – Varun Sandesh & Nisha Agarwal”. Idlebrain.com (2010年11月12日). 2012年7月31日閲覧。
  9. ^ Review: Solo is a one time watch”. Rediff.com (2011年11月25日). 2017年9月28日閲覧。
  10. ^ P Sangeetha (2017年1月16日). “I’m Kajal’s biggest critic: Nisha Aggarwal”. The Times of India. TNN. http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/kannada/movies/news/Im-Kajals-biggest-critic-Nisha-Aggarwal/articleshow/11326630.cms 2017年9月28日閲覧。 
  11. ^ Sangeetha Seshagiri (2013年10月20日). “Actress Kajal Aggarwal's Sister Nisha to Wed Mumbai-Based Businessman”. International Business Times. http://www.ibtimes.co.in/actress-kajal-aggarwal039s-sister-nisha-to-wed-mumbai-based-businessman-515185 2017年9月28日閲覧。 
  12. ^ 'I play a chatpata village girl in Sukumarudu'”. Rediff.com (2013年5月8日). 2017年9月28日閲覧。
  13. ^ Brother to brother - The Hindu
  14. ^ Nisha Aggarwal replaces Bhavana in Vysakh’s Cousins - The Times of India

外部リンク[編集]