デービッド・ボウディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
David Boudia
個人情報
フルネーム David Alasdair Boudia
誕生日 1989年4月24日(24歳)
出身地 テキサス州アビリーン
身長 175センチメートル (5 ft 9 in)
スポーツ
アメリカ合衆国
種目 飛込競技
大学 パデュー大学
クラブ National Training Center
 
獲得メダル
男子飛び込み
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オリンピック
2012年 ロンドン 10m高飛込
2012年 ロンドン 10mシンクロ高飛込
世界水泳選手権
2007 メルボルン シンクロ高飛込
2009 ローマ シンクロ高飛込
2011 上海 高飛び込み
パンアメリカン競技大会
2007 リオデジャネイロ シンクロ高飛込
FINA飛込ワールドカップ
2008 高飛び込み
2010 チーム
テンプレートを表示

デイビッド・アラスディア・ボウディア(David Alasdair Boudia、1989年4月24日- [1])はアメリカ合衆国飛込競技選手。2012年のロンドンオリンピックの10メートル高跳びで金メダルを獲得した。

生い立ち[編集]

デイビッド・ボウディアは1989年4月24日にテキサス州アビリーンに生まれた[2][3]。彼は2008年にアビリーン高校を卒業後、現在はノーブルズビルで暮らしていて、パデュー大学に通っている[4]

彼は2000年に飛び込みを始め、2005年からはアメリカ国家飛び込みチームに参加している。ボウディアは「オリンピックでの10メートルの高さからの飛び込みは、私はかつて石のように堅くなった」と語っている[5]

経歴[編集]

ボウディアは2008年のアメリカ合衆国代表選手に10m高飛込と10mシンクロ高飛込で選ばれた。シンクロでの現在の彼のパートナーはニック・マクローリーである。二人は2012年のオリンピックで銅メダルを獲得した。ボウディアと以前のパートナーだったトーマス・フィンチャムはローマで開かれた2009年のワールド・チャンピョンシップで銀メダルを、メルボルンで開かれた2007年のワールド・チャンピョンシップでは銅メダルを獲得していた。

ボウディアは2010年にオハイオ州で開催されたビッグ・テン・カンファレンスの中のイベントでトップ10に選ばれた。彼は6回の飛び込みで600点以上を出した最初のアメリカ人となった。

ロンドンオリンピック[編集]

彼にとって2012年夏のオリンピックでの最初の競技は、シンクロでのパートナーニック・マクローリーと共に参加した男子10mシンクロ高飛込であり、中国が486.78点を、メキシコが468.90点を出した中で463.47点を叩き出して銅メダルを獲得した[6]。これはアメリカ合衆国にとってアトランタで開催された1996年のアトランタオリンピック以来のメダル獲得だった。アメリカ合衆国は2004年と2008年のオリンピックでは表彰台に選手を送る事が出来なかった。

二つ目の種目では、ボウディアは10メートル高飛込で予選では18位に入ったが、準決勝では3位になった。第6と最終ラウンドでは、世界チャンピオンのチウ・ボ英語版は566.85点を、トーマス・デーリーは556.95点を叩き出した中で、彼は568.65点を叩き出して金メダルを獲得した[7]。これはアメリカ合衆国にとって2000年のシドニーオリンピックローラ・ウィルキンソン英語版が女子10メートル高飛込で金メダルを獲得して以来の金メダルとなった。史上初の金メダルは1992年のオリンピックマーク・レンジ英語版が、グレゴリー・ローガニスが1988年のオリンピックで3メートル板飛び込みで金メダルを獲得している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “[www.usadiving.org/bios/david-boudia David Boudia]”. Biographies. USA Diving. 2012年7月27日閲覧。
  2. ^ David Boudia”. USA Diving. 2012年8月11日閲覧。
  3. ^ Crawford, Bryan (2012年7月26日). [dallas.sbnation.com/2012/7/26/3189405/team-usa-diving-olympics-david-boudia “USA Diving: David Boudia Has A Great Chance To Medal In London”]. SB Nation. dallas.sbnation.com/2012/7/26/3189405/team-usa-diving-olympics-david-boudia 2012年7月27日閲覧。 
  4. ^ Men's Swimming and Diving”. パデュー大学. 2012年8月6日閲覧。
  5. ^ 2012 London Games: David Boudia dives into U.S. Olympic history”. Washington Post. 2012年8月12日閲覧。
  6. ^ Another medal for Team USA as Boudia and McCrory win bronze, USADiving.org, July 30, 2012
  7. ^ David Boudia of the U.S. Claims Diving Gold. Is China’s Dominance on the Wane?

外部リンク[編集]