トパーズ (ロケット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トパーズ(Topaze)はフランスロケット。トパーズVE111CとVE111Lの2バージョン存在する。

SEREB(現アエロスパシアル)によって製造され、1960年代にONERAアマギールから打ち上げを行った。

トパーズVE111C[編集]

宝石シリーズの初の誘導式ロケットでNA802モータを使用。6機のVE111C打上げ成功によって、コンセプトの実証に成功する。残りの4機はVE111CIバージョンとしてフランスの潜水艦発射ミサイルMSBSのために、故意に設定した不安定な状態からのリカバリー実証試験を行った。

  • ペイロード重量: 410 kg
  • 総重量: 2900 kg
  • 全長: 7.07 m
  • 直径: 0.80 m
  • 高度: 80 km
  • 離陸時の推力: 120.0 kN
  • 初飛行: 1962-12-19
  • 最終飛行: 1964-12-15
  • 回数: 10

トパーズVE111L[編集]

NA803モータを使用。スラスト・ベクトリングの実証に成功する。最後の2機は慣性航法システムを搭載して発射された。

  • ペイロード重量: 360 kg
  • 総重量: 3434 kg
  • 全長: 7.90 m
  • 直径: 0.80 m
  • 高度: 110 km
  • 離陸時の推力: 147.0 kN
  • 初飛行: 1963-12-21
  • 最終飛行: 1965-05-21
  • 回数: 4

参考文献[編集]

  • Topaze VE111”. Encyclopedia Astronautica. 2010年9月14日閲覧。
  • Topaze VE111L”. Encyclopedia Astronautica. 2010年9月14日閲覧。