ダド・マリノ 対 白井義男戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダド・マリノ 対 白井義男
Yoshio Shirai Alvin Rober Cahn.jpg
開催日 1952年5月19日
認定王座 世界フライ級
開催地 東京
会場 後楽園球場
観衆 4万人

ダド・マリノ 対 白井義男
比較データ
36 年齢 28
アメリカ合衆国の旗ハワイ州ホノルル 出身地 日本の旗東京市荒川区
戦績
スタンレー・イトウ 指導者 カーン博士
世界フライ級王者 評価

結果 白井の15回判定勝ち

ダド・マリノ 対 白井義男戦(ダドマリノ たい しらいよしおせん)は、1952年5月19日に日本後楽園球場で行われたプロボクシング世界フライ級タイトルマッチである[1]。挑戦者の白井義男(日本)が、チャンピオンのダド・マリノ米国)を破り、史上初の日本人世界王者となった歴史的な試合である。マリノと白井は計4度対戦しており、その3戦目にあたる。

2010年、日本プロボクシング協会によって、5月19日が「ボクシングの日」に制定された[2]。2012年には、60周年を記念して、2003年に亡くなった白井と、マリノのトレーナーだったスタンレー・イトウ(当時88歳)に特別賞が授与された[3]

解説[編集]

作品[編集]

脚注[編集]