ニタリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニタリ
ニタリ
ニタリ Alopias pelagicus
保全状況評価[1][2][3]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
: ネズミザメ目 Lamniformes
: オナガザメ科 Alopiidae
: オナガザメ属 Alopias
: ニタリ A. pelagicus
学名
Alopias pelagicus
Nakamura, 1935[3][4]
英名
Pelagic thresher[3][4]

分布域

ニタリ (Alopias pelagicus) は、ネズミザメ目オナガザメ科に分類されるサメ。

分布[編集]

インド洋太平洋[3]

分布域の詳細に関しては、マオナガと混同されている可能性があり、さらなる情報が必要である。主に外洋に生息するが、沿岸部にも現れる。生息水深帯は0~152m以深[5]

形態[編集]

ニタリ

他のオナガザメ類と同様、全長の半分を占める尾鰭をもつ。背側の体色は濃青色か灰色、体側はメタリックシルバー。腹側は白色である。腹側の白色帯は胸鰭基部の上まで伸びない[5]。ニタリと非常によく似たマオナガ A. vulpinus ではこの白色帯が胸鰭基部の上まで伸びることから、これら2種の区別が可能である。ハチワレ A. superciliosus はこれら2種と異なり、頭部後方に目立つ溝があるので見分けやすい。

出産直後の個体は、全長158 - 190センチメートル[3]

生態[編集]

外洋性浮魚類を主に捕食し、イカ類も餌生物に含まれる。

胎生。胎盤を形成しない卵食型。子宮内の胎仔は最初自らの卵黄で成長し、約12cmになると未受精卵を食べ始める[5]。発生初期は歯を使って卵を食い破るが、後期では卵を丸呑みする[6]。産仔数は通常2尾で、2つの子宮それぞれに1尾が育つ[6]。正確な妊娠期間は知られていないが、12ヶ月より短く、毎年出産すると考えられている[5]

人間との関係[編集]

地域によっては漁業対象種になることもあるが、マグロカジキ延縄での混獲が主。肉、鰭、肝油、皮が利用される[6]

人に対して危険ではない[6]

延縄刺し網などによる混獲や本種を対象とした漁業・スポーツフィッシング(多くの個体はリリースされるが、リリース後に死亡する可能性が高いことが示唆されている)により、生息数は減少している[3]。2017年にAlopias属単位で、ワシントン条約附属書IIに掲載(1月に掲載されたが、規制は同年10月から)されている[2]

水族館での飼育例は少なく、日本では時期は不明だが、沖縄県の旧館時代の沖縄美ら海水族館が飼育した記録がある[7]大阪府海遊館の洋上の生簀で飼育されたことがある[8][9]。生簀では1.7~1.9mの雌雄3個体、最長で26日の飼育に成功した[9]。また、2015年4月20日に葛西臨海水族園の水槽内で展示された[10]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Appendices I, II and III (valid from 26 November 2019)<https://cites.org/eng> (downroad 08/07/2020)
  2. ^ a b UNEP (2020). Alopias pelagicus. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. (Accessed 08/07/2020)
  3. ^ a b c d e f Rigby, C.L., Barreto, R., Carlson, J., Fernando, D., Fordham, S., Francis, M.P., Herman, K., Jabado, R.W., Liu, K.M., Marshall, A., Pacoureau, N., Romanov, E., Sherley, R.B. & Winker, H. 2019. Alopias pelagicus. The IUCN Red List of Threatened Species 2019: e.T161597A68607857. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2019-3.RLTS.T161597A68607857.en. Downloaded on 07 August 2020.
  4. ^ a b Froese, R. and D. Pauly. Editors. 2019. Alopias pelagicus. FishBase. World Wide Web electronic publication. http://www.fishbase.org, version (12/2019).
  5. ^ a b c d Leonard J. V. Compagno (2002) "Sharks of the world: An annotated and illustrated catalogue of shark species known to date" Volume 2, Food and Agriculture Organization of the United States. pp.81-83.
  6. ^ a b c d Biological Profiles:Pelagic thresher Florida Museum of Natural History Ichthyology Department.[リンク切れ]
  7. ^ 国営沖縄記念公園水族館 (1988). 水族館動物図鑑 沖縄の海の生きもの. 財団法人 海洋博覧会記念公園管理財団. pp. 127 
  8. ^ 海遊館スタッフブログより
  9. ^ a b 北谷佳万・西田清徳・仲谷一宏「ニタリ Alopias pelagicus の捕食行動と尾の構造」『板鰓類研究会報』第47巻、日本板鰓類研究会、2011年9月、 01-09頁。
  10. ^ 葛西臨海水族園公式Twitterのツイートより[出典無効]

関連項目[編集]