トマス・ピット (第2代ロンドンデリー伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第2代ロンドンデリー伯爵トマス・ピット英語: Thomas Pitt, 2nd Earl of Londonderry1718年頃 – 1735年8月25日)は、アイルランド貴族

生涯[編集]

初代ロンドンデリー伯爵トマス・ピットとフランシス・リッジウェイ(Francis Ridgeway、1772年5月18日没、第4代ロンドンデリー伯爵ロバート・リッジウェイの娘[注釈 1])の息子として生まれた[1]

1729年9月12日に父が死去すると、ロンドンデリー伯爵の爵位を継承した[1]

1735年8月25日に落馬事故により死去、ブランフォード英語版で埋葬された[1]。生涯未婚だったため、弟リッジウェイが爵位を継承した[1]

注釈[編集]

  1. ^ 第1期(1622年創設)の第4代ロンドンデリー伯爵であり、本記事の人物である第2代ロンドンデリー伯爵トマス・ピットとその父の初代ロンドンデリー伯爵トマス・ピットはいずれも第2期(1726年創設)のロンドンデリー伯爵である。ロンドンデリー伯爵の記事も参照。

出典[編集]

  1. ^ a b c d Cokayne, George Edward, ed. (1893). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (L to M) (英語). 5 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 130.
アイルランドの爵位
先代:
トマス・ピット
ロンドンデリー伯爵
1729年 – 1735年
次代:
リッジウェイ・ピット