半保護されたページ

トロールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トロールズ
Trolls
Trolls Logo 3.svg
監督 マイク・ミッチェル
脚本 ジョナサン・エイベル
グレン・バーガー
原案 エリカ・リビノヤ
原作 トロール・ドール英語版トーマス・ダム英語版
製作 ジーナ・シェイ
出演者 アナ・ケンドリック
ジャスティン・ティンバーレイク
ズーイー・デシャネル
ラッセル・ブランド
ジェームズ・コーデン
グウェン・ステファニー
音楽 クリストフ・ベック
編集 ニック・フレッチャー
製作会社 ドリームワークス・アニメーション
配給 20世紀フォックス
公開 イギリスの旗 2016年10月8日ロンドン映画祭
ブラジルの旗 2016年10月27日
アメリカ合衆国の旗 2016年11月4日
日本の旗 2017年8月2日ビデオスルー
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $125,000,000[1]
興行収入 $346,864,462[2]
前作 カンフー・パンダ3
次作 トロールズ ミュージック★パワートロールズシリーズ
ボス・ベイビー(DWアニメシリーズ全般)
テンプレートを表示

トロールズ』(Trolls)は、2016年に公開されたアメリカ合衆国3Dコンピュータアニメーションである。

あらすじ

トロールたちはハッピーフォレストに住む、歌って踊ってハグをしあって常に幸せを感じているカラフルな生き物。ある日、トロールを食べることでしか幸せを感じることができない惨めな生き物ベルゲンに見つかってしまう。巨体のベルゲンたちは常に不幸を感じており、トロールを食べることが幸せをもたらすと信じている。そのため、ベルゲンたちはトロールを幽閉し、毎年トロールフェスの日にトロールを食べているのだ。ある日、ベルゲンの王子であるグリッスルJr.が初めてトロールを食べる日、トロールの王ぺピーは皆を引き連れて脱出することに成功した。王室専属の料理人でトロールの管理を行っていたシェフは、トロールを逃がしたとしてベルゲンタウンから追放されてしまった。

それから20年が経ち、日々幸せに暮らすトロールたちは、ぺピーの一人娘ポピーの企画で、盛大なパーティーを開くことを計画していた。皆が準備に励む中、色彩を無くして灰色になったブランチだけは、パーティーがベルゲンを引き付けることを警戒し反対した。パーティー当日、ブランチの予感が的中し、シェフが乱入。ポピーの親友を誘拐して行ってしまった。責任を感じたポピーは、ベルゲンたちから仲間を救出しようと村を出る。一度は断ったものの、ポピーを1人で行かせることに危険を感じ、ブランチも渋々ながら同行することに。

ベルゲンの城ではトロールを食べられるとあって、晩餐会がひらかれることになった。ポピーとブランチが着いた時には、ちょうどトロールの1人クリークがシェフに連れ去られるところだった。クリークの無事を祈りつつ、他の仲間を助けに行く。捕まったトロール達は、城に住む召使いブリジットの部屋にいた。ブリジットがグリッスルJr.に恋していることを知ったポピーは、自分たちを逃がしてクリークの救出に協力してくれたら、王との仲を取り持ってあげると約束する。その場にいるトロール全員で、自己不信に陥っているブリジットをやる気にさせようとするが、ブランチが歌うのを頑なに拒むことで、ポピーと激しい言い争いになってしまう。ブランチには、自分が歌ったことでベルゲンに見つかり、祖母が身代わりで連れ去られた過去があった。それ以降歌うことをやめ、罪悪感から青色から灰色の身体になったのだ。結局ブランチも協力することになり、ブリジットを綺麗に変身させることに成功する。変身したブリジットは王の目を引き、デートの際に王はブリジットを晩餐会に誘う。約束通り、ブリジットはクリーク救出を手助けしようとする。しかし、クリークは自分可愛さに仲間を裏切り、ポピーたちだけではなく村にいたトロール全員が捕まってしまう。

希望をなくし色を失うトロールたち。ブランチはポピーを元気づけようと歌い、それに勇気づけられ、ブランチ自身も含め皆の色が戻った。晩餐会では、王であるグリッスルJr.にブリジットとのデートで幸せだったことを思い出させ、トロールを食べなくても幸せを感じられると説得する。ベルゲンとトロールは仲良くなり、ポピーはトロールの女王になった。

キャラクター

ポピー(Poppy)
声 - アナ・ケンドリック(英)、清水理沙(日)
トロールの女王となる勇気のあるリーダー[3][4]。ピンクの髪と青い花飾りが特徴。天真爛漫で明るく、前向きな性格だが、楽天家で無鉄砲なところがある[5]。仲間を助けるため、ベルゲンたちに立ち向かう[6][7]
ブランチ(Branch)
声 - ジャスティン・ティンバーレイク(英)、KENN(日)
内気で気真面目で物事を直ぐに信じない性格のトロール。ポピーを見かね、仲間たちの救出へ向かう[8]
グリッスルJr.(Gristle Jr.)
声 - クリストファー・ミンツ=プラッセ(英)、西谷修一(日)
ベルゲンの王子。トロールフェスの日にトロールを食べようとしている[9]
ブリジット(Bridget)
声 - ズーイー・デシャネル(英)、まつだ志緒理(日)
シェフの雑用係として働く心優しいベルゲン。グリッスルJr.に密かに恋していた[9]
シェフ(Chef)
声 - クリスティーン・バランスキー(英)
ベルゲンの残酷で権力欲の強いシェフ[9]。トロールを逃がしたとしてベルゲンタウンから追放されてしまった。
クリーク(Creek)
声 - クリスティーン・バランスキー(英)、古川慎(日)
ポピーの親友でポジティブな性格と優れた知恵を持つ。自分可愛さに仲間を裏切り、他のトロールの居場所をベルゲンに教えてしまった[9][10]
ビギー(Biggie)
声 - ジェームズ・コーデン(英)、かぬか光明(日)
ポピーの親友。体が大きくて心優しいトロールで、繊細な心の持ち主[9][11]
ペピー(King Peppy)
声 - ジェフリー・タンバー(英)、楠見尚己(日)
トロールの王であり、かつてベルゲンからみんなを自由に導いたポピーの父[9]
グリスル王(King Gristle Sr.)
声 - ジョン・クリーズ(英)
ベルゲンの王であり、グリッスルの父[9]
DJスキ(DJ Suki)
声 - グウェン・ステファニー(英)、藤田昌代(日)
ポピーの親友。虫で作ったDJ機材を使っている[9][12]
クーパー(Cooper)
声 - ロン・ファンチズ英語版(英)、濱野大輝(日)
ポピーの親友。他のトロールたちとは異なり、長い首と4本足を持つ[9][13]
サテン&シェニール(Satin and Chenille)
声 - アイノ・ジャウォ、キャロライン・ヒェルト(英)、堀井千砂(日)
ポピーの親友。髪型とファッションが好きなことで合体した双子のトロール。
ガイ・ダイヤモンド(Guy Diamond)
声 - クナル・ネイヤー(英)、佐藤せつじ(日)
ポピーの親友。全身シルバーのグリッターに身を包み、オートチューニングされた高度な声を持つ[9][14]
ロージーパフ(Grandma Rosiepuff)
声 - GloZell英語版(英)
ブランチの亡き祖母。ブランチがベルゲンに見つかったときに、身代わりで連れ去られた[9][15]

キャスト

キャラクター 声優
原語版 日本語吹替版
ポピー アナ・ケンドリック

アイリス・ドールン(幼少期)

清水理沙
ブランチ ジャスティン・ティンバーレイク

リアム・ヘンリー(幼少期)

KENN
グリスル クリストファー・ミンツ=プラッセ 西谷修一
ブリジッド ズーイー・デシャネル まつだ志緒理
クリーク ラッセル・ブランド 古川慎
ビギー ジェームズ・コーデン かぬか光明
ペピー ジェフリー・タンバー 楠見尚己
DJスキ グウェン・ステファニー 藤田昌代
クーパー ロン・ファンチズ英語版 濱野大輝
サテン アイノ・ジャウォ 堀井千砂
シェニール キャロライン・ヒェルト
ガイ・ダイヤモンド クナル・ネイヤー 佐藤せつじ
シェフ クリスティーン・バランスキー
グリスル王 ジョン・クリーズ
ハーパー クヮヴェンジャネ・ウォレス
ロージーパフ GloZell英語版

製作

マイク・ミッチェル監督とウォルト・ドールン共同監督が、2016年コミコン・インターナショナルで本作の映像を披露した。

ドリームワークスは、2010年トロール・ドール英語版をベースにした映画の計画を発表した。このバージョンは、アダム・ウィルソンとメラニー・ウィルソン・ラブラシオが脚本を務めることになっていた[16]。2012年には、クロエ・グレース・モレッツジェイソン・シュワルツマンが主演にオファーされたと報じられた[17]。2012年9月、20世紀フォックスとドリームワークス・アニメーションは、ウォレス・ウォロダースキー英語版マヤ・フォーブス英語版が脚本を、アナンド・タッカー英語版が監督を務める、『トロールズ』の映画が2015年6月5日に公開することを発表した。2013年4月までに、ドリームワークス・アニメーションは、トーマス・ダム英語版からトロール・ドールの知的財産を取得していた。2013年5月、公開日が2016年11月4日に変更された[18]。同月、ドリームワークス・アニメーションは、マイク・ミッチェルとエリカ・リビノヤが監督と原案として採用したことを発表した[19]2014年6月16日、ポピーの声優にアナ・ケンドリックがキャストに加わった[20]。2015年9月15日、ジャスティン・ティンバーレイクがブランチの声優担当するとDeadline.comが報じた[21]。2016年1月6日、フルキャストがTwitterで発表された[22]

サウンドトラック

ジャスティン・ティンバーレイクが音楽のエグゼクティブプロデューサーを務め、2016年5月6日にはオリジナル曲「Can't Stop the Feeling!」をリリースした[23]。アメリカやカナダなど17ヵ国の公式チャートで1位を獲得した。ティンバーレイクに加え、他のキャストも映画のサウンドトラックに参加しており、アース・ウィンド・アンド・ファイアーアリアナ・グランデもゲスト参加している[24]。このサウンドトラックは、アメリカレコード協会オーストラリアレコード産業協会からプラチナ認定を受けている[25][26]

公開

イギリスでは2016年10月8日ロンドン映画祭で上映され、ブラジルでは2016年10月27日アメリカ合衆国では2016年11月4日に公開された。2017年1月24日にデジタルHDで、2月7日にBlu-rayDVDで発売され、2週連続でホームビデオ売上チャートのトップを獲得した[27][28][29]

日本では劇場未公開だったが、2017年8月2日Blu-rayDVDが発売された。日本では全世界に先行して『ボス・ベイビー』以降のドリームワークス・アニメーション作品をユニバーサル映画として東宝東和が配給するため、日本の20世紀フォックスが関わるドリームワークス作品は本作が最後となった。

評価

興行収入

本作は1億2500万ドルの予算に対し、アメリカとカナダで1億5370万ドル、その他の国で1億9320万ドル、全世界で3億4680万ドルの興行収入を記録した[30]。Deadline.comはすべての費用と収入を計算すると、この映画は1900万ドルの純利益を上げたと計算している[31]。アメリカとカナダでは、『ドクター・ストレンジ』や『ハクソー・リッジ』の公開と並行して本作が公開され、初週末の興行収入は4060館で3,500万-4,000万ドルと予想されている[32]。初日、同作は1230万ドル(試写会で作られた90万ドルを含む)の総収入を記録した。興行収入では『ドクター・ストレンジ』に次ぐ2位となり、4,650万ドルまで上昇した[33]

評価

レビュー集計サイトRotten Tomatoesでは、162のレビューに基づいて76%の支持率を保持しており、平均評価は6.30/10となった。Metacriticでは、32人の批評家を基準に100点満点中55点のスコアをつけており、「混合または平均的なレビュー」を示している[34]シネマスコアの調査によると、観客はA+からFまでの平均的な評点「A」を与え、ポストトラック英語版の報告によると、映画ファンはこの映画に80%の総合的なポジティブなスコアを与えた[35]

受賞

受賞年月日 カテゴリー ノミネート作品 / 人物 結果 脚注
2016年 7月31日 2016年ティーン・チョイス・アワード英語版 映画部門 トロールズ ノミネート [36]
音楽部門 Can't Stop the Feeling!
11月6日 第20回ハリウッド映画賞 主題歌賞 受賞
11月17日 ハリウッドメディア音楽賞英語版 最優秀ソング [37][38]
最優秀サウンドトラック トロールズ オリジナルサウンドトラック ノミネート
最優秀音楽監督 ジャスティン・ティンバーレイク
12月11日 第22回放送映画批評家協会賞 長編アニメ賞 トロールズ [39]
楽曲賞 Can't Stop the Feeling!英語版
12月18日 第12回セントルイス映画批評家協会英語版 最優秀サウンドトラック賞 トロールズ [40]
2017年 1月8日 第74回ゴールデングローブ賞 主題歌賞 Can't Stop the Feeling!
2月4日 第44回アニー賞英語版 キャラクターデザイン賞 ティム・ラム、クレイグ・ケルマン [41]
美術賞 ケンドール・クロンカイト、ティム・ラム
絵コンテ賞 クレア・モリッシー
声優賞 ズーイー・デシャネル
2月12日 第59回グラミー賞 最優秀ソング(ビジュアルメディア向け) Can't Stop the Feeling! 受賞 [42]
2月16日 ギルド・オブ・ミュージック・スーパーバイザーズ賞英語版 最優秀ソング / レコーディング ノミネート [43]
2月19日 第21回サテライト賞英語版 アニメ映画賞 トロールズ [44]
主題歌賞 Can't Stop the Feeling!
2月26日 第89回アカデミー賞 アカデミー歌曲賞 [45]
3月5日 iHeartRadio Music Awards英語版 最優秀ソング [46]
3月11日 2017年キッズ・チョイス・アワード英語版 フェイバリットアニメーション映画賞 トロールズ [47]
アニメーション映画の声優賞 ジャスティン・ティンバーレイク、アナ・ケンドリック
フェイバリットフレネミー賞
フェイバリットサウンドトラック賞 トロールズ オリジナルサウンドトラック
5月21日 ビルボード・ミュージック・アワード2017 最優秀サウンドトラック / キャストレコーディング [48]
6月28日 第43回サターン賞英語版 アニメ映画賞 トロールズ [49]
10月18日 ワールド・ミュージック・アワード 最優秀主題歌賞 Can't Stop the Feeling! [50]
11月19日 2017年アメリカン・ミュージック・アワード英語版 最優秀サウンドトラック トロールズ オリジナルサウンドトラック [51]

テレビ放送

放送日 放送時間(JST 放送局 放送枠 視聴率 備考 出典
1 2020年10月3日 土曜15:20 - 17:00 日本テレビ 土曜パラダイス(第2部) 3.5% 関東ローカル・地上波初放送 [52][53]

続編

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!』(Trolls: The Beat Goes On!)は、2018年より放送が開始されたアメリカ合衆国のウェブアニメ・テレビシリーズ。1月19日よりNetflixでアメリカ、カナダ中南米イギリスアイルランドオーストラリアニュージーランド北欧ベネルクスフランスで独占配信が開始された。日本では2018年10月から2019年10月までテレビ東京系列で放送された。

トロールズ: みんなのハッピーホリデー!

トロールズ: みんなのハッピーホリデー!』(Trolls Holiday)は、NBC2017年11月24日に放送された30分のクリスマススペシャル[54]。ジョエル・クローフォードが監督を務めた。

トロールズ ミュージック★パワー

トロールズ ミュージック★パワー』(Trolls World Tour)は、2020年に公開されたアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・ジュークボックス・ミュージカル・コメディ映画[55]ウォルト・ドーン英語版が監督を務め、ジョナサン・エイベルとグレン・バーガー、マヤ・フォーブス英語版ウォレス・ウォロダースキー英語版、エリザベス・ティペットが脚本を担当した。本作とは異なり、本作は東宝東和/ギャガ制作の日本語吹替の都合により、声優が一新された。

トロールズ: トロールズトピア

2020年1月17日、ドリームワークス・アニメーションはトロールズの新たなテレビシリーズ『トロールズ: トロールズトピア』(Trolls: TrollsTopia)をHuluピーコック英語版の両方で独占配信することを発表した。当初、2020年後半に公開される予定だった[56]新型コロナウイルス感染症の世界的流行の影響でピーコックの当初のリリーススケジュールに影響が出たため、本シリーズを含めて予定されていたオリジナルの多くが延期となった。Huluは延期の発表をしておらず、予定通りシリーズをリリースするとしていた[57]。後にシリーズの配信日は11月19日に決定した。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ Ryan Faughnder (2016年11月1日). “'Doctor Strange' is expected to draw a massive audience for Disney's Marvel Studios”. Los Angeles Times. 2016年11月2日閲覧。
  2. ^ Trolls (2016)”. Box Office Mojo. 2017年3月30日閲覧。
  3. ^ 『トロールズ』トロールズとは” (jp). 『トロールズ』トロールズとは. 2020年10月9日閲覧。
  4. ^ Lieberman, David (2015年9月15日). “Justin Timberlake To Add His Voice To DreamWorks Animation’s ‘Trolls’” (英語). Deadline. 2020年11月30日閲覧。
  5. ^ 『『トロールズ ミュージック★パワー』パンフレット』株式会社 東宝ステラ、東宝株式会社 映像事業部、2020年10月2日(日本語)。
  6. ^ Anna Kendrick to Voice DreamWorks Animation's Trolls” (英語). ComingSoon.net (2014年6月16日). 2020年11月30日閲覧。
  7. ^ https://twitter.com/annakendrick47/status/684782188907237376” (日本語). Twitter. 2020年11月30日閲覧。
  8. ^ https://twitter.com/jtimberlake/status/684781983826710528” (日本語). Twitter. 2020年11月30日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j k Zooey Deschanel, Jeffrey Tambor Join DreamWorks Animation's 'Trolls' | Hollywood Reporter”. www.hollywoodreporter.com. 2020年11月30日閲覧。
  10. ^ https://twitter.com/rustyrockets/status/684781697511108608” (日本語). Twitter. 2020年11月30日閲覧。
  11. ^ https://twitter.com/jkcorden/status/684781501414690816” (日本語). Twitter. 2020年11月30日閲覧。
  12. ^ https://twitter.com/gwenstefani/status/684799797291692032” (日本語). Twitter. 2020年11月30日閲覧。
  13. ^ https://twitter.com/ronfunches/status/684785415228788737” (日本語). Twitter. 2020年11月30日閲覧。
  14. ^ https://twitter.com/kunalnayyar/status/684781765026656257” (日本語). Twitter. 2020年11月30日閲覧。
  15. ^ (英語) Trolls | Official Site | DreamWorks, https://www.dreamworks.com/trolls 2020年11月30日閲覧。 
  16. ^ DreamWorks Animation Plans Good Luck Trolls Film” (英語). ComingSoon.net (2010年6月22日). 2020年12月10日閲覧。
  17. ^ Jr, Mike Fleming (2012年6月20日). “Jason Schwartzman In 'Trolls' Mode?” (英語). Deadline. 2020年12月10日閲覧。
  18. ^ DreamWorks Animation Shifts Release Dates for B.O.O. and TROLLS; Fox Dates ANUBIS and FERDINAND” (英語). Collider (2013年5月16日). 2020年12月10日閲覧。
  19. ^ Acclaimed Comedy Director Mike Mitchell And Emmy Award Winning Writer…”. archive.is (2013年6月29日). 2020年12月10日閲覧。
  20. ^ Anna Kendrick to Voice DreamWorks Animation's Trolls” (英語). ComingSoon.net (2014年6月16日). 2020年11月30日閲覧。
  21. ^ Lieberman, David (2015年9月15日). “Justin Timberlake To Add His Voice To DreamWorks Animation’s ‘Trolls’” (英語). Deadline. 2020年11月30日閲覧。
  22. ^ DreamWorks Announces a Cast of Trolls -”. archive.is (2016年2月24日). 2020年12月10日閲覧。
  23. ^ Justin Timberlake Delivers Delightful Single 'Can't Stop The Feeling': Watch” (英語). Billboard. 2020年12月10日閲覧。
  24. ^ Justin Timberlake Talks 'Trolls' Soundtrack and New Music” (英語). Billboard. 2020年12月10日閲覧。
  25. ^ Gold & Platinum” (英語). RIAA. 2020年12月10日閲覧。
  26. ^ ARIA Top 50 Albums Chart” (英語). www.aria.com.au. 2020年12月10日閲覧。
  27. ^ Milligan, Mercedes (2017年1月11日). “DWA’s ‘Trolls’ Brings the Happy Home on Disc & Digital” (英語). Animation Magazine. 2020年12月10日閲覧。
  28. ^ Arnold, Thomas K. (2017年2月16日). “‘Trolls’ Tops Disc Sales Charts” (英語). Variety. 2020年12月10日閲覧。
  29. ^ Arnold, Thomas K. (2017年2月22日). “‘Trolls’ Trumps ‘Arrival’ to Remain No. 1 on Disc Sales Charts” (英語). Variety. 2020年12月10日閲覧。
  30. ^ Trolls”. Box Office Mojo. 2020年12月10日閲覧。
  31. ^ D'Alessandro, Anthony (2020年4月11日). “Will ‘Trolls World Tour’ Profit Off Universal’s Experimental VOD (& Drive-In Theater) Model?” (英語). Deadline. 2020年12月10日閲覧。
  32. ^ D'Alessandro, Anthony (2016年11月1日). “‘Doctor Strange’ To Give Booster Shot To Sleepy Fall Box Office” (英語). Deadline. 2020年12月10日閲覧。
  33. ^ D'Alessandro, Anthony (2016年11月6日). “‘Doctor Strange’ Resuscitates Fall Box Office With $85M Opening, ‘Trolls’ Strong With $45.6M – Sunday AM Final” (英語). Deadline. 2020年12月10日閲覧。
  34. ^ Trolls, https://www.metacritic.com/movie/trolls 2020年12月10日閲覧。 
  35. ^ D'Alessandro, Anthony (2016年11月6日). “‘Doctor Strange’ Resuscitates Fall Box Office With $85M Opening, ‘Trolls’ Strong With $45.6M – Sunday AM Final” (英語). Deadline. 2020年12月10日閲覧。
  36. ^ Teen Choice Awards 2016 Nominations Announced: See the "First Wave" of Potential Winners”. E! Online (Tue May 24 21:42:00 GMT+0 2016). 2020年12月10日閲覧。
  37. ^ McNary, Dave (2016年11月2日). “‘La La Land’ Scores Three Hollywood Music in Media Nominations” (英語). Variety. 2020年12月10日閲覧。
  38. ^ Pedersen, Erik (2016年11月18日). “Justin Timberlake & Alexandre Desplat Among Winners At Hollywood Music In Media Awards” (英語). Deadline. 2020年12月10日閲覧。
  39. ^ Critics Choice Awards | Critics Choice Awards” (英語). 2020年12月10日閲覧。
  40. ^ Annual StLFCA Awards” (英語). St. Louis Film Critics Association. 2020年12月10日閲覧。
  41. ^ 48th Annual Annie Awards” (英語). annieawards.org. 2020年12月10日閲覧。
  42. ^ Grammy Awards 2017: See the Full Winners List” (英語). Billboard. 2020年12月10日閲覧。
  43. ^ Guild of Music Supervisors Awards Noms Announced, Honoring Walt Disney Music President Chris Montan” (英語). Billboard. 2020年12月10日閲覧。
  44. ^ Satellite Award Nominees Revealed | Hollywood Reporter”. www.hollywoodreporter.com. 2020年12月10日閲覧。
  45. ^ Staff, Variety (2017年1月24日). “Oscar Nominations: Complete List” (英語). Variety. 2020年12月10日閲覧。
  46. ^ 2017 iHeartRadio Music Awards: Complete List of Nominations”. E! Online (Wed Jan 04 14:00:00 GMT+0 2017). 2020年12月10日閲覧。
  47. ^ Levy, Dani (2017年2月2日). “Justin Timberlake and Kevin Hart Lead Nickelodeon’s Kids’ Choice Awards Nominations” (英語). Variety. 2020年12月10日閲覧。
  48. ^ Drake, The Chainsmokers Lead Nominees for the 2017 Billboard Music Awards” (英語). Billboard. 2020年12月10日閲覧。
  49. ^ McNary, Dave (2017年3月2日). “‘Rogue One,’ ‘Walking Dead’ Lead Saturn Awards Nominations” (英語). Variety. 2020年12月10日閲覧。
  50. ^ Rubin, Rebecca (2017年8月22日). “‘La La Land,’ ‘Stranger Things’ Among 2017 World Soundtrack Award Nominees” (英語). Variety. 2020年12月10日閲覧。
  51. ^ Here Is the Full List of 2017 AMAs Nominations” (英語). Billboard. 2020年12月10日閲覧。
  52. ^ 「トロールズ」最新作「トロールズ ミュージック★パワー」の公開を記念して日本未公開の第1作を放送!”. 日本テレビ (2020年9月10日). 2020年9月30日閲覧。
  53. ^ 週間高世帯視聴率番組 VOL.40 2020年 9月28日(月)~10月4日(日)”. ビデオリサーチ. 2020年10月11日閲覧。
  54. ^ William D., Crump (2019). Happy Holidays—Animated! A Worldwide Encyclopedia of Christmas, Hanukkah, Kwanzaa and New Year's Cartoons on Television and Film. マクファーランド・アンド・カンパニー. ISBN 9781476672939 
  55. ^ トロールズ ミュージック★パワー : 作品情報” (日本語). 映画.com. 2020年11月29日閲覧。
  56. ^ Petski, Denise (2020年1月17日). “Hulu Orders Kids Series ‘Madagascar: A Little Wild’, ‘TrollsTopia’ & ‘The Mighty Ones’ – TCA” (英語). Deadline. 2020年11月29日閲覧。
  57. ^ Spangler, Todd (2020年4月14日). “Peacock Streaming Lineup: What’s Coming to Comcast Now, and What’s Coming Later” (英語). Variety. 2020年11月29日閲覧。

外部リンク