ニヌルタ・アピル・エクル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ニヌルタ・アピル・エクルNinurta apal Ekur、在位:紀元前1192年頃 - 紀元前1180頃)は、中アッシリア王国時代のアッシリアである。彼の治世年については論争があり3年間とする説もある。

かれはアダド・ニラリ1世の曾孫に当たり、基本的にトゥクルティ・ニヌルタ1世の子供、または孫であった前3代の王とは異なる立場にあった。前王エンリル・クドゥリ・ウツルから簒奪によって王位を得た。その死後、彼の息子アッシュール・ダン1世が王位を継いだ。