ニキータ・アレクサンドロヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニキータ公、1919年

ニキータ・アレクサンドロヴィチロシア語: Никита Александрович, 1900年1月13日 - 1974年9月12日)は、ロシアの皇族。ニコライ1世の曾孫、アレクサンドル3世の外孫。

ニキータはアレクサンドル・ミハイロヴィチ大公とその妻クセニヤ・アレクサンドロヴナ大公女の間の第4子、三男としてサンクトペテルブルクで生まれた。皇帝アレクサンドル3世の外孫であったが、男系血統ではニコライ1世の曾孫でしかないため、兄弟たちと同様にロシア大公の称号を授けられなかった。

ロシア革命が始まると、ニキータは両親や兄弟、祖母マリヤ皇太后らの皇族や貴族と一緒にクリミアに幽閉された。クリミアに集められた皇族も、他の皇族と同様に処刑されるはずだったが、1918年にブレスト=リトフスク条約が結ばれたおかげでクリミアはドイツ軍の占領地域となり、ニキータたちは難を免れた。1919年、ニキータは一族とともに、イギリス政府の差し向けた戦艦「マールバラ」号に乗り込んでロシアを出国した。

ニキータは1922年、パリでマリヤ・ヴォロンツォワ=ダーシュコワ伯爵令嬢(1903年 - 1997年)と結婚した。夫妻は2人の息子をもうけた。

ニキータは1974年にカンヌで亡くなった。