デイビッド・マクレランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デイビッド・マクレランド

デイビッド・マクレランド: David McClelland1917年5月20日 - 1998年3月27日)とは、アメリカ合衆国心理学者欲求理論need theory)の提唱者として知られる。

経歴[編集]

ウェズリアン大学ミズーリ大学を経て、エール大学に進み、1941年学位を取得[1]

コネティカット大学などで教鞭を執り、1956年ハーバード大学教授。

理論[編集]

著作[編集]

  • Personality (1951).
  • The Achievement Motive (1953). Atkinson, J.W., Clark, R.A., and Lowell, E.L.
  • Talent and Society (1958). Baldwin, A.L., Bronfenbrenner, and Strodbeck, F.L.
  • The Achieving Society (1961).
  • The Roots of Consciousness (1964).
  • Motivating Economic Achievement (1969). Winter, D.G.
  • The Drinking Man: Alcohol and Human Motivation (1972). Davis, W.N., Kalin, R., and Wanner, E.
  • Power: The Inner Experience (1975).
  • A New Case for the Liberal Arts: Assessing Institutional Goals and Student Development (1981). Winter, D.G., and Stewart, A.J.
  • Motives, personality, and society: Selected papers. (1984).
  • Human motivation (1987).
  • Motivation and Personality: Handbook of Thematic Content Analysis (1992). Smith, C.P., McClelland, D.C., and Veroff, J.

脚注・出典[編集]