テオドール・リヒター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
テオドール・リヒター, ca. 1873

テオドール・リヒターHieronymus Theodor Richter1824年11月21日- 1898年9月25日)はドイツの鉱物学者化学者。1863年フェルディナント・ライヒと共にインジウムの発見者となった。

1843年からフライベルクで学び、1863年にフライベルク鉱山学校の教授になった。1875年から1896年まで、フライベルク鉱山学校の校長を務めた[1]

重要な業績は分光学的な方法によるインジウムの発見で、亜鉛鉱石の中から発見された。インジウムの名はその鮮やかなインディゴ(青色)のスペクトルを持つことから名付けられた。

出典[編集]

  1. ^ Asimov, Asimov's Biographical Encyclopedia of Science and Technology 2nd Revised edition