デビル (2010年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デビル
Devil
監督 ジョン・エリック・ドゥードル
脚本 ブライアン・ネルソン英語版
原案 M・ナイト・シャマラン
製作 M・ナイト・シャマラン
サム・マーサー英語版
製作総指揮 ドリュー・ドゥードル
トリッシュ・ホフマン
出演者 クリス・メッシーナ
ローガン・マーシャル=グリーン
ジェフリー・エアンド
ボヤナ・ノヴァコヴィッチ
ジェニー・オハラ
ボキーム・ウッドバイン
音楽 フェルナンド・ベラスケス英語版
撮影 タク・フジモト
編集 エリオット・グリーンバーグ
製作会社 メディア・ライツ・キャピタル
ザ・ナイト・クロニクルズ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年9月17日
日本の旗 2011年7月16日
上映時間 80分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $33,679,655[1]
世界の旗 $63,354,114[1]
テンプレートを表示

デビル』(Devil)は、2010年アメリカ合衆国ホラー映画。 監督はジョン・エリック・ドゥードル、原案はM・ナイト・シャマラン、出演はクリス・メッシーナローガン・マーシャル=グリーンなど。 エレベーターに閉じ込められた男女を待ち受ける惨劇を描いており[2]アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』が元になっている[3]

日本語タイトルが同名の1997年の映画(原題『The Devil's Own』)が存在するが、別の作品である。

ストーリー[編集]

ある日、一人の男性が高層ビルから転落死した。ちょうどその頃、5人の男女がそのビルのエレベーターに偶然に乗り合わせていた。だが、そのエレベーターが急停止し、外への連絡ができなくなる。そして、エレベーター内の照明が消え、再び灯りが点いた時、若い女性の背中が何者かによって斬りつけられていることが判明。5人はこのエレベーター内に犯人がいると疑心暗鬼になる。再び停電になると、今度はセールスマン風の男が死亡していた。4人は恐怖に怯える。一方、防犯カメラで一部始終を見ていた警備員は、警察に連絡し、事態の収束に当たろうとしていた。 エレベーターの修理に向かった整備担当者が謎の転落死を遂げ、消防らによる救出活動が難航する中、現場にやって来たボーデン刑事らがモニターを通して見守る前で、次々とエレベーター内の人々が死んで行く。一方、警察の調査により、エレベーター内の男女5人のうち、4人に犯罪歴のあることが判明する。

唯一身元の分からない男だけが生き残り、彼こそが事件の真犯人かと思われた矢先、彼の婚約者と名乗る女性が現れ、彼の身元が明らかになる。彼の名前はジェンコウスキー (Janekowski) であり、エレベーター内で殺された老女の名前と思われていたジェーン・コウスキー (Jane Kowski) こそが彼の名前であることが分かる。一方、エレベーター内では、殺されたはずの老女が突然生き返り、ジェンコウスキーに迫る。彼女は老女に姿を変えた悪魔であり、罪を犯した者たちを集めて殺していたのだ。そしてジェンコウスキーについては、彼の婚約者が見ている前で殺そうとしていたのだ。ジェンコウスキーは過去に犯した罪を告白する。それは5年前に起こしたひき逃げ事件であり、その被害者はボーデン刑事の妻子だった。過去の罪を悔い、深く反省する姿を見せたジェンコウスキーに対し、悪魔は殺すのをやめると告げる。ボーデン刑事らは一部始終を黙って見守る。

レスキューらによってようやくエレベーターの扉が開けられる。しかし、そこに老女の姿はなかった。唯一の生存者であるジェンコウスキーをボーデン刑事が自らの運転で護送する。そしてジェンコウスキーに対して罪を許すと告げる。

キャスト[編集]

ボーデン刑事 (Detective Bowden)
演 - クリス・メッシーナ、日本語吹替 - 檀臣幸
フィラデルフィア市警殺人課刑事。リハビリを経て、最近になって職場復帰した。
5年前に妻子をひき逃げ事件で亡くし、アルコール使用障害になっていた。
トニー・ジェンコウスキー (Tony Janekowski)
演 - ローガン・マーシャル=グリーン、日本語吹替 - 宮内敦士
エレベーターに閉じ込められた整備工。元海兵隊員
ヴィンス・マコーミック (Vince McCormick)
演 - ジェフリー・エアンド、日本語吹替 - 小森創介
エレベーターに閉じ込められたセールスマン
サラ・キャラウェイ (Sarah Caraway)
演 - ボヤナ・ノヴァコヴィッチ、日本語吹替 - 斎藤恵理
エレベーターに閉じ込められた若い女。
ジェーン・コウスキー (Jane Kowski)
演 - ジェニー・オハラ、日本語吹替 - 沢田敏子
エレベーターに閉じ込められた老女。
ベン・ラーソン (Ben Larson)
演 - ボキーム・ウッドバイン、日本語吹替 - 江川央生
エレベーターに閉じ込められた新米警備員派遣閉所恐怖症
ラミレス (Ramirez)
演 - ジェイコブ・バルガス、日本語吹替 - 石上裕一
モニタ監視中の警備員。信心深い。
ラスティグ (Lustig)
演 - マット・クレイヴン
モニタ監視中の警備員。ラミレスの上司。
マーコウィッツ刑事 (Detective Markowitz)
演 - ジョシュア・ピース
ボーデン刑事の同僚。
ドワイト (Dwight)
演 - ジョー・コブデン
ビルの整備担当。エレベーターの修理に向かう途中で転落死する。

作品の評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「M・ナイト・シャマランが関わってきた他の映画の多くよりは良いが、『デビル』はその悪魔的に期待できる設定にもかかわらず、低予算のスリルがいくつかあるだけである。」であり、99件の評論のうち高評価は49%にあたる49件で、平均点は10点満点中5.2点となっている[4]Metacriticによれば、14件の評論のうち、高評価は2件、賛否混在は8件、低評価は4件で、平均点は100点満点中44点となっている[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c Devil (2010) - Financial Information” (英語). The Numbers. 2021年9月30日閲覧。
  2. ^ デビル”. WOWOW. 2021年9月30日閲覧。
  3. ^ Horowitz, Josh (2010年1月9日). “M. Night Shyamalan Explains Origins Of 'Devil'” (英語). MTV. https://www.mtv.com/news/1646978/m-night-shyamalan-explains-origins-of-devil/ 2021年9月30日閲覧。 
  4. ^ Devil” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年9月30日閲覧。
  5. ^ "Devil" (英語). Metacritic. 2021年9月30日閲覧。

外部リンク[編集]