チェンマイ動物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェンマイ動物園のジャイアントパンダ

チェンマイ動物園 (タイ語:สวนสัตว์เชียงใหม่英語:Chiang Mai Zoo)はタイ北部で最初にチェンマイ県に設立された商業動物園1977年6月16日開園。タイ王国動物園機構が運営している。

概要[編集]

チェンマイ動物園は、チェンマイ県 ドーイステープへ向かう登山口にある。アメリカ人宣教師 ハロルド・マイソン・ヤング(Harold Mason Young)によって1952年創設[1]。1977年6月16日、動物園機構に加えられた。ゾウペンギンなど多くの動物を飼育しているが、特に中国から贈られたパンダのチュワン・チュワンとリンフイ、その子のリンピン、加えてコアラのプロンドーンが人気。さらに水族館も併設しており、2008年10月28日、133メートルのトンネル型の水槽が設置され、多くの観光客をひきつけている。

所在地[編集]

チエンマイ県ムアンチエンマイ郡タムボン・ステープ フワイゲーオ通り 100 (100 ถนนห้วยแก้ว ตำบลสุเทพ เมืองเชียงใหม่ เชียงใหม่ 50200

  • チェンマイ大学キャンパスの北西。ワット・グーディンカーウ(現地表記:วัดกู่ดินขาว)という古寺跡にある。

施設[編集]

敷地面積は0.81平方キロメートル。モノレールとバスで園内をめぐることができる。モノレール駅は4箇所で、料金は無料。そのほかに水族館も併設している。

開園時間[編集]

  • 毎日 8:00-17:00

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]