デカン・オデッセイ・トレイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デカン・オデッセイ・トレイン
インドの旗 インド
運行者 インド鉄道
始発 ムンバイCST駅
終着 ムンバイCST駅
所要時間 7泊6日
運行頻度 10月~4月、週1便
テンプレートを表示

デカン・オデッセイ・トレイン(あるいはデッカン・オデッセイ・トレイン英語 Deccan Odyssey Train)は、インドで最初に登場した豪華観光列車のパレス・オン・ホイールズに倣い、マハーラーシュトラ州観光の振興のためにインド鉄道により運行が開始された観光列車。同州の州都であるムンバイチャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅を発着する。デカン・オデッセイ・トレインという名称は、列車が走るデカン高原から取られている。マハーラーシュトラ州の各地にある史跡や国立公園を、旅行添乗員付きで回ることができる。

ディーゼル機関車牽引の16両編成で運行し、ふたつのレストラン、バーや音楽鑑賞、テレビ・ビデオ鑑賞設備、スパ、ジムやビジネス会議室などが設置されている。

運行[編集]

ムンバイCST駅 → ラトナーギリーシンドゥドゥルグゴアコールハープールプネーアウランガーバードアジャンター石窟群など) → ナーシク → ムンバイCST駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

(いずれも英語