ドゥースブルフ包囲戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドゥースブルフ包囲戦
The Siege of Doesburg, tapestry, Speed Art Museum.jpg
ドゥースブルフを視察するルイ14世
戦争仏蘭戦争
年月日1672年7月16日 - 7月21日
場所ネーデルラント連邦共和国ドゥースブルフ
結果:フランスの勝利
交戦勢力
ネーデルラント連邦共和国の旗 ネーデルラント連邦共和国 フランス王国の旗 フランス王国
指導者・指揮官
ネーデルラント連邦共和国の旗 ヨハン・ファン・インヘン・ヌーランド(Johan van Ingen Nuland フランス王国の旗 ルイ14世
戦力
歩兵1,500-2,000
騎兵200
15,000-20,000
ドゥースブルフ包囲戦

ドゥースブルフ包囲戦(ドゥースブルフほういせん)は、仏蘭戦争中、1672年7月16日から7月21日まで行われた、フランス王国によるドゥースブルフの包囲。フランスは6月よりヘルダーラント州ロビト英語版経由でネーデルラント連邦共和国に侵攻しており、7月16日にはドゥースブルフの包囲を開始、ドゥースブルフはわずか5日後の7月21日に降伏した。

背景[編集]

1672年6月、フランスはケルン選帝侯領ミュンスター大司教領英語版を味方につけた後、オランダに侵攻した。1672年6月12日にトルハウスの戦いが行われたがフランスは力押しで勝利、続いて軍を2手にわけてテュレンヌ子爵アーネムナイメーヘンを包囲(フランス王ルイ14世も随行)、ケルンとミュンスター軍はドレンテ州フローニンゲン州に進軍してブレデフォールト包囲戦クフォルデン包囲戦に勝利した。

ルイ14世は7月4日から9日までHeerlijkheid Waaiensteinに留まった後、9日から15日までエメリヒ・アム・ライン英語版、16日にはウレンパス城オランダ語版に移動した。ドゥースブルフも守備の強化に努め、堀を掘ったり、農民を駆り出して城壁を築いた。ドゥースブルフ守備軍の指揮官はヨハン・ファン・インヘン・ヌーランド(Johan van Ingen Nuland)だった。

経過[編集]

7月16日から17日、フランス軍はドゥースブルフに接近して軍営を設置、同市に即時降伏勧告を送った。降伏勧告は開封すらされずに突き返された。

7月18日、フランス軍がドゥースブルフに接近しすぎて、市側が大砲を設置して反撃することに成功した[1]

7月19日、フランス軍は再び最後通牒を送ったがまたしても突き返された。大教会がフランス軍の砲撃を受けて大損し、住民の多くがガストハウスケルクオランダ語版に退避した。

7月21日、守備軍は攻撃を2度試みたがいずれも大砲の支援が足りずに失敗した。同日夜、当局と市民とで意見の相違はあったが最終的にはフランス軍への降伏が決定された[2]

その後[編集]

降伏の後、ドゥースブルフは約8,000フローリンの賠償を支払った(主に宝飾品、金、スズ、銅で支払った)。フランス軍は1674年にドゥースブルフから引き揚げ、1678年のナイメーヘンの和約で正式にオランダに返還した。

脚注[編集]

  1. ^ Valckenier, Pieterオランダ語版. t' verwerd Europa ofte Politijke en historische beschrijvinge, hoofdstuk beleg van Doesburg. I. p. 489.
  2. ^ Valckenier, p. 490.

関連図書[編集]

  • Luc Panhuysen (2009): Rampjaar 1672, hoe de Republiek aan de ondergang ontsnapte.