カスタマイズドール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カスタマイズドールとは、

  1. 既成の着せ替え人形のメイクを変更するなどの改造をほどこしたもの。改造方法は多岐にわたる。
  2. 改造をほどこすことを前提に売られている人形。素体(そたい)と呼ばれる。
  3. 2を元に、アニメキャラクターなどをイメージして作られた人形。

カスタムドール、オリジナルドールと呼ぶ向きもある。


概念の普及[編集]

以前から、ジェニーなどの着せ替え人形に化粧やお湯パーマ[1]といった改造を施すことは、愛好者の間で行われており、アニメ「美少女戦士セーラームーン」のファンによるドール製作がバンダイが商品化する以前から行われていた件を荷宮和子が指摘している。1997年7月に刊行されたメディアワークスの「東京攻略マップ97」に掲載された、イラストレーターの白虎かなめ製のジェニーのSAボディのボディパーツを改造したカスタマイズドールが反響を呼び、その概念を広めた。

用語・技術[編集]

素体(そたい)
のっぺらぼうの状態(もしくは内側からドールアイをはめ込む穴のみが空いた状態)のヘッドとヌードボディのセットの事、もしくはヌードボディ単体の事は、メーカーを問わず「素体(そたい)」と呼べば通用する。「素体」という単語を製品名に入れているメーカーもある。これに、アイペイント(もしくはドールアイ)やウィッグ、衣装を組み合わせ、化粧に相当する様な塗装(メイク)を施して、好みの人形を作りあげる事で、カスタマイズドールが完成する。
素体の改造
人形の素体に対する改造には、関節の可動域を広げたり、ポーズを取りやすいよう保持力を強めるなど機能強化の面から行われるものと、顔や体型など外見を好みのものにする目的から行われるものがある。また、素体自体を自作する者もいる。そこまで大掛かりではない手段を提供する為に、素体の一部が交換パーツとして販売されている場合もあり、顔の形や手の表情、バストサイズ、ヒップライン等を変える事ができる。
アイペイント
人形の目を塗料で描き込んだり、目の絵柄が入ったデカールを貼り付けること。もしくはそれによって描かれた目。人形の目の表現にはこのような描き目の他にドールアイも用いられる。
メイク
塗料を用いて人形に化粧を行うこと。塗料に含まれる成分によっては素体に悪影響を及ぼすこともあるため、注意が必要となる。
お湯パーマ
人形の頭髪に熱を加えることでくせをつける、もしくはまっすぐにのばすことを人間のパーマに見立ててこう呼ぶ。人形の頭髪に多く使われる化学繊維は高温の熱を加えると変質してしまうため、湯を用いて高温になりすぎないようにする。
植毛
針を使って人形の頭髪を縫い付ける行為。カスタマイズ用の人形頭部に植毛済みのものも販売されている。また、人形用のかつら(ウィッグ)を用いることもある。

代表的なカスタマイズドール[編集]

サアラシリーズ[編集]

アゾンインターナショナルから販売されているカスタマイズドール。 イラストレーターの思い当たるがフェイスデザインを担当している。 ヘッドはサアラ・リセ・マヤの 3 タイプがあり、俗にアゾン三姉妹と呼ばれている。 サイズは1/6 サイズ(27cm)と 60cm サイズで、1/6サイズのボディはタカラ製のスーパーアクションジェニー(SAJ)を使用し、60cmサイズではオビツ60のボディを使用している。

Who's that Girl? シリーズ[編集]

ボークスから販売されているカスタマイズドール。略称『WTG』 ヘッドはカナ・まみ・ヤマト・タケルの 4 タイプがあり、サイズは1/6 サイズ。 カナとまみは同社製の EB-Beauty S ボディを使用しているため細身で、他社製の 1/6 サイズの着せ替え人形との互換性は低い。 ヤマトとタケルはEB-Neo剛ボディを使用、ヘッドがアイホール有り・ウィッグ着用タイプと、植毛済みアイペイントタイプ(ドールズパーティやイベントでの限定で販売)の2種類がある。

よく用いられる素体[編集]

素体は各メーカーから販売されており、メーカーサイドで素体をカスタマイズして、完成品の人形として販売されているものもある。また、これらに合わせた頭部などのパーツを制作・販売しているメーカーや個人も存在する。素体の規格に統一されたものはなく、近いサイズの素体同士でもパーツを組み合わせるために改造を必要とするものもある。また、体型の違いにより衣装の互換性がない場合もある。

1/6素体[編集]

21cmから27cm前後の大きさの素体は1/6素体と通称される。大人の体型の27cm素体に対し、23cm以下の素体では子どもらしい体型のものが多い。また、少年・少女のプロポーションを再現するためにその中間(25cm)の大きさの素体も存在する。素材には主にソフトビニールABS樹脂が使われる。構造の違いでは関節が曲がらないもの、関節が可動するもの、表面に軟質素材を用いて関節部分を見えないようにした(シームレスと呼ばれる)ものがあり、用途に応じた素体を選んで使用する。手足が小さく造型されており(一部の素体を除く)、足裏の面積が少ない。そのため、スタンドなしで立たせる事はできない(その欠点を補うために、足裏に磁石を内蔵した素体も存在する)。

ジェニー
タカラが制作販売している素体。厳密に言えば、かつて関節が可動するSAボディが一部ドールショップで単品売りされており、ドルフィー、オビツ登場まではこの素体がカスタム、市販品共にほぼ使われていた。特にイラストレーターの白虎かなめによる、この素体のカスタムドールがカスタマイズドールという概念そのものの普及に一役買い、以後の素体が作られるようになったといえる。バリエーションは27cmの女性2種と男性1種が存在した。
現在ではSAボディは完成品用にしか使われていないが、アゾンインターナショナルから、ドールエディットキットとして植毛済みヘッドとボディ、レオタードをセットしたものが発売されている。
ドルフィー、ドルフィープラス
ボークスが制作販売している素体で、エクセレントベースモデル(EB)と呼ばれる。体型のバリエーションが多い。Who's that Girl?の素体であるEB-Beauty S ボディは、この中の一種である。ドルフィープラスは内側から義眼をはめ込む穴(アイホール)が開いたウレタン製のヘッドを採用しているのが特徴。女性素体と男性素体が発売されている。
オビツボディ
オビツ製作所が制作・販売している素体で、サイズは21、23、25、27cmのものがある。それぞれ男性・女性のモデルがあり、全国の画材店などでは、デッサン人形「デリータ・ドール」として販売されている。
ピュアニーモ
アゾンインターナショナルから販売されている素体。基本的に固定ポーズ仕様で、パーツの取替えによりポーシングする形をとる。後に可動モデルが発売されている。

レジンキャスト製の球体関節人形[編集]

高価で加工が難しかった球体関節人形だが、フィギュアのようにレジンキャストで作られたものが販売されると、1/6素体に比べて大きいため細部を作りこめることや、素材の特性から造形を大幅に変更できることからカスタマイズドールの素体として1/6素体に並ぶほど広がった。

スーパードルフィー
ボークスが制作販売しているレジンキャスト製の60cmサイズの球体関節人形。胴体・頭・四肢と球体関節が中空構造の一体成型になっており、各関節をテンションゴムで接続する事で発生する、凹部と凸部の摩擦によって、関節の位置を維持する仕組みになっている。素体・完成作品共に販売されている。
ユノス、ユノア、ユノアライト、ユノア2nd
荒木元太郎が原型を担当したレジンキャスト製球体関節人形。60cmサイズのアンドルレア・ユノスと40cmサイズのユノア・クルス、27cmサイズのユノア・クルスライト、40cmサイズでより高頭身のユノア・クルス2ndが存在する。ユノスはかつてボークスで販売されており(現在絶版)、スーパードルフィーと同じ60cmサイズであるが、よりメリハリのあるグラマラスな体形をしている為、衣装やパーツの互換性はほぼない。また、荒木自身が人形としての仕上げをしたものにはプレミアが付いている。

60cm素体[編集]

27cmの素体を大きくしたような細く長い脚や豊かな胸部の体の素体。レジンキャスト製の球体関節人形との互換性はないが、アタッチメントを自作してスーパードルフィーの頭部と結合した作例も見られる。

ドルフィー・ドリーム
ボークスが制作販売している60cmサイズのソフトビニール製素体。現在のところ女性型モデルのみが存在する。幼児体型のミニドルフィー・ドリーム(MDD)、中高生体型のドルフィー・ドリーム・シスター(DDS)、グラマラスボディのドルフィー・ドリーム・ダイナマイト(DDDy)も発売されている。オプションも充実している。
オビツ60
オビツ・ボディの60cmサイズ版。パーツの交換で男性素体としても対応できる。オビツ60は内部構造部品を含む全種類のパーツが単体でも販売されており、必要なパーツだけを購入する事が出来るようになっている。55cmサイズの男性素体や50cmサイズの女性素体も発売している。
スマートドール
「カルチャージャパン」から発売している60cmサイズドール。外見はドルフィー・ドリームに似ているものの、内部骨格や外皮の細部などの違いがある。また、スタンドに接続するソケット(接続穴)が腰裏にあり、そこに専用のスタンドを接続する事が出来る。服や靴は自社販売されているが、DDやオビツ60の服を着せることも可能。ただし若干プロポーションが異なるため、完全互換ではない。女性モデルと男性モデルが発売されているが、素体としての販売は現在のところ予定されていない。

その他の素体[編集]

カスタマイズフィギュア
ボークスが制作販売しているレジンキャスト製の1/6サイズ(ただし等身がやや低い)の素体。通称「かすたま」。人形とフィギュアの中間的な位置づけがされている。
関節部の球体がナイロン製の別パーツのはめ込み式になっていて、関節部自体の摩擦力で関節の位置を維持する。また、ユーザーによるカスタマイズを前提としており、頭部や髪型などを組み合わせることで思い通りのキャラクターに仕上げる事ができる。当初はその名の通り「フィギュア」として扱われていた(ホームページや雑誌の紹介でも、素体にパテなどを盛って服を制作する過程が見られたことから、本来はフィギュア用の素体として発売したといえる)が、購入者がドール用の素体として利用しているため(ドール用の服を着せるために購入する人が多かった)、現在の位置に収まっている。素体は完成品での販売はなく、組み立て・加工が必要になる(一部のキャラクターフィギュアも同様)。
2007年5月からPVCフィギュアとしての塗装済完成品が「かすたまP」の名称で発売され、かすたま自体(特にオリジナル商品)の商品展開が滞う状態になった。現在はかすたまPの展開も停止し、カスタマイズフィギュアの商品展開が事実上の停止状態に追い込まれている。
ANGEL DEVICE
玩具メーカーのやまとから発売している球体関節を持つフィギュアで、萌え燃えブロック(MMB)シリーズの一カテゴリーに位置しているシリーズである。コンセプト自体は上記のかすたまPに近いが、サイズ(1/12程度の大きさ)やオプション等に違いが見られる。
ANGEL DEVICEは、素体の状態に服や靴といったパーツを交換することでさまざまな衣装バリエーションを楽しむ、いわゆる「ブロック玩具」の延長線上に位置する商品だったが、カスタマイズフィギュア同様、「素体状態でのドール服の着せ替え」といった遊び方をするユーザーが出現した。このことを受けて、やまとはホームページ限定で素体販売を行うことを発表した。

脚注[編集]

  1. ^ ドールの髪の毛にパーマをかけたり、クセを取ったりするためのテクニック