ダスク・ウォッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ダスク・ウォッチ』(2004年、原題:Сумеречный Дозор/英:Sumerechniy Dozor)とは、ロシアの作家セルゲイ・ルキヤネンコによる、「光と闇の異種たちの戦い」を描いたファンタジー小説である。前作『ナイト・ウォッチ』、『デイ・ウォッチ』に続く通算3作目となる作品で、このあとに最終章『ファイナル・ウォッチ』へ続く。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

光側[編集]

  • アントン - 光側の異種。ナイト・ウォッチ。
  • ゲセル(ボリス) - 光側の異種で、ボス。伝説の大魔術師。
  • スヴェトラーナ - 光側の異種。
  • オリガ - 光側の異種。女魔術師。
  • イリヤ - 光側の異種。ナイト・ウォッチ。
  • セミョーン - 光側の異種。ナイト・ウォッチ。
  • イグナート - 光側の異種。ナイト・ウォッチ。
  • 虎の子 - 光側の異種。ナイト・ウォッチ。
  • 熊 - 光側の異種。ナイト・ウォッチ。

闇側[編集]

  • ザブロン - 闇側の異種であり、ボス。大魔術師。
  • アリス - 闇側の異種。デイ・ウォッチ。 
  • コースチャ - 闇側の異種。若いヴァンパイアで、アントンの友人。
  • イゴール - 闇側の異種。アントンの息子で、偉大なる異種。
  • アリナ - 闇側の異種。魔女。