ニキフォロス1世 (コンスタンディヌーポリ総主教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニキフォロス1世(ニキフォル1世)
ニキフォロス1世が、聖像破壊論者で後にコンスタンディヌーポリ総主教となったイオアンニス7世を踏み付けている姿で書かれた挿絵。
総主教成聖者[1]
他言語表記 ギリシア語: Πατριάρχης Νικηφόρος Α΄
死没 828年
崇敬する教派 正教会
カトリック教会
記念日 3月13日(ユリウス暦を使用する教会では新暦3月26日に相当)、6月2日(ユリウス暦を使用する教会では新暦6月15日に相当)

ニキフォロス1世ギリシア語: Πατριάρχης Νικηφόρος Α΄, ? - 828年)は、コンスタンディヌーポリ総主教(在位 806年 - 815年)。正教会[2]カトリック教会[3]聖人

エイレーネーの宮廷で高位聖職者となる。修道士となってからは敬虔さで知られた。806年にコンスタンディヌーポリ総主教に着座し、聖像破壊運動の再燃を前にイコンを強力に擁護するが、イコン破壊論者のレオーン5世東ローマ帝国皇帝に即位(813年)して間もなく、その座を追われる(815年)。828年に永眠。846年不朽体が発見された[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]