ドクウツギ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドクウツギ科
クロンキスト体系
ドクウツギ Coriaria japonica.JPG
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: ウリ目 Cucurbitales
: ドクウツギ科 Coriariaceae
: ドクウツギ属 Coriaria
  • 本文参照

ドクウツギ科(Coriariaceae)は双子葉植物の科で、ドクウツギ属Coriaria)のみの約30種からなる。

特徴[編集]

いずれも木本は対生または輪生する。は両性または単性、放射相称で、および花弁5枚(緑色で目立たない)、雄蕊10本、雌蕊(離生)5本を持つ。花弁は残って果実を包み液果状になり、赤、黒などに熟す。多くの種は猛毒を含むが、一部(C. terminalis)のみ食用可能である。地中海付近、アジア中・東部、ニューギニア・ニュージーランドなどの太平洋諸島、中南米の温帯・熱帯に隔離分布し(前川文夫の主張する古赤道分布)、日本にはドクウツギ1種のみ自生する。

離生心皮などの特徴から、クロンキスト体系ではキンポウゲ目に入れていたが、APG植物分類体系ではウリ目としている。