ドルフィー・ドリーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ドルフィー・ドリームDollfie Dream)とは、株式会社ボークスによって製造、販売されているPVC製の一般向け球体関節人形である。DDと略されることもある。

概要[編集]

2003年8月発表開始。主として女性をターゲットにしたスーパードルフィー(SD)に対し、主に男性をターゲットとして企画されたドールシリーズである。

先行して発売されていたスーパードルフィー(SD)やミニスーパードルフィー(MSD)が女性向けの色合いの強いフランス人形の延長に位置付けられるような完成モデル・ドレスやパーツの展開が成されているのに比較して、本シリーズは、アニメやゲームのキャラクターを再現した完成モデルが多いのが特徴となっている(オリジナルモデルも発売している)。もちろん、スーパードルフィーシリーズ同様カスタマイズドールの素材としても発売されている。

特徴[編集]

全般[編集]

  • 現在一般素体として発売されているのは女性型モデルのみだが、限定モデルでは男性キャラクターも発売している[1]
  • 発売開始直後のバリエーションは成人女性体型のDDのみだったが、2007年05月04日に幼児体型タイプのミニ・ドルフィー・ドリーム(Mini Dollfie Dream)(MDD)も発売された。また、2008年12月7日にDDの体型をメリハリのあるプロポーションに変更したドルフィー・ドリーム・ダイナマイト(Dollfie Dream Dynamite)(DDdy)が発売され、2010年09月19日にはDDより頭半分ほど身長を小さくしつつ、関節構造を変更しポーズ保持力を強化したドルフィー・ドリーム・シスター(Dollfie Dream Sister)(DDS)も発売された。2017年10月には、DDSとMDDの中間の身長モデルで、内部フレームを一新したドルフィー・ドリーム・プリティ(Dollfie Dream Pretty)が発売されたが、2018年現在では素体としての販売は予定していない。
  • ボディの色はノーマル(オビツボディの「ホワイティ」に相当)とホワイト[2]、セミホワイト、褐色の4種類が存在するが、素体は褐色以外の三種が発売されている。MDDに関しては、限定モデルでホワイトが発売されているが、素体としては発売されていない。
  • DD1以外の関節はそれぞれ異なる素材(ABSPOMなど)を組み合わせて使用している。基本的にネジ止め(ナットを使用している箇所もあり)だが、接続にスプリングやはめ込みを採用している箇所もある。
  • シューズはDD系・MDDのサイズに合わせたモデルが発売されているが、SD(MDDの場合はMSD)との共用も出来るようになっている。なお、DDは足の甲がオビツボディより厚いため、他社のシューズとサイズが合わないものがある。MDDに関しては、多少長さが異なるものの、オビツ50用の靴を履くことが可能なサイズとなっている。
  • ウィッグは専用サイズの商品が発売されているが、SD用や他社製(ウィッグキャップの円周長が8〜9または9〜10インチ)のウィッグを流用する事も可能。ただし、ヘッドによってはウィッグのサイズが合わないものがあるため、ヘッドキャップをかぶせ、その上にウィッグを被せることで対応する。
  • 改造・自作用の素体としても販売されている。また、体格を変えるためのパーツも販売されている。
  • ヘッドパーツは11種類発売されており(2018年現在。店頭限定品を含む)、それぞれアイホールオープン、クローズ2種類のタイプがある。限定のメイク済みヘッドや、1/6スケールと同じ仕様である植毛タイプも発売されていたが、現在は絶版である。
  • DDにはスタンダードモデルのほかに店頭限定モデルであるD’COORD(ディーコード)があるが、店頭販売モデルのほかにユーザーがコーディネートできる受付発注モデルもある。ノーマル肌は年間を通しての販売だが、セミホワイトは10月~3月限定となる。なお、4月~9月はD’COORD限定の褐色モデルとなる(過去に発売されたDDサンジーとほぼ同色。ハンドパーツなども店頭限定販売となる)。

DD[編集]

  • 最初期のモデルは、球体間接ドールと同様に内部にテンションゴムを使用した関節を用いていた(ベースボディ1(DD1))。SDのような硬質ウレタン製ではないため[3]関節の保持力が弱く、ユーザーからも不満の声が挙がっていた。そのため、ベースボディ2(DD2.3)以降は内部に樹脂製可動フレーム(DDIF(Dollfie Dream Inner Frame))を内蔵している。なお、ボークス純正のアダプターを使用すればベースボディ2、3用の頭部パーツを旧型のベースボディ1に装着することは可能。また、体形に差はないため、衣装の流用も可能だった。ちなみにDD1には指が細めに造形されたハンドが同梱されていた。これは手袋着用のための仕様である。
  • DD3はDD2と同等サイズの外装にDDSで新規開発された可動骨格を一部寸法を拡大・延長のうえで組み合わせ、関節可動域と保持力の改善を図ったもので、ノーマル・ホワイト・セミホワイトの順で発売された。DD2素体との互換性については、ヘッドや一部のパーツ、ドレスの流用が可能となっている。
  • DDを元にして男性用素体であるドルフィー・ドリーム・(シスター・)ボーイ(Dollfie Dream (Sister) Boy)が2016年に発売。これは女性のDDユーザーをターゲットにしたもので、体格も男性に合わせて一部外皮が新規となっている。それ以外はDD(DDS)と変わらないが、2018年現在、素体としての販売は予定されていない。
  • 部品販売については、DD2は外装のみだったものを、DD3にリニューアルした際にフレーム込みの販売に変更している。フレームごと交換する仕様となったため破損時の部分補修はし易くなったが、フレームのメンテナンス(関節の調整など)はDD2よりも若干行いにくくなっている。
  • DD3は発売当初はパーツ単位のみの販売だったが、後日DD3素体が発売されている(パーツでそろえるよりも素体で購入するほうが若干値段が安い)。ただしホワイトのDD3素体は発売されていない。
  • ハンドパーツについてはノーマルハンドとデカハンドの2種類の大きさのハンドが発売されており(造形自体はそれぞれ異なる)、デフォルトハンドのほかに、「握り手(グー)」・「開き手(パー)」・「指差し手」・「Vサイン(チョキ)」・「持ち手」・「細持ち手」・「キラリン」「開きグー」がある。DDホワイトのハンドバリエーションは素体発売後暫くのあいだ発売されなかったが、2009年8月23日開催のホームタウンドルパでの先行発売のあと、店頭発売している。セミホワイトのハンドパーツに関しては、素体の発売と同時にラインナップに加わっている。店頭限定のハンドパーツも発売。
  • 同じボークス製のSDとは全長が近くSD用の衣装が流用できる場合があるが、SDと比べると腰周りが細くだぶつくため、ボディに密着し体の線が出るタイプのドレスの場合は注意が必要。他社の60cmドール衣装も流用可能。

MDD[編集]

  • MDDには最初から専用のDDIFが採用されているが、それぞれ仕様が異なる。初期のMDDは首や手足のジョイントが破損しやすい構造のため、早い段階で改良したMDD2に移行している。その後、DDSのフレーム構造を基に独自の改良を加えたMDD3が発売され、現在に至っている。
  • ハンドパーツは「キラリン」「開きグー」を除きDD同様のラインナップとなっているが、デカハンドは発売されていない。
  • MSDサイズの衣装やオビツ50の衣装を着せ付けることが可能。

DDdy[編集]

  • DDdyはベースボディ2の外殻部品を変更したものでDDおよびDD2とは体型と上下半身の分割部分が大幅に変更された。従来素体用のドレスとの互換性については体型上、胸周りおよびお尻回りに余裕のある衣装でなければ着せることは出来ない。
  • なお、素体単体、各部品の単品発売(ただし胸部パーツのみ)については2009年10月の24・25日開催のDDギャザリングで先行発売し、後に一般発売された。後にDD3同様のフレームを内蔵したDDdy2が発売され、専用の交換パーツも発売された。胸部、腹部、太腿以外はDDと共用しているため、互換性は確保されている。

DDS・DDP[編集]

  • DDSは身長50cm強と抑えることで高校生相当の中性的な体型を再現を目指したもので、併せて可動骨格が新設計のものに変更され、関節構造の変更による可動範囲の拡大と保持力の強化が成されている。ただし初期のものは肩と股関節の受け(リング側)が割れやすかったため、二次生産からは受け側の肉厚を厚くしたモデルに変更された。
  • フレームと外殻パーツはDD3との互換性があるため、それぞれのパーツを組み合わせることでキャラクターの身長を調節することが可能。ドレスもDDのものを流用することができる。
  • 交換パーツとしては、DD同様、パーツ販売の形で2011年7月31日に発売された。素体についても、ノーマルが2013年に、セミホワイトが2014年に発売されている。
  • DDPはDDSより頭半分ほど小さめの身長(45cmほど)で、中学生の体格を再現している。内部フレームも一新され(DDIF3)、関節の保持力も見直された。オビツ50やMDDサイズの服を着せることが出来るが、ハンドパーツはDD規格となっている。

問題点[編集]

  • 外皮はPVC製のため、色素の侵食現象がしやすい。特に黒、紺系の濃いめの色ではその傾向が顕著であり、予防するには、ヘッドキャップやボディストッキングを色移りする前に装着するか、ポリ塩化ビニルラップフィルムを間に挟みこむなどの工夫が必要となるが、根本的な解決法になっていない(そのため、頻繁に服やウィッグを交換することを推している)。また、万一色移りしてしまった場合の補修については該当部分の交換が必要となる(初期ならクリーナーなどで落とせることもあるが、時間が経過している状態では内部まで色素が浸透しているため不可能)が、2007年12月23日開催のドールズパーティーで供給が全種類に拡大されるまで補修用パーツが用意されている部位が一部に限られていたため、部位によっては素体全体の交換が必要となっていた。後にドリームレスキューと呼ばれるクリーム状の除去剤が発売され、ある程度であるが色素を除去することが出来るようになった。現在では色移りを防ぐために濃い色の衣類の裏地に白地の布を縫いこむなどの対策を施している。
  • 可動フレームに関しては、DD2発売当時はパーツごとの販売はされておらず、関節を破損した場合は自力でフレームを補修するか、素体ごと交換する必要があったが、新素体(DD3、DDS)に変更になったときに見直され、フレームのパーツ売りがなされた。また、発売当初は色移りの補修などに必要なパーツの供給量が少なかったため、直営店・メーカーWEB通販とも欠品状態であることが多かった。現在では供給は安定しているため、欠品状態になることは少なくなっている。
  • MDDは、発売当初は手足首の内部フレームの軸が細いため破損が起きやすく、首に仕込まれたバネの力にパーツが耐えきれずヒビが入りやすい問題を抱えていたが、初期の段階で構造を見直したMDD2に切り替わっている。また、外皮に対して手足のフレーム軸が長いため、デフォルトのままでは僅かに軸が露出する。それが気になる場合は、軸の長さをニッパーなどで切り詰める加工が必要になる。MDD3に切り替えた際にそれらの問題はほぼ解消されている。
  • オビツボディの場合、基本的にネジ締め(ネジ本体とナットの組み合わせ)で関節が構成されているが、DD2とMDD1・2の場合はネジを使わない関節がある(肘や手首の関節が挟み込み式だが、抜け防止のため差し込む側のジョイントの形がフック状になっている)。これはできる限りネジ山が露出するのを抑え、見た目を美しく魅せるためであるが、分解しにくいパーツがあるため、メンテナンス面と関節保持力に問題が生じている。この問題は新素体変更時に一部関節のねじ止めがボルトとナットの組み合わせになったことである程度解決している。
  • 完成品販売が主体であるにもかかわらず、DDの完成モデルはイベント販売とイベント直後の直営店による数量限定販売でしか入手の機会がなく、常時店頭販売するスタンダードモデルが存在しない状態が発売後4年以上(2007年10月20日発売のスタンダードモデル、アオイ・ユキノの発売まで)続いていた。
  • 数量限定販売の完成モデルは基本的に再発売されていない(たとえ同キャラクターでも同じ仕様の再発売はほぼなく、衣装などを変えて発売することがほとんど。ただし衣装単体で発売しているものはこの限りではない)。その影響で希少性が高くなり一部の人気モデルでは定価の2〜5倍の高額で取引される例もある。
  • ドルパでは当初くじ兼用のガイドブックを複数冊用意して番号を引き、その中からベストの番号を残すという方法で当選率を上げることが行われていたが、転売目的の参加者対策として、引き直すためには番号札をいったん放棄(放棄した札は隔離エリア退出時回収される)する必要があった。店舗で後日行われるアフターイベントでは抽選券は一人一枚に限られることもあり、転売目的の人が確率を上げるために知人などを雇って徹夜で並ばせるという事例が横行していた。最近では時間に対しても厳格になっており、指定時間前に集合することを禁じている。
  • 頭部パーツは通算40種類を越えるが、大部分は数量限定販売の完成モデルで使用されているのみである(完成モデルのヘッドパーツの5割以上はアニメキャラクター、またはそれに近い形状のヘッドのため、パーツ販売が難しいという事情もある)。


発売された完成モデル[編集]

※2007年10月20日発売(2011年10月22日にモデルチェンジ)のスタンダードモデル2種、2012年10月20日発売のスタンダードモデル3種、2014年10月11日発売のスタンダードモデル2種(通常版)、期間限定の完全受注のモデル以外はすべて限定モデル。

※DD1はベースボディ1、DD2はベースボディ2、DD3はベースボディ3、MDDはミニドルフィードリーム1・2、MDD3はミニドルフィードリーム3、DDdyはドルフィ・ドリーム・ダイナマイト、DDdy2はドルフィ・ドリーム・ダイナマイト2、  DDSはドルフィ・ドリーム・シスターの略。肌の色はそれぞれの項に記入(無記入はノーマル)。

※以下、受注モデルについては受注開始日を基準として記載する。

発売日 発売モデル
2003年08月10日 未来 (DD1)
キャンディ (DD1)
2004年02月29日 綾波レイ・水着 Ver. (DD1)
2004年05月02日 綾波レイ・転校生 Ver. (DD1)
2004年08月01日 朝倉音夢 (DD1)
2004年12月05日 未来II
キャンディーII
朝倉音夢 兄さんのYシャツ Ver. (DD1)
2005年01月01日 堕天使ララ (DD1)
2005年03月21日 シリウス (DD1)
2005年05月23日 シリウス Product Model (DD2)
社霞 Ver.Original GOTH (ホワイト) (DD2)
2005年07月23日 サンジー (褐色) (DD2)
2005年08月21日 フェミ (DD2)
シェリー (DD2)
白川さやか (DD2)
白川ことり (DD2)
2005年12月25日 白河ことり ふたりでサンタ (DD2)
白河さやか ふたりでサンタ (DD2)
朝倉音夢 メモリアルウェディング Ver. (DD2)
2006年05月05日 朝倉音夢 メモリアルウェディング Ver. アニメティックアイ (DD2)
2006年08月20日 ユミ (DD2)
キョウコ (DD2)(ホワイト)
2006年12月24日 向坂環 (DD2)
小牧愛佳 (DD2)
2007年03月18日 涼宮ハルヒ (DD2)
2007年05月04日 大空寺あゆ (MDD)
玉野まゆ (MDD)
※この2体のみMDD I仕様
2007年08月12日 フィーナ・ファム・アーシュライト (DD2)
エステル・フリージア (DD2)
柚原このみ (MDD)
2007年10月20日 アオイ (スタンダードモデル) (DD2)
ユキノ (スタンダードモデル) (DD2)
2007年12月23日 未来 (MDD)
キャンディ (MDD)
長門有希 (DD2)
朝比奈みくる (DD2)
2008年02月02日 志野(DD2)
2008年03月16日 千堂 瑛理華 (DD2)
紅瀨 桐葉(DD2)
2008年04月27日 セイバー (DD2)
2008年05月03日 エクセレン・ブロウニング(DD2)、ラトゥーニ・スゥボータ (MDD)
ラトゥーニ・スゥボータ Black costume Ver. (MDD)
2008年08月03日 綾波レイ メイドドレスver. (DD2)(ホワイト)
惣流・アスカ・ラングレー メイドドレス Ver. (DD2)
アル・アジフ (MDD) (ホワイト)
エセルドレーダ (MDD) (ホワイト)
2008年10月25日 冥土へ誘うもの アイリ (DD2)
マーヤ (DD2) (ホワイト)
2008年12月07日 関羽雲長 (DDdy1) (褐色)
呂蒙子明 (DDdy1)
セイバー・オルタ (DD2) (ホワイト)
2008年12月28日 エスカレイヤー (DDdy1) (コミックマーケット&SR受注生産モデル)●
2009年03月22日 高町なのは (DD2)
イリヤ (MDD)
2009年05月05日 遠坂 凛 (DD2)
フェイト・テスタロッサ・ハラオウン (DD2)
2009年07月 ヨーコ (DDdy1)●
ニア (DD2)(ホワイト) ●
2009年08月23日 久寿川ささら (DDdy1)
ルイズ (MDD)
2009年10月24日 モエ (DD2)
ナツキ (DD2)
2009年12月06日 泉戸ましろ (DD2)
不知火 舞 (DDdy1)
2010年01月06日 森川由綺 (DD2)●
緒方理奈 (DD2) ●
2010年03月14日 平沢 唯 (DD2)
秋山 澪 (DD2)
2010年05月04日 間桐 桜 (DD2)
アルナ (DDdy1)
右代宮真里亞 (MDD)
2010年08月01日 真希波・マリ・イラストリアス (DD2)
瓜生桜乃 (DD2)
天羽みう (DDdy1)
2010年09月19日 博麗霊夢 (DDS)●
霧雨魔理沙 (DDS) ●
2010年12月12日 セイバー・リリィ (DD2)
アルナ White Christmas Ver. (DDdy1)
2011年03月13日 ベアトリーチェ (DD2)
能美クドリャフカ (MDD)
2011年04月30日 ネリス (DD2)
エアリィ (DD2)
2011年07月31日 十六夜咲夜 (DD3)
アキラ (DDS)
2011年08月13日 モエ 2nd Ver. (DD3)
2011年09月23日 セイバー Fate/EXTRA Ver. (DD3)
セイバーオルタ 2nd Ver. (DD3)
2011年10月22日 アオイ 2nd Ver. (DD3) (スタンダードモデル)■
ユキノ 2nd Ver. (DD3) (スタンダードモデル)■
2011年12月18日 マリコ先生 (DDS)
ミルフィオーレ・F・ビスコッティ (DDS)
2012年03月11日 ルーシー・マリア・ミソラ (DD3)
新見 遥佳 (DDdy2)
2012年05月06日 サクヤ (DD3)
久慈川りせ (DD3)
チルノ (MDD3)
2012年07月28日 ナツキ2nd Ver. (DD3)
2012年08月12日 真宮寺さくら (DD3)
天海春香 (DDS)
星井美希 (DDS)
2012年10月20日 マユ (DDS)■
ミイコ (DDdy2)■
レナ (MDD3)■
2012年12月01日 KOS-MOS Ver.4 (DD3)●
M.O.M.O. (DDS)●
2012年12月16日 メルティ (DDS)
蒼崎青子 (DD3)
2013年03月10日 ルーシー・マリア・ミソラ マジカルプリンセスVer.(DD3)(セミホワイト)
ナナミ (DDS)
2013年04月28日 アスナ (DD3)
久遠寺有珠 (DDS)
2013年07月14日 マリコ (DDS) (セミホワイト)
2013年08月04日 如月千早 (DDS)
萩原雪歩 (DDS)
サクヤ Mode:クリムゾン (DD3)
2013年09月28日 初音ミク (DD3)(セミホワイト)●
2013年12月22日 夜々 (DD3)
エリカ・フォンティーヌ (DD3)
2014年03月09日 魂魄妖夢 (DDS)
プリズマ☆イリヤ (MDD3)(セミホワイト)
2014年05月05日 渋谷凛 (DD3)
神崎蘭子 (DDS)(セミホワイト)
2014年07月21日 アルナ Magic White Ver.(DDdy2)(セミホワイト)
アキラ 2nd Ver.(DDS)(各秋葉原店&Web限定モデル)
2014年08月10日 菊地真 (DDS)
アリサ (DD3)
2014年10月11日 未来 (DD3)(セミホワイト)◎
キャンディ (DD3)◎
※Memorial Editionも限定発売(服と靴が付属)●
2014年11月22日 シェリル・ノーム (DD3)●
ランカ・リー (DDS)●
※2018年5月5日に再販
2014年12月14日 久寿川ささら ホワイトゴシックVer. (DDdy2)
メルティ クリスマスVer. (DDS)
2015年02月07日 雪ミク (DD3)(セミホワイト)●
2015年03月15日 島村卯月 (DDS)
2015年5月6日 本田未央 (DDS)
シノン (DD3)
2015年8月9日 キリカ・トワ・アルマ (DD3)
アリサ・イリーニチナ・アミエーラ TVアニメVer. (DD3)
マリコ 夏祭りVer. (DDS)(セミホワイト)
2016年5月5日 アルル(MDD)
渋谷凛 シンデレラプロジェクトVer.(DD3)
2016年8月7日 鏡音リン(DDS)
鏡音レン(DDS Boy)
 2016年10月14日 高槻やよい(DDP)●
水瀬伊織(DDP)●
アナスタシア(DDS) (セミホワイト)●
2016年12月28日  フレイア・ヴィオン(DDS)
ライダー/アルトリア・ペンドラゴン(サンタオルタ) (DDS) (ホワイト)
2017年7月29日 アスナ ティターニアVer. (DD3)
キリト(DD Boy)
2017年8月6日 エミリア(DD3) (セミホワイト)
2017年10月28日 リリル(MDD)◎
カリン (DDS)◎
トワ (DDdy2)◎
2017年10月28日 セイバー/アルトリア・ペンドラゴン(DDS)●
ジャンヌ・ダルク(DD3)●
2017年12月17日 ルリ(DD3)[4]
セーラームーン(DDS)
2018年5月5日 巡音ルカ(DD3)

●WEB&SR受注生産モデル  ■スタンダードモデル(生産終了)  ◎スタンダードモデル(現行)

販売方法[編集]

DDの流通はイベント販売(ドールズパーティーやドールショーなど)とドールズパーティー直後にイベント会場に行けないユーザーを対象に、ボークス直営の店舗(「天使の里」「天使のすみか」「ショールーム」「ホビースクエア」の4形態。「天使の窓」ではDDの扱いはない。)と通販(テレホンショッピング(通販隊)・ウェブストア)で行われるドルパアフターイベントに限られているため、イベント開催機会や直営店の配置が首都圏や一部大都市圏に集中していることもあり、直営店舗が近くにない地方のユーザーは通販などに頼るしかないのが現状といえる。
DD系の完成品は上記の通り限定品であるため、時期を逃してしまうと入手ができなくなる商品がほとんどである[5]。人気商品ともなると僅か数時間、通販のカート販売に至っては数分で売切れてしまう場合があり、入手困難になってしまうものも少なくない。ただし最近ではウェブや店頭で受付生産もしている商品も増えているため、以前のように入手困難の状態になることは少なくなっている。

脚注[編集]

  1. ^ 2015年9月4日〜6日に開催された「マジカルミライ 2015」において、鏡音リン鏡音レンのDD化が発表されている(鏡音レンは男性キャラクター)。[1]
  2. ^ DDのみでDDSサイズのものは発売していない。
  3. ^ SDの場合はゴムの張力とレジンの摩擦で保持力を維持している。
  4. ^ 本来は8月6日に発売する予定だったが、諸事情で一度中止された。後日、衣類などの仕様変更で12月に発売した。
  5. ^ D’COORDの受付注文を除く。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Dollfie Dream公式サイト