ディプレ (記号)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ディプレ古代ギリシア語: διπλῆ, diple)は、古代ギリシアの筆記において、文章中で注意を引かせたい箇所に傍注英語版として書かれた、">"に似た記号である。ある意味では、その用法は現代における引用符に似ていた。フランス語の引用に使用されるギユメ英語版 (« »)は、この記号から派生したものである。ディプレとは英語のdoubleに相当する単語で、記号の中に線が2本あることによる。

神学者イシドールスは著書『語源論英語版』(I.21.13)[1]において、ディプレは聖書からの引用を示すために使われたと記述している。彼はまた、別の概念に注意を引くために使用されたdiple peri strichon(またはsticon)と、疑わしい一節であることを示すのに使われるdiple periestigmeneについても記述している。イシドールスによると、diple obolismene喜劇悲劇の文章を分離するために使われたもので、その使用法はパラグラフォス英語版と同様だった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]

外部リンク[編集]