アルビン・R・カーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1952年、白井義男が世界王座を獲得した際のカーン(左)

アルビン・ロバー・カーンAlvin Rober Cahn1892年 - 1971年1月24日)はアメリカ合衆国生物学者、日本人最初のボクシング世界チャンピオンとなる白井義男のコーチ兼マネージャーである。日本ボクシング界に与えた影響は大きい。通称「カーン博士(はかせ)」。

来歴[編集]

イリノイ州シカゴユダヤ系の家庭に生まれる。イリノイ大学生物学栄養学教授としてのキャリアを積んだ後、その功績を評価されGHQの天然資源局に配属、日本人の食糧支援のために日本の周辺海域でとれる海洋生物の調査を行い、その栄養資源を分析する研究を行った。

調査活動の帰りに偶然立ち寄ったジムで白井と出会い、日本人離れした長い手足、ナチュラルなタイミングで放たれるパンチなどのすぐれたボクシング資質を認め白井の生活面、経済面の全ての面倒を見ることを条件に白井との専属契約を結びボクシング・コーチとして仕事をスタートさせる。

当初は年齢的な部分と重い腰痛のため引退寸前の状態であり、アルビンの申し出には否定的であった白井であるが熱心なアルビンの姿勢とボクシングに対する情熱から専属契約を結ぶこととなった。

プロボクシング経験はなかったものの体育講師やクラブ活動を通じてボクシングを初めいくつかのスポーツをアルビン自身は経験としており、それらで得た経験と自身の博士としての専門的な知識を活かした「科学的トレーニング」を指導し白井のボクシング能力の向上に努めた。

特に当時の日本ではピストン堀口のように「打たれたら打ち返す」という「拳闘」の戦い方が主流であったボクシング界において、徹底したガードと正確なパンチを使って相手を攻撃する「打たせないで打つ」スタイルを白井に徹底させている。こうした部分に関しては当時は否定的な意見も多かったが15年間も日本フライ級の王座に君臨し続けていた花田陽一郎やピストン堀口の実弟である堀口宏から勝利をあげ、白井が日本フライ級王者から日本バンタム級王座を獲得するにしたがってそのスタイルが徐々に理解されるようになった。

また国際的な試合に関しても積極的な交渉を行い、1951年5月21日には白井の対戦相手として世界フライ級王者ダド・マリノを日本に呼び寄せることに成功した。その際は接戦の末判定で敗れたものの同年12月4日には王者の地元ハワイホノルルではこの時は3度のダウンを奪った末に7R・TKO勝ちし、白井が世界王者に並ぶ実力であることを証明した。

1952年5月19日には念願の世界タイトルマッチが実現することになり、15ラウンドの接戦を制し3-0の判定で白井義男は世界王者の座を獲得しアルビンの念願を果たすこととなった。

この試合は日本のスポーツ界において名勝負として記憶され、また日本のボクシング史においては「拳闘」から「スポーツ」としてのボクシングに進化したと指摘する専門家も少なくない。また入場人数は4万人であり、これは日本人における世界戦興行による動員数の最高記録である。

科学的トレーニング[編集]

アルビンは白井に対して、当時としては最先端なボクシングトレーニングを行なった。

まず栄養学的見地から白井に肉類などを摂取させ、筋力トレーニングを行い充分な体力と筋力の増加に勤めた。その結果、白井は持病の腰痛を克服し持久力と耐久力を獲得した(当時は食糧難であったが、GHQ職員としての立場からアルビンは白井に充分な食料を供給できた)。

またボクシングの基礎を徹底させ、防御と正確なパンチ技術の向上を指導した。こうした指導を受け白井は自身のスタイルを確立し、引退寸前の状態から世界王者の道を進むこととなる。白井の防御と正確なパンチ能力は、当時の写真でほとんど顔面を腫らさずに勝利している様子からもその技術の高さを知ることができる(反対に同時代でも現役を続けていたピストン堀口は打ちつ打たれつのスタイルをとっていたため試合の無い日でも瞼が腫れ上がっていた)。また結果的に白井自身の安全性を高め、当時のボクサーの職業病であったパンチドランカーを避けることができた。

また堀口宏戦に対しては苦手な相手だからといって消極的になっていた白井に対して堀口と白井の分析を行い、白井の長所と有利な点をデータによる比較によって指摘することで、白井の精神面でのケアを行なった。こうしたメンタルトレーニングはその後もスポーツ界の基本的なメソッドとなっている。

白井の引退後と晩年[編集]

アルビンはGHQ廃止後も日本に滞在し、白井の引退までコーチとしての活動を続けた。スポーツに高い理想をもっていたアルビンは現役時代から白井に品方公正をとき、引退後は自身のギャランティをすべて白井に提供しボクシングビジネスから手を引くことを進言した。公私共に高い信頼関係を築いていた白井はアルビンの進言を受け、実業界に転職し名士としてその名を知られるようになった。

高い信頼関係から、アルビンは白井の家族の一員となった。晩年は認知症をわずらうも家族の手厚い看護を受け、1971年に死去した。

参考文献[編集]

  • カーン博士の肖像  山本茂著 ベースボール・マガジン社
  • ザ・チャンピオン 白井義男著 東京新聞出版局

関連項目[編集]