チッタゴン・サーキュラー鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チッタゴン・サーキュラー鉄道(チッタゴンサーキュラーてつどう、: Chittagong Circular Railway)またはチッタゴン・メトロ・レール: Chittagong Metro Rail)は、バングラデシュチッタゴン市内を環状している近郊鉄道システムである。 通勤者の苦痛を改善し、かつ市内の交通状況を向上させるための鉄道となっている。

当鉄道の建設は2013年2月に完成し、同年5月に利用可能となった。 当鉄道は、中華人民共和国より調達した高速なDEMU通勤列車によって運行されている[1][2][3][4]

脚注[編集]

  1. ^ Circular train in Ctg in Feb”. The financial express Bangladesh. 2013年1月8日閲覧。
  2. ^ Circular train in Ctg by March next: Minister”. UNB Connect. 2013年1月8日閲覧。
  3. ^ DEMU trains begin debut run in Ctg”. Bdnews24.com英語版. 2013年5月26日閲覧。
  4. ^ Commuter trains hit tracks in Ctg”. The Daily Star英語版. 2013年5月26日閲覧。

関連項目[編集]